HOME > コラム > 基礎技術

リズムの知識3・・・音符知識3

前回と同じく「リズム」に関しての知識を広げていきましょう。
今回も音符のリズムについて解説していきます。
 
3連符とは


単純音符を 3等分した音符で、全音符を3つに分けた4拍3連音符、2分音符を3つに分けた2拍3連音符、4分音符を3つに分けた1拍3連音符があります。
 
リズム的に一番難しい存在であるために、譜面などで出てきた際は、手で叩いたりなどしながらリズムを確認するのが良いでしょう。
 


リズムの知識2・・・音符知識2

前回と同じく「リズム」に関しての知識を広げていきましょう。
今回も音符について解説していきます。
前回は、全音符、2分音符、4分音符、8分音符をご説明しましたので、今回は16分音符の説明をしたいと思います。
 
16分音符とは単純音符で全音符1/16、8分音符の半分の長さです。
1小節に16個、1拍に4つになります。
 16分音符は、1拍に4つで形成される場合と、1拍の中で8分音符と組み合わせて形成される場合があります。


 
 
16分音符と 8分音符の組み合わせの種類
8分音符と組み合わせパターン①
「8分音符」+「16分音符」+「16分音符」

 
8分音符と組み合わせパターン②
16分音符」+「 16分音符」+「 8分音符」
 

 
8分音符と組み合わせパターン③
16分音符」+「 8分音符」+「 16分音符」

 
慌てずに、まずはゆっくりなテンポからはじめることが大切です。手を叩いてそれぞれの音符を確認していきましょう。
それぞれのパターンのリズムが取れるようになったら、 1拍ずつ別のパターンを組み合わせて 1小節(4拍分)のフレーズを作って練習してみるのも良いでしょう。
 
この他にも、休符が入るパターンや、符点音符やタイなどを使った複雑なパターンもあります。これらのパターンについては、また改めてご説明したいと思います。


リズムの知識1・・・音符知識

演奏において命ともいえる、「リズム」に関しての知識を広げていきましょう。
まず今回は音符について解説していきます。
 
全音符

 
1小節4拍をまるまる使う音符です。この音符を基準に他の音符の長さが分けられます。
 
2分音符

 
単純音符で、単に全音符の1/2の長さになります。
1小節の半分の2拍分の長さになります。
 
4分音符

 
同じく単純音符、全音符の1/42分音符の半分の長さで
1小節に4つ、1拍に1つになります。
 
8分音符

 
こちらも単純音符、全音符の1/8の長さ
1小節に8個、1拍に2つの長さとなります。
 
テンポによって長さの感じ方が全く違ってきます。
もちろん速ければ速く感じ、遅ければ遅く感じます。
 
クリックを使い、まずは手をたたいたりして長さを確認してみるのが良いでしょう。
上から順番だけでなく、4分、全音、8分、2分というように1小節ごとに入れ替えてリズム感を養うのもよいでしょう。


半音・全音とメジャースケールの関係

下記、ピアノの鍵盤画像をまずはご覧ください。

鍵盤には白鍵と黒鍵の2種類がありますが、鍵盤の色に関係なく『E』『F』のように鍵盤が隣であることが半音になります。また、『C』『D』のように鍵盤を一つまたいだ距離が全音になります。
※『C』の半音上は『C#』、『C』の半音下は『B』、『C』の全音上は『D』、『C』の全音下は『A#
 
CDEFGABC』つまり白鍵の並びは、全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音ということになります。
 
ギターにおける半音はフレット1つ分、全音はフレット2つ分となります。
 
全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音の並びはメジャースケールの定義とされ、鍵盤のどの位置から開始することができます。
Cから始まる全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音=CDEFGABCは「Cメジャースケール」、Dから始まる全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音=DEF#GABC#Dは「Dメジャースケール」となります。

成り立ちに関してはまた説明しましょう。まずはそうゆうものがあることを覚えてください。
スケールを知らなければギターが弾けないわけではありませんので、ご安心を。
スケールについての詳しい話はまた次回に。


