HOME > コラム > 脱・初心者

ギター上達法!その10(脱初心者~8)スケール知識向上

ここではギター演奏に欠かせない「スケール(音階)」についての解説をしていきたいと思います。
 
スケールをマスターしていくことで、音や演奏技術、ジャンルの幅も広がり、ギタリストとしての大きな成長につながります。
この機会にまだ使ったことのないスケールを使ってみてはいかがでしょうか。
 
スケールに関してよく聞くのが「音階やフレットのポジションを全部覚えなきゃいけないの?」といったお声ですが、音階やポジションを覚えるのではなく、曲ごとにフレーズを弾く際、もしくはフレーズを作る時に使えるガイドラインとして考えていただければと思います。
 
まずは代表的なスケールとそれをもとにした、記号や意味をご紹介します。
 
メジャーペンタトニックスケール
メジャーペンタトニックスケールは、メジャースケールの4, 7番目の音を除いた5音から構成されるスケールです。ギタリストにとって一番メジャーなスケールで、ブルース、ロックシーンでギターソロを弾くには欠かせない音階です。
 
ではスケールの覚え方をCメジャースケールをもとにお話していきます。
 
・見本画像(見本1のようなもの)下記画像を作成しましたが、いかがでしょうか?


 
ギターフレットで書くとこのような位置になります。ただ数が多すぎるためにブロックごとに分けて慣れていくのが良いでしょう。
このガイドを使い、自分のフレーズをブロックごとに作ってみましょう。
 
次にCメジャースケールを音階順に数え、 4番目と 7番目の音を除く計 5音を抜き出します。この抜き出した 5音が音階に並べられたものを Cメジャーペンタトニックスケールと呼びます。
Cメジャースケール構成音】
C   D   E   F   G   A   B
Cメジャーペンタトニックスケール構成音】
C            D            E            G            A

 
さて、これを今度は専門的な記号でCメジャーペンタトニックスケール全体での構成音を表してみましょう。
 
Root       M2/9      M3          P5          M6/13
 
という記号であらわすことができます。
元の音Root(ルート)を1音目として、メジャーペンタトニックスケールがどの音階で構成されているかを表す記号です。
 
P1:Perfect 1st(完全 1)RootTonicなど。
M2:Major 2nd(長 2)
M9:Major 9th(長 9)
M3:Major 3rd(長 3)
P5:Perfect 5th(完全 5)
M6:Major 6th(長 6)
M13:Major 13th(長 13)
 
この記号はスケールを解説していくうえで何度も出てきますので記号の意味を次回から説明していきます。


ギター上達法!その9(脱初心者~7)コード知識向上

 

ギターだけにとどまらず、音楽をやっていくうえで避けて通れない必要な知識「コード」についてお話していきましょう。
 
まず、第一にコードとは何なのかというところからです。
コードとは、日本語で言う「和音」のことで、コードという観点から、3つ以上の音を同時にならすことを指します。
 
ではさらに詳しく説明していきましょう。
ルート音(元になる音)を「ド」とし、音を鳴らします。これだけでは、コードとして成立しないので、「3度」「5度」の、「ミ」と「ソ」の音も追加で鳴らします。すると、3つの音が調和しCコードとなります。
 
