HOME > コラム > 演奏テクニック紹介動画

ハンマリング・プリング エクササイズ

今回はハンマリングとプリングの練習と強化方法や、コツやポイントなんかもについてお話したいと思います。
 
では、すでにご存じの皆さまも多いかとは思いますが、ハンマリング・プリングのおさらいを最初にしていきましょう。
 
ハンマリングとは、ピッキングはせず弦を押さえる指で弦を叩いて音を出す奏法です。
プリングとは、ピッキングはせず弦を押さえている指で弦を軽くひっかけるように弾いて(はじいて)音を出す奏法です。
ピッキングに比べギターの弦に対してのアタックが弱くなる傾向がありますが、ピッキングよりも柔らかい音色になります。
 
エクササイズとしてはこの二つをまず交互にしていくのが良いでしょう。
 
では次に実際のエクササイズ方法です。
今回は定番のGメジャーペンタトニックスケールを使い練習しましょう。
第一のコツとして、ハンマリング時ではしっかりとフレット内の音が出る場所で弦を「叩く」ことを意識し、プリング時では最初のピッキングでしっかり音が鳴っていることを確認してから軽く「弾く(はじく)」ようにプリングに移りましょう。尚、ピッキングに関してはダウンピッキングで行いましょう。

ハンマリングとプリングで音がしっかり鳴らすことが出来ましたら、第二のコツとして「軸の指」を意識してしっかり押さえましょう。

軸の指とは、ハンマリング時は最初にピッキングした指、1フレット→3フレットのハンマリングであれば1フレットの指です。
3フレットの音を出した後でも1フレットの指は弦から離さずに押さえたままにしましょう。
 
プリング時は指を離した後の指、3フレット→1フレットであれば1フレットの指です。
3フレットの音を出すときに一緒に1フレットも押さえてしまいましょう。
 
押さえっぱなしにする、もしくは音が出る前に押さえてしまうことによって、音が切れてしまうことがなく、きれいにつながり聞きやすい演奏になります。
 
更にステップアップしたいという方は、メトロノームやクリックを使い、オンクリック(クリックの音に合わせて練習)や裏拍(クリック音とクリック音の間)で練習していけば効果は確実に上がります。
弦を押さえる手のコントロールと、ピッキングの手とのタイミングもかなり良くなってくるはずです。
もちろん最初から速いテンポではなく、ゆっくりとしたテンポで練習してください。
 
ハンマリングとプリングのフレーズに慣れてきましたら、今度はハンマリングを連続して行うエクササイズ、もしくはプリングだけのエクササイズをしましょう。
 
叩くもしくは、弾いてしっかり音を出し、途切れないように軸の指もしっかり押さえる、
このポイントはどの練習方法になっても変わりません。
もちろん同じように弾き方、クリックなどはご自身に合わせていただき焦らずに行ってください。しっかりとしたエクササイズで次のステップに進んでいきましょう。


ミュートテクニック2

「ミュート」講座第二弾、今回はブラッシングについてお話したいと思います。
ブラッシングというものが、前回のブリッジミュートや、カッティングと混同してしまう方もいらっしゃるようですが、テクニックとして異なるものになります。
 
前回のおさらいですが、ブリッジミュートは弦の根っこの部分のブリッジあたりを押さえて音を出すものになります。
カッティングは今後お話しますが、言葉の通り音をカットするもの。簡単に言えば一度出した音を歯切れよく切っていくテクニックです。
 
ブラッシングとは、弦を押さえない程度に触れることで音をミュートさせ、その状態でストロークするテクニックことです。効果音やリズムを際立たせる表現技法として使われる代表的なテクニックです。エレキギター、アコースティックギター問わず、ロック、ポップ、ジャズ、ブルースなどのあらゆるジャンルで必須のテクニックになりますので是非身に付けておきたいテクニックの一つです。音階はなく、譜面上では「×」で表記されます。

 
 
前回のブリッジミュートも含め、ブラッシングもサウンドのメリハリをつけていく上では大変重要なテクニックになります。
ミュートのオンとオフを素早く、なおかつ正確に行うようにしていくためには、ミュートしているときの手と、していないときの手が重要になります。
 
~ブラッシングの演奏ポイント~
ブラッシングの原理は至ってシンプルです。しかし、シンプルなのはあくまで原理であり、ブラッシングのテクニック難易度は高度なものです。
ブラッシング時によくある事象として「軽く押さえているにも関わらず、余計な音が出てしまう」「ハーモニクスが鳴ってしまう」。これらはブラッシングならではの表現を台無しにしかねないものです。
 
