門藤翔太レッスン理念「自分自身の演奏スタイルとは?」

 
ギターを学ぶのに当たって「コピー」は必要不可欠な練習だと私は考えます。
しかし私の言う「コピー」とは、好きなバンドの曲を楽譜の通りに弾けるようになるということとは全く違います。
 
大切なことは様々な楽曲から演奏技術や音楽理論などの様々なノウハウを吸収し、吸収したノウハウを実際の演奏で表現することです。この積み重ねが「自分自身の演奏スタイル」を確立していくのです。
 
私はGUITARの東大の受講生の皆様にただの「コピー」に満足するだけのギタリストではなく、そこから先の自分自身の演奏スタイルを確立できるギタリストになってほしいと考えています。

門藤翔太プロフィール

アダチ音研・GUITARの東大インストラクター

 
1990年10月27日生まれ 新潟県出身
▼2003年
中学校で初めてギターを手にし、バンド活動を始める。その後Blues、Soul、Funk、Pops、Jazzなど様々な音楽に影響を受ける。

▼2009年
トモ藤田氏のプライベートレッスンを受ける。
GUITARの東大に入門。上野高史に師事。
様々なライブ活動やセッションに足を運び腕を磨く。

▼2015年~
自身が加入するバンドのCDアルバムが全国流通。

現在は都内を中心にアーティストのライブサポート、レコーディング、セッションなど幅広く活動中。

インストラクターページへ戻る
無料体験レッスンお申込み
 
メールフォームでのお申込み 年中無休・24時間・12時間以内返信
お電話でのお申込み 0120-977-474 月~土日祝・年中無休9~19時
メールフォームでのお申込み 年中無休・24時間・12時間以内返信