「3度」「5度」とは、「ド」のルート音を「1度」とし「レ・2度」「ミ・3度」「ファ・4度」「ソ・5度」・・・・というように表します。
 
では基本に戻りコードの名前について解説していきましょう。
ルートに対しての音の重ね方や重ねる音の数によって、下記のようにコード表記が変わります。
 
3和音・コード】
Cm シー・マイナー
Caugシー・オーギュメント
Cdimシー・ディミニッシュ
Csus4 シー・サスフォー
 
4和音・コード】
CMaj7シー・メジャーセブンス
C7 シー・セブンス
Cm7 シー・マイナー・セブンス
CmMaj7シー・マイナーメジャーセブンス
 
コードの成り立ちや、何度の音を組み合わせるのかなど、詳しくはまた次回以降にお話しします。
 
まずはコードを見て弾けるものから、指に慣れさせていきましょう。


ギター上達法!その8(脱初心者~6)運指技術の向上と意識

演奏技術の向上に避けては通れない話の一つ「運指技術」、いわゆるフィンガリングのお話をいたしましょう。
 
フィンガリング時にあたふたしてしまうと、余計な音や動きがでてしまい、演奏自体が台無しになってしまうこともあります。
特にテンポの速いフレーズや、ネック移動距離が長いフレーズを弾く際にも、大きな影響が出てしまい、自信喪失やギター離れにもつながってしまうこともあります。
 
では、その状況から脱却するには何をしたらいいのか。
 
答えは簡単です。
運指の無駄を無くす!これにつきます。
 
では、どのように運指の無駄を無くすのか、運指技術の向上をどのようにしていけばいいのかをお伝えいたします。
 

●環境
まずは運指運動の前の準備として、スマホのアプリでも構いませんので、メトロノームを用意してください。
ただ運指運動するのではなく、「リズム」を意識しておくことによって効果は何倍にもなります。
 
次に、指のストレッチですね。ある程度指を先に柔らかくし、温めておくことでスムーズな指の運びが可能になります。
できれば実際に弾くときのスタイルで練習するのがベターです。アンプやヘッドフォンを使い出音を意識し、立った状態で弾くことが良いでしょう。
チューニングはこまめに行ってください。ずれた音を覚えてしまうと違和感が起こり、演奏に支障をきたします。
 
最後に、そのときに何の為に運指運動をするのかという「目的」をしっかりしておくことです。
無駄な動きをなくしミスタッチをなくす、速いテンポにもついていけるようにする、どんな音符でも一定のテンポを保つ、ピッキングの手とネック側の手の動作を整える、といったテーマを設けることです。
 

●意識
前述のようにテーマに沿って意識を持つことが一番大切です。
 
無駄な動きをなくしミスタッチをなくす→
弦から指を離すときに開放弦がなってないか、指の移動時に他の音を鳴らしてないか、逆に指が話すタイミングで音がきれてないか、ネック側の手の指に力が入りすぎてしまい弦が押し上げられて音がずれていないか、といった細かいところに意識を置いてください。
 
速いテンポにもついていけるようにする、どんな音符でも一定のテンポを保つ→
メトロノームやクリック音に合わせてフレーズを弾き、できれば譜面を確認し、どの音符なのかを意識をしてください。
まずは「表」の拍にジャストなタイミングで音を鳴らしてみてください。
それに慣れたら「裏」拍、「3連」「6連」と段階を上げ、さらにテンポをゆっくりからだんだん速くしていきましょう。
 
ピッキングの手とネック側の手の動作を整える→
ピッキング時に、指が離れてしまい音が鳴らなかったり、カツっというような音が鳴ってしまったりしないように、しっかり両方の指の連携を整えましょう。
特に難しいフレーズなどを弾くときに発生しますが、そこはテンポをゆっくりから始めて一音一音確認しながら進んでください。
 
基本的な練習方法のおさらいとはなりますが、まずはこのお話をもとにして自分ならではの課題をいくつか出していきましょう。
課題と練習をひたすら繰り返すことでどんどん上達していくはずです。


ギター上達法!その7(脱初心者~5

前回までは普段できる練習方法をお伝えいたしました。
今回は実際にギターを弾き指の動きや音のつながりを滑らかにしていく方法をお伝えします。
 
エレキギターでもアコースティックギターでも重要になってくるのが、無駄な動きのない運指技術を身に付けておくことです。
これを身に付けることにより、音が切れずに滑らかな音で弾けるようになっていきます。
 
