アダチ音研GUITARの東大は、2003年に私が田舎町の自宅の一室で創業しました。それから時を経て、現在、多数のインストラクターが在籍するまでに至りました。
 
弊社の哲学や理念は本社ウェブサイトを見て頂ければ十分です。それよりも採用にあたっては、もっと大事なことがあります。それはプロミュージシャンとして、まず食べられるようになること、安定した収入を得て、自身の生活基盤を作った上で音楽活動ができるようになることです。
 
企業として夢や希望を語ることも大事ですが、実際にそこで働く人にとっては、もっと具体的な心配の方が先にきます。弊社は、契約したインストラクターの生活を第一に考えます。
 
よって、そのインストラクターが望む十分な収入が得られるレッスン数を受け持てるように企業として努力します。
 
通常、この業種では、「個々のインストラクターのレッスン回数を少なくして、たくさん人を雇う」という経営スタイルの方が会社にとっては安泰です。
 
しかしその従来の経営スタイルでは、ミュージシャンの未来の展望が開けません。私自身がミュージシャンとしてたくさんの体験をしたことから、弊社で採用する人にも同じミュージシャンの境遇を分かる者として然るべき経営を心掛けています。
 
もちろん、そのためには他社とは差別化したことをたくさんやらなければいけないので、時には今までのミュージシャン業の概念とは掛け離れた業務をお願いすることもあります。
 
しかしそれは、ミュージシャンが音楽を通して生きていくために必要な改革です。新しい感覚を身に付け、そして音楽を糧に生きていける、そんな喜びを共有できる会社を目指し、またそれを理解できる人材との出会いを期待しています。

アダチ音研GUITARの東大は、2003年に私が田舎町の自宅の一室で創業しました。それから時を経て、現在、多数のインストラクターが在籍するまでに至りました。
 
弊社の哲学や理念は本社ウェブサイトを見て頂ければ十分です。それよりも採用にあたっては、もっと大事なことがあります。
 
それはプロミュージシャンとして、まず食べられるようになること、安定した収入を得て、自身の生活基盤を作った上で音楽活動ができるようになることです。
 
企業として夢や希望を語ることも大事ですが、実際にそこで働く人にとっては、もっと具体的な心配の方が先にきます。
 
弊社は、契約したインストラクターの生活を第一に考えます。よって、そのインストラクターが望む十分な収入が得られるレッスン数を受け持てるように企業として努力します。
 
通常、この業種では、「個々のインストラクターのレッスン回数を少なくして、たくさん人を雇う」という経営スタイルの方が会社にとっては安泰です。
 
しかしその従来の経営スタイルでは、ミュージシャンの未来の展望が開けません。
 
私自身がミュージシャンとしてたくさんの体験をしたことから、弊社で採用する人にも同じミュージシャンの境遇を分かる者として然るべき経営を心掛けています。
 
もちろん、そのためには他社とは差別化したことをたくさんやらなければいけないので、時には今までのミュージシャン業の概念とは掛け離れた業務をお願いすることもあります。
 
しかしそれは、ミュージシャンが音楽を通して生きていくために必要な改革です。
 
新しい感覚を身に付け、そして音楽を糧に生きていける、そんな喜びを共有できる会社を目指し、またそれを理解できる人材との出会いを期待しています。