編曲・学術論文

Written by Takeshi Adachi

 

~作曲家・アレンジャーとは~

作曲家・アレンジャーと呼ばれる人には、実に様々なジャンルが存在します。
 
舞台やミュージカルの音楽監督、映画やドラマなどの音楽制作、企業向けCMの音楽制作、アーティストへの楽曲提供、ゲーム音楽制作などなど、数えればキリがありません。
 
そんな多種多様なジャンルにおいても作曲家・アレンジャーになるならば、これらだけは押さえておきたい共通の基礎部分・があります。
 
ここでは私、安達たけしが作曲家・アレンジャーとして考えるその項目を提示してみます。
 

音楽知識に秀でた存在

依頼を受けての楽曲制作は、自分本位で作る楽曲と違い、様々な表現方法を知らなければ対応できません。
 
さらにそれが舞台や映画などの挿入曲などに内容が及べば、単純な和音などでは表現できない場合も起こりえます。
 
それらに対応するために、ありとあらゆるコードやスケールにおける知識を身に付け、また、それらを使いこなすためのヴォイシングの技法、対旋律の技法などの高等音楽理論を必要とします。
 
作曲家・アレンジャーは、ミュージシャンという枠組みの中でもっとも音楽知識に秀でた人材であることが重要です。
 

パソコンは道具でしかない

昨今、DTMやDAWの普及が目まぐるしく、容易に自宅で音楽制作ができる環境が整いつつあり、またサンプリングCDなどの進歩により、切り張りによる音楽制作も可能になりました。
 
これは大変、素晴らしいことですが、反面、それが音楽の軽視化に繋がったり、音楽の本質を見失う危険性を持つ傾向があるとも言えます。
 
パソコンは、いわゆる楽器と同じく音楽を奏でる道具でしかありません。いくら道具が立派でも音楽そのものの知識がなければ音楽を制作することはできないというのは容易に想像が付くかと思います。
 
例えば、パソコンの使い方がプロ並みでも「ドレミ・・・」は知らないという人がいたら、その人は音楽が作れる人と言えるでしょうか?
 
そのような音楽知識のないままパソコンを操り制作した音楽は、どこかで音楽の確信的な部分が不足して結果、音楽自体に不協和音やリズムのズレなどが生じることが多々あるでしょう。
 
また、いざ生楽器での作曲やアレンジを求められた時に音楽知識がなければ、それに対応できず他のミュージシャンに迷惑をかけることも典型例として存在します。
 
「パソコンは道具でしかない」という観点から音楽に携わるのであれば、そのパソコンを楽器として使いこなすための音楽知識を身に付けなければいけないのは、ミュージシャンを名乗る上で最低限のマナーと言えるでしょう。
 

楽器を弾く心を忘れるな

作曲家・アレンジャーの中には、創作活動に没頭するあまり、楽器を弾くのを辞めてしまったり、または、「自分は作曲家・アレンジャーだから楽器を弾く必要はない」という観点に立つ人がいます。
 
しかし、プレイヤーの気持ちが分からない人に、はたして、いい曲やいいアレンジが作れるのでしょうか?音楽制作には、数多くの人が関わり、その中でもプレイヤーとの関係は特に大事です。
 
例えば、譜面の書き方一つ取っても、そこには「作曲家・アレンジャーにとって読みやすい譜面の書き方」と「プレイヤーにとって読みやすい譜面の書き方」の二通りが存在します。
 
自分自身だけが読む譜面であれば、自分の読みやすいように書けばいいですが、プレイヤーにとって読みやすい譜面を書くには、プレイヤーの気持ちが分からなければいけません。
 
プレイヤーの気持ちが分かるとは、つまり自分自身がプレイヤーであることなのです。
 
自分自身をプレイヤーの立場に置き換えられる人は、レコーディングにおいてもライブにおいてもスムーズにコミュニケーションを取ることができます。
 
楽器が下手でも構わないのです。要は自分がプレイヤーである認識を保つために、楽器を弾くことを創作活動と同等それ以上に扱うことが大事なのです。
 
作曲家・アレンジャーとは、楽器を演奏するプレイヤーという立場とは、また違った視点でのミュージシャンと言えるので、その思考もそれに添った別の視点を持つ必要があります。
 