これは寝る前でも、空いた時間でも、5分~10分で構いませんので時間を毎日作って弾いてください。
 
極々単純な奏法ですが飽きずに頑張りましょう。
1弦1フレット・人差し指1/1 / 12フレット・中指 1/2/ 13フレット(1/3)・薬指 / 14フレット・小指1/4とひとつずつ音を出して行きます。
次の弦に移動して、21フレット…と、また同じ動作をして移動していきます。
1~6弦まで弾いたら、今度は1フレット上げてまた同じ動きをします。
12フレットくらいまで弾きましたら、今度は逆に弾いていきます。
 
│(1/1)(1/2)(1/3)(1/4)│(2/1)(2/2)(2/3)(2/4)│(3/1)(3/2)(3/3)(3/4)・・・・・6弦までいきましたら…
│(5/2)(5/3)(5/4)(5/5)│(4/2)(4/3)(4/4)(4/5)│(3/2)(3/3)(3/4)(3/5・・・・・
1弦までいきましたら…
│(2/3)(2/4)(2/5)(2/5)│(3/3)(3/4)(3/5)(3/6)│(4/3)(4/4)(4/5)(4/6・・・・・
 
20フレット位まで進みましたら今度はこの逆にしてみましょう
6弦・20フレット小指 6/20/ 619フレット・薬指6/19 / 618フレット・中指6/18/ 617フレット・人差し指6/17…5弦20フレット小指5/20…と最後に人差し指が1フレットに戻るまで弾いてみましょう。
 
│(6/20)(6/19)(6/18)(6/17)│(5/20)(5/19)(5/18)(5/17)│(4/20)(4/19)(4/18)(4/17)・・・・・
1弦までいきましたら…
│(2/19)(2/18)(2/17)(2/16)│(3/19)(3/18)(3/17)(3/16)│(3/19)(3/18)(3/17)(3/16)・・・・・
 
無理にテンポを上げると指への意識コントロールが追い付かなくなり、無駄な動きが出てしまいます。無駄な動きが癖づいてしまうと、本来弾けるはずのフレーズが無駄な動きによってミスピッキングを生じさせる恐れがあります。このエクササイズは、最終的に無駄な動きのない運指にすることを目的としますので、テンポを上げることを目的とせず、最小限の指の動きで行うよう心掛けてください。
 
変則で行っていくのもよい練習です。
│(1/1)(1/3)(1/2)(1/4)│(2/1)(2/3)(2/2)(2/4)│(3/1)(3/3)(3/2)(3/4)・・・・・
│(1/1)(1/4)(1/3)(1/2)│(2/1)(2/4)(2/3)(2/2)│(3/1)(3/4)(3/3)(3/2)・・・・・
 
まずはどの練習方法でもいいので毎日必ず行うようにしてください。
統計学的に人間は20日間続ければ週間化するといいます。
 
何年続ける!ではなくまずはこの20日間続けるという目標をもって行うのもよいかもしれませんね。
ご家族がいる皆さまはアンプにつなぐときにヘッドホンをしましょう。
ミュージシャンはマナーを守るのも大事なことの一つと考えてください。


ギター上達法!その6(脱初心者~4

ミュージシャンとお話するときに、「演奏中に気を付けることを2つ挙げるとしたら?」と聞いてみました。
 
そうするとどの楽器のプレイヤーでも共通して上がってくるのがズバリ「リズム」でした。
 
どんなに速く弾けても、かっこいいフレーズを弾いていても、「リズムが悪いとかっこ悪い」という結果になってしまいます。
 
ではそうならないように普段でもできるリズム感の練習をやってみましょう。
 
順序として、
・弾きたいフレーズを口ずさめるくらいに聞きこみ、ギターでフレーズを弾けるようにする。
ここまでがギターを持っての練習です。
 
ここからはギターを持たない練習。
・次にメトロノームやクリックを聞きながらフレーズを思い浮かべてイメージする。
・できれば鼻歌程度でもいいので口ずさむ。
・ポケットの中でもいいので指を動かす→どこの弦を弾くかイメージがつけば必要なし。
 