テクニック基礎編 ハンマリングオン・プリングオフ

ギター基礎テクニックの一つハンマリングオン・プリングオフについて今回解説していきましょう。
 
ハンマリングオンとはギターを弾かずに、指でフレットをたたく感じで、ピッキングをせずに音を出しフレーズを弾く奏法です。
ハンマリングオンを「ハンマリング」と略して言うほうが多いですね。
 
もう一つプリングオフについてですが、こちらも同じように、ピッキングをしないで音を鳴らす奏法で、ハンマリングと違い、弦を押さえている手の指を弦に引っ掛けながら、はじいて次の音を鳴らす奏法です。
 
この二つが、ギタリストがあこがれる、ライトハンドやタッピング・トリルといった上級テクニックの基礎となっています。
 
ではこのクラスになるまでの、いくつかハンマリングオン・プリングオフのコツや注意点をお伝えします。
 
例えば
3弦の3フレット ハンマリング 3弦5フレット プリング 3弦3フレット

まず3弦の3フレット(3/3)をしっかり人差し指で押さえ、5フレットを薬指で叩く。
この時に音が鳴らないというのは、ギターのメンテナンス状態が問題なければ、叩く力が弱いか、5フレットの音が鳴りやすいところに当たってないか、どちらかです。
 
しっかりと狙いを定めて打ち付けるようにしてください。
音が出るようになれば自然と力加減も身に付いてきます。
 
つぎにプリングです。
まず3弦の3フレットを人差し指と、同じく3弦5フレットを薬指でしっかり押さえ、その薬指の先を現弦に引っ掛けるように下にはじく。
 
この時に人差し指をしっかり押さえてないと、綺麗な音が出ません。
 
これをゆっくり繰り返していきましょう。
 
一日5分でも毎日やることが大事です。
しっかりやっていきましょう。


ベンドテクニック(チョーキング)

ベンドとは弦を上下させ音程を変化させる奏法です。(ベンドのことを日本ではチョーキングと呼びますが、日本以外では意味は通じません。)
どんなジャンル、どんなプレイヤーでも必須な演奏技術です。
 
王道とも言える奏法のために、どのように「魅せる」ことができるか、深く研究できるプレイのひとつですね。
 
ベンドはハンマリング、プリング、スライドと同様で、音程を表現する演奏技術です。メロディーラインにベンドを組み込むことや、装飾音符的な役割として使用されます。
単に弦を上下させるだけでなく、弦を上下させると同時に的確な音程に合わせる必要があるため、ハンマリング、プリング、スライドとは違った難しさがあります。
 
1フレット分音程を上げる「半音ベンド」、2フレット分音程を上げる「1音ベンド」のようにベンドには様々な表現手段があります。また、ベンドはある程度の指の力が必要な技術です。ベンドのタイミングや2本の弦を同時にベンドする(Double Stop Bend)テクニックでは2本以上の指でベンドをすることもあります。ネックを支える親指の位置によってベンドする指の力の入り具合が変わりますので、弦を押し上げるのが困難だと思われる方はフォームを改善することがポイントの一つでしょう。
 
この奏法のイメージとしては弦を上げて伸ばす!というイメージがあると思いますが、そんなことはありません。
 
弾いた瞬間からすぐに押し上げるベンドや、四分音符の長さで次の音にゆっくり押し上げていくベンドなどあります。

 
ベンドは弦やフレットの位置によって弦を押し上げる力加減や弦を押し上げる度合いが違います。よって的確な音程にベンドできているかの確認はご自身の耳に頼るしかありません。これはヴォーカルと全く同じですので、ベンドは歌うことに一番近いテクニックとも言えます。
 
ベンドに関して、あるミュージシャンが「ベンドは顔だ!」という名言を残しました。
確かに、魅せるギタリストがベンドをするときに何とも言えない気持ちよさそうな顔をしていらっしゃることが多いですね。
 