これから作曲家・アレンジャーを志すミュージシャンには以上を参考に将来を目指してもらえればと願っています。
 

 

2010年4月14日 アダチ音研代表 安達たけし


~アレンジャーが求めるギタリスト像~

アレンジャーは自分の作曲編曲した曲を具現化するため、様々なミュージシャンを起用します。その様相は千差万別で、
 
例えば「ある一点においては突出した技を持っている個性的なミュージシャンだが他に関してはまったくダメ」という場合でも最終的にその人が必要であれば起用することもあります。
 
しかしながら、このようなシチュエーションは希な例であり、マクロな視野で見れば、やはり最低ラインにおいて、これだけはミュージシャンとして出来て欲しいというものがあります。
 
ここではあえてギタリストに的を絞り、アレンジャーがギタリストに求める必要不可欠なものを取り上げてみます。
 

読譜力

自分の好きな曲をただ弾くのと違い、他人であるアレンジャーの求めるものを弾く以上、譜面はお互いの意思疎通するための重要アイテムになります。
 
そこでギタリストには、その譜面を理解する力、つまり、ギターのテクニック以上に音楽理論の能力を要求することになります。
 
また、譜面は当日に渡される場合もあり、さらにその場での急なアレンジ変更などもあるので、初見力(sight reading)も要求されます。
 
ギタリストはとかく譜面を苦手とする人が多いですが、譜面の重要性を考慮に入れ、普段から譜面を読む訓練をしていくことはプロギタリストへの第一歩と言えるでしょう。
 

アンサンブル理解力

リード楽器(サックスやヴァイオリンなど)と違い、ギタリストには、単純にコード進行だけを提示し、そこから先は自由に弾いてもらうというパターンの依頼をすることが多くあります。
 
自由である以上、そこから先の演奏はギタリスト次第になりますが、この場合、「自分のギターと他の楽器の調和」という部分を考慮に入れられるか?が非常に重要なポイントになります。
 
アレンジャーの作る曲は、ギター主体の曲ばかりではありません。時には全体を支えるという位置付けの演奏もあれば、時にはある一部分だけをギターで補ってもらいたいという位置付けの演奏など様々です。
 
自分の技や音色を理解し、さらにそれをどのような場や雰囲気で使うかを考えることは、ギタリストの思考回路に常になければいけないことです。
 
つまり、ギタリストは音符を読むこと以上に自由を与えられたシチュエーションでどれだけアンサンブルに貢献できるか?ということが大事になるのです。
 

安定度

ギタリストは多くの機材を使うため、音色が安定しない場合があります。
 
アレンジャーは、ギタリストの技はもちろん、その音色も含めて起用するわけですから、どのようなシチュエーションにおいても自分のサウンドを作れることが重要です。
 
「その場に機材が無いから自分の音が出せなかった」「機材がレンタルだから自分の音が出せなかった」などは言い訳にはなりません。
 
自分のサウンドをいつも出せるようにレンタルであっても自前であっても、その研究を常にしておくことが必要です。
 

仕事態度

気心しれた自分のバンドなどでギターを弾くのと違い、アレンジャーの呼びかけのもと集まったミュージシャンの中の一人である以上、そこには初対面の人もいれば、大先輩もいたり、その人間模様は様々です。
 
そのようなシチュエーションにおいて、他人に迷惑をかけないためにも遅刻などは厳禁です。また、そういう場ではコミュニケーションも大事になるので、挨拶もキチンとできなければいけません。
 
至極当たり前のことのように聞こえますが、それが音楽に影響してしまう以上、アレンジャーの中では重要な位置を占めています。
 
いくらギターが上手くても、それができなければ二度と仕事は依頼しないという例も多々あります。
 
プロギタリストを目指すのであれば、ギターのテクニック以上に仕事態度は、自分の中で重要な位置付けにしておくべきでしょう。
 
以上の他にもアレンジャーが求めるギタリスト像はたくさんありますが、この4点においては、ギタリストである誰もがクリアできていなければいけない必須事項として考えてもらいたく思います。
 
 

 

2010年5月19日 アダチ音研代表 安達たけし