クリックやメトロノームの音に関しては、今の時代アプリケーションであるのでそれで十分です。
 
つまり言いたいこととしては、「自分勝手なリズムで、自分勝手なフレーズを刻まない」
リズムに忠実になることが大事ということです。
 
 
リズムの中でもよくあるのが3連符や6連符のフレーズがありますが、それもクリック練習でトレーニングができるようになります。
 
クリックに合わせ
4分音符(この4分音符は歩きながら足で刻んだままにする)→3連符→8分音符→3連符→4分音符→23連→・・・
 
と歩きながらでもできますので、
4分音符だけは歩きながら足で刻んだままにして、手や指で刻むのもいいですし、太ももをたたいて練習するでもよいでしょう。
 
ただフレーズが弾けるっていうものではなく、リズムも合わせてようやく「弾けている」といえるでしょう。
 
音符に関しての解説はまた今度にでも。。。
 


ギター上達法!その5(脱初心者~3)

脱初心者を目指すならやっておきたい練習方法がいくつかまたあります。
この記事に関してはプロミュージシャンたちが今でもやっていることなので、覚えておいたほうがよいでしょう。
 
ちりも積もれば・・・、何とかは一日にして成らず、とよく聞きますが
普段の生活の中でもギターのテクニック向上や上達につながることがあります。
 
一つ目は、指の筋肉の強化と柔軟性を得ること。
特にギターやピアノのように指を使う楽器に関しては握力や柔軟性が重要になってきます。指の筋肉を鍛えるために効果的な器具がバリグリップというものです。
 
楽器屋さんなどではよく見かけるものです。
これを常にポケットなどに忍ばせ、電車に乗っているとき、散歩しているときなどで弦を押さえる方の手を鍛えましょう。
スマートフォンや、ゲーム機でゲームをしているよりも将来のためにつながりますし、無駄な時間を過ごすこともないでしょう。
逆に家でとことんやろうとしても続かないので、通勤や通学など短い時間で鍛える方が長続きします。
 
やり方としては、ただ全部の指を一気に動かすだけではなく、人差し指→中指→薬指→小指
と速く動かす、または一本の指を30秒~40秒押し続けて離す、押す順番を変化させていくといった動作をひたすら繰り返す。
 
「指がもう動かない」というくらいまでやらなくてもよいですので、スマートフォンのゲームをやる時間を、鍛える時間にするくらいのノリでまずは試してみましょう。
 
商品の詳細はこちら(http://www.kcmusic.jp/planetwaves/parts_accessories.html) 
Planet Waves(プラネットウェイヴス) 日本公式サイト varigrip
 
 
筋肉と同時にやっておきたいことしては、ストレッチ、つまり指の柔軟性を得ることですね。
筋肉ついてもしなやかさがなければ意味がありませんので。
特にこのストレッチの中で、薬指、小指を起用に動かせるように意識をしましょう。
やり方として簡単なものを上げておきます。
・ストレッチしたい指をもう一方の片手でしっかり握り指を棒のように固定して、手の中の指を反らせて30秒。
・逆に握りこぶしをするように曲げる方向に力を入れ30
をすべての指で行う。
・次にストレッチしたい指以外を握り、しっかり固定し余った一本の指をまげて握るようにし30秒。
 
これは両手で行うものになるので電車などでは周りに迷惑かからないようにしましょう。
 
まずはこれを一か月続けていきましょう。
人間すぐにはできないことも積み重ねていけばできるようになります。ゆっくりとしっかりやっていきましょう!


ギター上達法!その4(脱初心者~2)

バッキング、アルペジオを押さえたら、次はいよいよカッティング奏法移りましょう。
 
カッティング奏法とは、弦を軽く押さえ音が出ないようにして弦を弾くブラッシング音や、休符を組み合わせ、歯切れよく、さらにリズミカルに音を出すギター特有の奏法です。
ドラム、ベースのリズム隊と同じような位置に属するバッキングを違い、リードギターに近い華やかさを持っている奏法です。
 
弾き方の注意点として
押さえっぱなしの他の奏法と違い、弦のミュート(弦を触ってはいるが押さえてはいない状態)と押さている状態の歯切れよさが一番の問題点となります。
 