手元を見ずに体全体で演奏している証拠でしょう。皆さんもそこを目指して、テクニックを磨いていきましょう。

リズムの知識3・・・音符知識3

前回と同じく「リズム」に関しての知識を広げていきましょう。
今回も音符のリズムについて解説していきます。
 
3連符とは


単純音符を3等分した音符で、全音符を3つに分けた4拍3連音符、2分音符を3つに分けた2拍3連音符、4分音符を3つに分けた1拍3連音符があります。
 
リズム的に一番難しい存在であるために、譜面などで出てきた際は、手で叩いたりなどしながらリズムを確認するのが良いでしょう。


リズムの知識2・・・音符知識2

前回と同じく「リズム」に関しての知識を広げていきましょう。
今回も音符について解説していきます。
前回は、全音符、2分音符、4分音符、8分音符をご説明しましたので、今回は16分音符の説明をしたいと思います。
 
16分音符とは単純音符で全音符1/16、8分音符の半分の長さです。
1小節に16個、1拍に4つになります。
 16分音符は、1拍に4つで形成される場合と、1拍の中で8分音符と組み合わせて形成される場合があります。


 
 
・16分音符と8分音符の組み合わせの種類
8分音符と組み合わせパターン①
「8分音符」+「16分音符」+「16分音符」

 
8分音符と組み合わせパターン②
「16分音符」+「16分音符」+「8分音符」
 

 
8分音符と組み合わせパターン③
「16分音符」+「8分音符」+「16分音符」

 
慌てずに、まずはゆっくりなテンポからはじめることが大切です。手を叩いてそれぞれの音符を確認していきましょう。
それぞれのパターンのリズムが取れるようになったら、1拍ずつ別のパターンを組み合わせて1小節(4拍分)のフレーズを作って練習してみるのも良いでしょう。
 
この他にも、休符が入るパターンや、符点音符やタイなどを使った複雑なパターンもあります。これらのパターンについては、また改めてご説明したいと思います。


リズムの知識1・・・音符知識

演奏において命ともいえる、「リズム」に関しての知識を広げていきましょう。
まず今回は音符について解説していきます。
 
全音符

 
1小節4拍をまるまる使う音符です。この音符を基準に他の音符の長さが分けられます。
 
2分音符

 
単純音符で、単に全音符の1/2の長さになります。
1小節の半分の2拍分の長さになります。
 
4分音符

 
同じく単純音符、全音符の1/4、2分音符の半分の長さで
1小節に4つ、1拍に1つになります。
 
8分音符

 
こちらも単純音符、全音符の1/8の長さ
1小節に8個、1拍に2つの長さとなります。
 
テンポによって長さの感じ方が全く違ってきます。
もちろん速ければ速く感じ、遅ければ遅く感じます。
 
クリックを使い、まずは手をたたいたりして長さを確認してみるのが良いでしょう。
上から順番だけでなく、4分、全音、8分、2分というように1小節ごとに入れ替えてリズム感を養うのもよいでしょう。


半音・全音とメジャースケールの関係

下記、ピアノの鍵盤画像をまずはご覧ください。

鍵盤には白鍵と黒鍵の2種類がありますが、鍵盤の色に関係なく『E』『F』のように鍵盤が隣であることが半音になります。また、『C』『D』のように鍵盤を一つまたいだ距離が全音になります。
※『C』の半音上は『C#』、『C』の半音下は『B』、『C』の全音上は『D』、『C』の全音下は『A#』
 
『CDEFGABC』つまり白鍵の並びは、全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音ということになります。
 
ギターにおける半音はフレット1つ分、全音はフレット2つ分となります。
 
全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音の並びはメジャースケールの定義とされ、鍵盤のどの位置から開始することができます。
Cから始まる全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音=CDEFGABCは「Cメジャースケール」、Dから始まる全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音=DEF#GABC#Dは「Dメジャースケール」となります。

成り立ちに関してはまた説明しましょう。まずはそうゆうものがあることを覚えてください。
スケールを知らなければギターが弾けないわけではありませんので、ご安心を。
スケールについての詳しい話はまた次回に。


