レッスン方針
レッスン方針1 演奏技術・音楽理論の両面を学ぶ

 
「弾いたもの、覚えたもの」は机上で理論的に解釈し、どんな状況でも学んだものを完璧に応用できるようにならなければなりません。
 
そのためにGUITARの東大レッスンでは、技術面のレッスン以外に、音楽理論や音楽史などギターを使わない知識面のレッスンも行います。
 
GUITARの東大カリキュラムは様々なジャンルやスタイルから技術、知識の両面を幅広く学び、より豊かな表現方法、知識、技術等、総合的な音楽能力の向上を目指すものとなっております。
 

カリキュラムについて見る
レッスン方針2 レッスンではオリジナル教材を使う

 
教材は、その内容を理解し、理解したものを楽器で表現できるようになることで、初めてその役割を果たします。故に全ての教材を熟知したインストラクターでなければ本当の意味での「教える」ということは不可能です。
 
GUITARの東大の全ての教材は、GUITARの東大インストラクターが日々研究を重ね開発した独自の教材であり、レッスンではこの独自教材を使用します。
 
※オリジナル教材ページから教材のサンプルをご覧頂けます。
 

教材・資料について見る
レッスン方針3 完全個人レッスンで弱点を克服する

 
ギターの上達を本気で望むのであれば、一対一の完全個人レッスンでなければなりません。GUITARの東大は、一対一の完全個人レッスンで徹底的に弱点を克服し、技術と知識の両面をどこよりも速く、濃く、丁寧に、納得いくまで教えます。
 
※GUITARの東大では受講者とインストラクターの双方で都合の良い日時を選び、レッスンスケジュールを決める「フリータイムレッスン制」を採用しております。
 
※平日・休日問わず、10時~22時まで年中無休。この時間帯以外でのご希望も臨機応変に対応いたしております。
 

完全個人レッスンについて
無料体験レッスンお申込み