さらに、出したい音以外の音がならないように完全にミュートしなければいけない点もあるために、少々難易度は高いです。
 
音がバラけてしまい、音のツブ(一音一音の音の歯切れと大きさ)が揃っていなかったり
ブラッシング時に左手のミュートができていないために余計な音が出てしまう、といった状況にならないように注意しましょう。
 
ここにアクセントつけるためにスライドやほかの奏法を組み合わせていくのもよいでしょう。
 
休符がどこに入れるかをきちんと確認するためにまずは1小節目からゆっくり行い全体を把握したら、メトロノームなどのリズムを鳴らす機械で何度も繰り返し弾けるようにします。
 
ここでも、短いフレーズで構いませんのでできるようになるまで、繰り返してください。
 
リズム感、弦の押さえ方、こまかな指の移動が養われていきます。
 
練習代表曲として
・布袋寅泰(BOOWY) BAD FEELINGイントロ
ご存じギタリスト布袋寅泰さんの代表的なカッティングフレーズですね。
歯切れ、休符、押さえ方などすべてをしっかりと指にしみこませてないと、うまく弾くことができません。
まずはゆっくりとスピードは意識せずに、ちゃんと弾けるようになることを意識して練習しましょう。
 
ここまでの記事を、毎日一つづつでもいいので、おさらいをしながら脱初心者を目指しましょう!


ギター上達法!その3(脱初心者~1)

バッキングにある程度慣れてきたころから、やはり花形テクニックにあこがれている皆さまは物足りなくなってきている頃でしょうか?
では指がギターになじんできた次のステップとして、「アルペジオ奏法」をやってみましょう。
 
アルペジオとはコードを構成する音を一音ずつ弾くテクニックです。今回はロックやポップで良く演奏される、押さえているコードをそのまま固定して1弦ずつ弾く、オーケストラハープ的な奏法スタイルのアルペジオを紹介したいと思います。
複数弦をまとめて弾くバッキングの方法とは違い、ピックもしくは指の弾き方、弦の押さえ方で良し悪しがはっきりと出ますので、しっかりと音を出すという意味での練習には適していると思われます。
 
弾けるようになるのは今までと同じようなワンフレーズくらいで構いません。
ひたすら同じところを弾いて次のフレーズに移るようにしましょう。
 
焦ってはいけません。まずは注意すべき点を抑えましょう。
 
・指やピックでの弦のはじき方
ピックが斜めに入っていないか、指がしっかりと均等の力加減で弦を弾いているか。
 
・弦の押さえ方
一音一音のサスティーン(音の伸び)はしっかりとでているか。失敗していると音が切れたり、びびっ、というような異音が出ます。
 
・コードからコードへ移る時、もしくは離れたポジションのアルペジオの音の残し方(アルペジオを弾くときの一番の注意点)
コードからコードへの移動時はどうしても手が離れます。しかし、うまく最後の音の指を最後に残しサスティーンを確保しつつ、次のコードの最初の音に指を合わせ途切れることによって、途切れ感がなく、滑らかな音とパフォーマンスを出すことができます。
 
強く弾く、速く弾くということが音を奏でるというわけではありません。
アルペジオは特に誤魔化しが効かない上に失敗すれば、如実に聞き手にわかってしまします。
だからこそ緊張感と丁寧さを持ちながら演奏して欲しいところです。
 
お勧めアルペジオフレーズとしていくつか挙げていきましょう。
・GLAY BELOVED イントロ
上下のピッキング(オルタネイトピッキング)で一部スライド奏法も入っている20秒ほどのイントロです。
 
・L’Arc~en~Ciel 虹 アコースティックパート
オルタネイトピッキングで慣れたころにコピーするのが良いでしょう。
曲全体にアルペジオパートがふんだんに盛り込まれているので、一曲弾けるようになると
とても気持ちがいい曲です。
 
・禁じられた遊び 
クラシックギターの定番曲です。
指弾きの曲で、難易度も中級者クラスでしょう。
アコースティックギターや、エレキギターでも練習はできるので、コードをしっかりと抑え押さえ込み、弦の弾き方もしっかりとできるようになります。
 
バッキングとアルペジオ、これをしっかりできるようになればいわゆる「サイドギター(バッキング)パート」の曲はある程度弾くことができるようになると思います。
 
前回もお話しましたが、ギターは弾いて音を出すものですが、真の花形ギタリストはギターを歌わせて聞き手を魅了します。
しかし通ってきた道は同じ道です。しっかりと基礎を固めていきましょう!