テクニック基礎編 ハンマリングオン・プリングオフ

ギター基礎テクニックの一つハンマリングオン・プリングオフについて今回解説していきましょう。
 
ハンマリングオンとはギターを弾かずに、指でフレットをたたく感じで、ピッキングをせずに音を出しフレーズを弾く奏法です。
ハンマリングオンを「ハンマリング」と略して言うほうが多いですね。
 
もう一つプリングオフについてですが、こちらも同じように、ピッキングをしないで音を鳴らす奏法で、ハンマリングと違い、弦を押さえている手の指を弦に引っ掛けながら、はじいて次の音を鳴らす奏法です。
 
この二つが、ギタリストがあこがれる、ライトハンドやタッピング・トリルといった上級テクニックの基礎となっています。
 
ではこのクラスになるまでの、いくつかハンマリングオン・プリングオフのコツや注意点をお伝えします。
 
例えば
3弦の3フレット ハンマリング 3弦5フレット プリング 3弦3フレット

まず3弦の3フレット(3/3)をしっかり人差し指で押さえ、5フレットを薬指で叩く。
この時に音が鳴らないというのは、ギターのメンテナンス状態が問題なければ、叩く力が弱いか、5フレットの音が鳴りやすいところに当たってないか、どちらかです。
 
しっかりと狙いを定めて打ち付けるようにしてください。
音が出るようになれば自然と力加減も身に付いてきます。
 
つぎにプリングです。
まず3弦の3フレットを人差し指と、同じく3弦5フレットを薬指でしっかり押さえ、その薬指の先を現弦に引っ掛けるように下にはじく。
 
この時に人差し指をしっかり押さえてないと、綺麗な音が出ません。
 
これをゆっくり繰り返していきましょう。
 
一日5分でも毎日やることが大事です。
しっかりやっていきましょう。


ベンドテクニック(チョーキング)

ベンドとは弦を上下させ音程を変化させる奏法です。(ベンドのことを日本ではチョーキングと呼びますが、日本以外では意味は通じません。)
どんなジャンル、どんなプレイヤーでも必須な演奏技術です。
 
王道とも言える奏法のために、どのように「魅せる」ことができるか、深く研究できるプレイのひとつですね。
 
ベンドはハンマリング、プリング、スライドと同様で、音程を表現する演奏技術です。メロディーラインにベンドを組み込むことや、装飾音符的な役割として使用されます。
単に弦を上下させるだけでなく、弦を上下させると同時に的確な音程に合わせる必要があるため、ハンマリング、プリング、スライドとは違った難しさがあります。
 
1フレット分音程を上げる「半音ベンド」、2フレット分音程を上げる「1音ベンド」のようにベンドには様々な表現手段があります。また、ベンドはある程度の指の力が必要な技術です。ベンドのタイミングや2本の弦を同時にベンドする(Double Stop Bend)テクニックでは2本以上の指でベンドをすることもあります。ネックを支える親指の位置によってベンドする指の力の入り具合が変わりますので、弦を押し上げるのが困難だと思われる方はフォームを改善することがポイントの一つでしょう。
 
この奏法のイメージとしては弦を上げて伸ばす!というイメージがあると思いますが、そんなことはありません。
 
弾いた瞬間からすぐに押し上げるベンドや、四分音符の長さで次の音にゆっくり押し上げていくベンドなどあります。

 
ベンドは弦やフレットの位置によって弦を押し上げる力加減や弦を押し上げる度合いが違います。よって的確な音程にベンドできているかの確認はご自身の耳に頼るしかありません。これはヴォーカルと全く同じですので、ベンドは歌うことに一番近いテクニックとも言えます。
 
ベンドに関して、あるミュージシャンが「ベンドは顔だ!」という名言を残しました。
確かに、魅せるギタリストがベンドをするときに何とも言えない気持ちよさそうな顔をしていらっしゃることが多いですね。
 
手元を見ずに体全体で演奏している証拠でしょう。皆さんもそこを目指して、テクニックを磨いていきましょう。

フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画