ギターを教えるということは、数学のように一つの答えに向かって突き進むのではなく、あらゆる答えの中から受講者が求めるものへ導くことです。
 
それはライブをするための技術や知識を身に付けることかもしれませんし、先生と世間話をしながら一緒にギターを弾くことかもしれません。
 
例えどんなに良いことを上手に教えることができても、それが受講者にとって価値あるものでなければ意味がありませんし良いレッスンとは言えません。
 

価値とは、レッスンカリキュラム、レッスン教材、指導者の指導力・人間性、レッスン部屋の環境等、レッスンに付随する全てが価値になり得ます。
 
これらを常日頃からよりよくするために 何をすべきか考え、努力し続けることが私たち教える側にとって「教えることとは!?」の普遍性の追求なのではないかと考えます。 

アダチ音研GUITARの東大では事務員を雇っておりません。
 
またそのことが問題だとも考えていません。レッスン教材の開発はもちろん、スケジュール管理、アダチ音研が主催するイベントの企画立案から実行、レッスン部屋の掃除、教室の運営、このウェブサイト自体も全てインストラクターの手によって維持されています。
 
「ギターが上手ければギターを教えることができる」は間違いです。私たち教える側に必要なことはギターの技術や知識のみならず、全て自分たちの手で創り出していくこと。
 
全て自分たちの手で創り出し、全て自分たちの思い描くものにしていくからこそ、やりがいを感じる仕事だと思います。
 

ギターを教えるということは、数学のように一つの答えに向かって突き進むのではなく、あらゆる答えの中から受講者が求めるものへ導くことです。
 
それはライブをするための技術や知識を身に付けることかもしれませんし、先生と世間話をしながら一緒にギターを弾くことかもしれません。
 
例えどんなに良いことを上手に教えることができても、それが受講者にとって価値あるものでなければ意味がありませんし良いレッスンとは言えません。
 
価値とは、レッスンカリキュラム、レッスン教材、指導者の指導力・人間性、レッスン部屋の環境、付随する全てが価値になり得ます。
 
これらを常日頃からよりよくするために何をすべきか考え、努力し続けることが私たち教える側にとって「教えることとは!?」の普遍性の追求なのではないかと考えます。
 
アダチ音研・GUITARの東大では事務員を雇っておりません。またそのことが問題だとも考えていません。
 
レッスン教材の開発はもちろん、スケジュール管理、アダチ音研が主催するイベントの企画立案から実行、レッスン部屋の掃除、教室の運営、このウェブサイト自体も全てインストラクターの手によって維持されています。
 
「ギターが上手ければギターを教えることができる」は間違いです。私たち教える側に必要なことはギターの技術や知識のみならず、全て自分たちの手で創り出していくこと。
 
全て自分たちの手で創り出し、全て自分たちの思い描くものにしていくからこそ、やりがいを感じる仕事だと思います。