・軽く押さえているにも関わらず、余計な音が出てしまう
余計な音が出てしまう原因は、弦をミュートできていないためです。どの弦がミュートできていないか?を確認し、ミュート時のフォームを訂正しましょう。
 
・ハーモニクスが鳴ってしまう
2本の指で弦を触れることが解消法です。つまり、2本以上の指でミュートした上でブラッシングすることが理想といえます。
 

しっかりとオンとオフを切り替えていくことが、人に「魅せる」ことができるギタリストへのポイントですので、根気よく頑張ってください。


ミュートテクニック1

「ミュート」と言っても、今回ここでお話することとして、「音が全くなってない無音の状態にする」ということではなく、いわゆる「ブリッジミュート」についてお話させていただきたいと思います。
 
簡単にまず説明をすると、ドライブやディストーションを使い歪ませたサウンドで、2~3本の弦でのパワーコードを演奏する際に、このミュートを絡めたピッキングをする。たったこれだけでロック感が強く出るようになり、さらにクールなサウンドや体に響くような低音を出すことができます。現代ロックでこのテクニックを使っていないミュージシャンはおそらくいないでしょう、というくらいに一般的に使われています。
 
用途として、ギターソロやメロディーの後ろでコードを刻むバッキングパートが、音を伸ばすピッキングではなく、歯切れのよく音を刻むときに使うことが多いですね。
 
ロックスタイルの中でも重低音を重視するアーティストになると、弦を太くする、チューニングを低く設定する、といった方法を使いミュート時に、より重い音を出すギタリストもいます。
 
 
次にどんな方法でこのテクニックを使うのか、やり方を説明しましょう。
 
まず、ギターの弦が出ている根本付近(ブリッジ)に小指の下の手のひらの部分、つまり、小指と手首の間をギターの弦に軽く当てて押さえながら、ピッキングをします。
 
これがブリッジミュートと呼ばれる理由です。
 

 
強く当てすぎても音がうまく出なくなるので、最初はブリッジと弦のちょうど重なっているところからにしましょう。
 
慣れてきたら、少しづつブリッジに当てている手をギターのネック方面にずらしていき、どこに手を当てたら、どんな音になるのか試してください。
 
この奏法のコツは、ピックを持つ手で押さえながらピッキングをするために、少々弾きづらいと感じるかもしれません。そんな時は手首をスナップするようにピッキングをすると音も歯切れよくなり弾きやすくなります。

 
ブリッジミュートは、今やギターを演奏するうえでは絶対不可欠な奏法です。
 
基礎的な動作ではありますが、しっかり基礎ができていないと、うまく演奏できるようになりたくてもできないことがたくさんあります。
 
ピッキングの仕方、ブリッジの押さえる場所、アンプの設定状態、ギターの種類、トーンやボリューム、いろいろな要素によってブリッジミュートの音がかなり変わってきます。
 
 
 
どんな音を出したいかは、自分のリスペクトするギタリストがどんな機材を使って、どんな風に弾いているか、真似をしてみるのが一番の近道かもしれません。


ピッキング

今回の記事ではあまり触れてなかった、右手、ピックを持つ方の手のことについて触れていきましょう。
ギターをピックで弾くことをピッキングといいますが、その弾き方はいくつかあります。
 
・ダウンピッキング
弦の6弦から1弦の方向に向かって上から下に向かって弾く。
 
・アップピッキング
ダウンとは逆の1弦側から6弦方向に向かって下から上に弾く。
 
・オルタネイト・ピッキング
ダウンピッキングと、アップピッキングを交互に繰り返す奏法。 
 
上記の3つの奏法はピッキングの基礎的部分になり、単音をピッキングする場合、またコードのように複数音をピッキングする場合でも同じです。
 
ピッキングは全てにおいての基礎技術となりますので、ここを固めることが今後のための重要な要素になります。そのために、まずはよくあるミスピッキングとその原因について知ることから始めましょう。
 
初心者、上級者問わず、起こりうるミスピッキングとは、
①    弦を空振りしてしまう
②    一つの弦を弾くべきところを二つの弦を弾いてしまう
③    違う弦を弾いてしまう
これらはピッキングコントロール力の不十分さが原因で起こるミスであり、弦の移動時によく起こるミスピッキングです。
 
ここに焦点を当てたエクササイズでピッキングコントロール力を強化し、ミスピッキングを減らしていきましょう。
 
下記の練習例はピッキングコントロール力の強化するための単音ピッキングエクササイズです。

ハンマリング・プリング エクササイズ

今回はハンマリングとプリングの練習と強化方法や、コツやポイントなんかもについてお話したいと思います。
 
では、すでにご存じの皆さまも多いかとは思いますが、ハンマリング・プリングのおさらいを最初にしていきましょう。
 
ハンマリングとは、ピッキングはせず弦を押さえる指で弦を叩いて音を出す奏法です。
プリングとは、ピッキングはせず弦を押さえている指で弦を軽くひっかけるように弾いて(はじいて)音を出す奏法です。
ピッキングに比べギターの弦に対してのアタックが弱くなる傾向がありますが、ピッキングよりも柔らかい音色になります。
 
エクササイズとしてはこの二つをまず交互にしていくのが良いでしょう。
 
では次に実際のエクササイズ方法です。
今回は定番のGメジャーペンタトニックスケールを使い練習しましょう。
第一のコツとして、ハンマリング時ではしっかりとフレット内の音が出る場所で弦を「叩く」ことを意識し、プリング時では最初のピッキングでしっかり音が鳴っていることを確認してから軽く「弾く(はじく)」ようにプリングに移りましょう。尚、ピッキングに関してはダウンピッキングで行いましょう。

ハンマリングとプリングで音がしっかり鳴らすことが出来ましたら、第二のコツとして「軸の指」を意識してしっかり押さえましょう。

軸の指とは、ハンマリング時は最初にピッキングした指、1フレット→3フレットのハンマリングであれば1フレットの指です。
3フレットの音を出した後でも1フレットの指は弦から離さずに押さえたままにしましょう。
 
プリング時は指を離した後の指、3フレット→1フレットであれば1フレットの指です。
3フレットの音を出すときに一緒に1フレットも押さえてしまいましょう。
 
押さえっぱなしにする、もしくは音が出る前に押さえてしまうことによって、音が切れてしまうことがなく、きれいにつながり聞きやすい演奏になります。
 
更にステップアップしたいという方は、メトロノームやクリックを使い、オンクリック(クリックの音に合わせて練習)や裏拍(クリック音とクリック音の間)で練習していけば効果は確実に上がります。
弦を押さえる手のコントロールと、ピッキングの手とのタイミングもかなり良くなってくるはずです。
もちろん最初から速いテンポではなく、ゆっくりとしたテンポで練習してください。
 
ハンマリングとプリングのフレーズに慣れてきましたら、今度はハンマリングを連続して行うエクササイズ、もしくはプリングだけのエクササイズをしましょう。
 
叩くもしくは、弾いてしっかり音を出し、途切れないように軸の指もしっかり押さえる、
このポイントはどの練習方法になっても変わりません。
もちろん同じように弾き方、クリックなどはご自身に合わせていただき焦らずに行ってください。しっかりとしたエクササイズで次のステップに進んでいきましょう。


ミュートテクニック2

「ミュート」講座第二弾、今回はブラッシングについてお話したいと思います。
ブラッシングというものが、前回のブリッジミュートや、カッティングと混同してしまう方もいらっしゃるようですが、テクニックとして異なるものになります。
 
前回のおさらいですが、ブリッジミュートは弦の根っこの部分のブリッジあたりを押さえて音を出すものになります。
カッティングは今後お話しますが、言葉の通り音をカットするもの。簡単に言えば一度出した音を歯切れよく切っていくテクニックです。
 
ブラッシングとは、弦を押さえない程度に触れることで音をミュートさせ、その状態でストロークするテクニックことです。効果音やリズムを際立たせる表現技法として使われる代表的なテクニックです。エレキギター、アコースティックギター問わず、ロック、ポップ、ジャズ、ブルースなどのあらゆるジャンルで必須のテクニックになりますので是非身に付けておきたいテクニックの一つです。音階はなく、譜面上では「×」で表記されます。

前回のブリッジミュートも含め、ブラッシングもサウンドのメリハリをつけていく上では大変重要なテクニックになります。
ミュートのオンとオフを素早く、なおかつ正確に行うようにしていくためには、ミュートしているときの手と、していないときの手が重要になります。
 
~ブラッシングの演奏ポイント~
ブラッシングの原理は至ってシンプルです。しかし、シンプルなのはあくまで原理であり、ブラッシングのテクニック難易度は高度なものです。
ブラッシング時によくある事象として「軽く押さえているにも関わらず、余計な音が出てしまう」「ハーモニクスが鳴ってしまう」。これらはブラッシングならではの表現を台無しにしかねないものです。
 
・軽く押さえているにも関わらず、余計な音が出てしまう
余計な音が出てしまう原因は、弦をミュートできていないためです。どの弦がミュートできていないか?を確認し、ミュート時のフォームを訂正しましょう。
 
・ハーモニクスが鳴ってしまう
2本の指で弦を触れることが解消法です。つまり、2本以上の指でミュートした上でブラッシングすることが理想といえます。
 

しっかりとオンとオフを切り替えていくことが、人に「魅せる」ことができるギタリストへのポイントですので、根気よく頑張ってください。


ミュートテクニック1

 

 
「ミュート」と言っても、今回ここでお話することとして、「音が全くなってない無音の状態にする」ということではなく、いわゆる「ブリッジミュート」についてお話させていただきたいと思います。
 
 
 
簡単にまず説明をすると、ドライブやディストーションを使い歪ませたサウンドで、2~3本の弦でのパワーコードを演奏する際に、このミュートを絡めたピッキングをする。たったこれだけでロック感が強く出るようになり、さらにクールなサウンドや体に響くような低音を出すことができます。現代ロックでこのテクニックを使っていないミュージシャンはおそらくいないでしょう、というくらいに一般的に使われています。
 
 
 
用途として、ギターソロやメロディーの後ろでコードを刻むバッキングパートが、音を伸ばすピッキングではなく、歯切れのよく音を刻むときに使うことが多いですね。
 
 
 
ロックスタイルの中でも重低音を重視するアーティストになると、弦を太くする、チューニングを低く設定する、といった方法を使いミュート時に、より重い音を出すギタリストもいます。
 
 
 
 
 
次にどんな方法でこのテクニックを使うのか、やり方を説明しましょう。
 
 
 
まず、ギターの弦が出ている根本付近(ブリッジ)に小指の下の手のひらの部分、つまり、小指と手首の間をギターの弦に軽く当てて押さえながら、ピッキングをします。
 
 
 
これがブリッジミュートと呼ばれる理由です。
 
 
 

 
 
 
強く当てすぎても音がうまく出なくなるので、最初はブリッジと弦のちょうど重なっているところからにしましょう。
 
 
 
慣れてきたら、少しづつブリッジに当てている手をギターのネック方面にずらしていき、どこに手を当てたら、どんな音になるのか試してください。
 
 
 
この奏法のコツは、ピックを持つ手で押さえながらピッキングをするために、少々弾きづらいと感じるかもしれません。そんな時は手首をスナップするようにピッキングをすると音も歯切れよくなり弾きやすくなります。
 

 

 
 
 
ブリッジミュートは、今やギターを演奏するうえでは絶対不可欠な奏法です。
 
 
 
基礎的な動作ではありますが、しっかり基礎ができていないと、うまく演奏できるようになりたくてもできないことがたくさんあります。
 
 
 
ピッキングの仕方、ブリッジの押さえる場所、アンプの設定状態、ギターの種類、トーンやボリューム、いろいろな要素によってブリッジミュートの音がかなり変わってきます。
 
 
 
 
 
 
 
どんな音を出したいかは、自分のリスペクトするギタリストがどんな機材を使って、どんな風に弾いているか、真似をしてみるのが一番の近道かもしれません。
 


ピッキング

今回の記事ではあまり触れてなかった、右手、ピックを持つ方の手のことについて触れていきましょう。
ギターをピックで弾くことをピッキングといいますが、その弾き方はいくつかあります。
 
・ダウンピッキング
弦の6弦から1弦の方向に向かって上から下に向かって弾く。
 
・アップピッキング
ダウンとは逆の1弦側から6弦方向に向かって下から上に弾く。
 
・オルタネイト・ピッキング
ダウンピッキングと、アップピッキングを交互に繰り返す奏法。 
 
上記の3つの奏法はピッキングの基礎的部分になり、単音をピッキングする場合、またコードのように複数音をピッキングする場合でも同じです。
 
ピッキングは全てにおいての基礎技術となりますので、ここを固めることが今後のための重要な要素になります。そのために、まずはよくあるミスピッキングとその原因について知ることから始めましょう。
 
初心者、上級者問わず、起こりうるミスピッキングとは、
①    弦を空振りしてしまう
②    一つの弦を弾くべきところを二つの弦を弾いてしまう
③    違う弦を弾いてしまう
これらはピッキングコントロール力の不十分さが原因で起こるミスであり、弦の移動時によく起こるミスピッキングです。
 
ここに焦点を当てたエクササイズでピッキングコントロール力を強化し、ミスピッキングを減らしていきましょう。
 
下記の練習例はピッキングコントロール力の強化するための単音ピッキングエクササイズです。

フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画