ギター上達法!その2(初心者~脱初心者へ)

1週間くらい同じフレーズをひたすら弾いて、ある程度指にギターの弦の感覚が付きましたら次の段階です。
 
次の目標は、脱初心者です。
では、ギター初心者を卒業するためには、どのような練習をすればいいのか、自分自身が描いている理想像に少しでも近づくためには何をすればいいのかをお伝えいたしましょう。
 
 ギターを始めるきっかけとして、「あこがれるギタリストや、アーティストのようになりたい」と思うあまり、「速弾き」や、「目立つプレイ」をすることが上達への近道だと考えがちになってしまいます。
 
そのために、長い小節のソロプレイやとにかく速く弾けるようにする練習をしようとしてしまいます。
 
しかしそのようなプレイはしっかりと「理論や基礎」細かく言えば「握力強化や、体づくり」などができている人たちができることです。
 
初心者がそちらに足を踏み入れても、挫折し、弾けないからつまらないといった事になり
ギターを弾く楽しさがなくなり、最終的に飽きて辞めてしまうことが多いです。
 
ではギター初心者を脱するために何をするのかというと、「バッキング」という奏法を覚えていくことをお勧めします。
 
「バッキング」というのは一言で言うと伴奏の事です。
楽器の中でも伴奏ができる楽器はギターやピアノのように、二つ以上の音を同時に鳴らして合成された音が出せるものです。
 
アコースティックギターを弾きながら歌っているアーティストを例にすると、コードを弾いている音が伴奏、バッキングとなります。
 
ギターのバッキングというと地味な立ち位置という方もいらっしゃいますが、とんでもない!
和音が入らないことで、バンド全体の雰囲気、音の厚みなどがガラッとかわってしまうくらいの重要なものです。
 
上手いギターを弾く人は、バッキングがどれだけ重要かをよく熟知しています。
そもそも1曲の中でギターが担当するプレイは7割~8割バッキングです。
バッキングを鍛えるということは、ギタープレイにおける、リズム感・コード理論・指の動き・安定した握力の強化、といった、ギターを弾く上での基礎をしっかりと鍛えるということと同義になります。
 
基礎がしっかりとできるようになることが、ソロプレイや目立つテクニックを弾けるようにする一番の近道です。
どんなアーティストでも一度は通ってきた道です。ギター初心者から抜け出すため、あきらめずに練習しましょう。
 
もちろん前回のお話同様に一日の中で期限と課題部分を決めて楽しく練習をしてください。


ギター上達法!その1(初心者~)

ギターが弾けるようになりたいと思うギターを弾き始めの皆さんが「何から練習したらいいかわからない」「まず何をしたらいいかわからない」「何をすればあんな風に弾けるのかわからない」
といった壁に当たってしまいます。
 
どんなアーティストにあこがれているのか、どんなプレイをしているギタリストになりたいかにもよってくる部分はあるでしょうけれども、誰もがまずはこの関門に行き当たります。
 
そんな時に参考になるようなお話をさせていただきます。
 
まず第一に「明確な目標と、時間を決める」ことです。
ただやみくもに、だらだらと練習しても上達はしませんし、たとえ弾けても、身に付くことなく、翌日には忘れてしまいます。
 
そのためにまずは、一番弾きたい1フレーズを2時間ならその時間内に弾けるようにするという目標と期限を決めてひたすら繰り返し練習することです。
最終的に、難易度が高くて弾けなかったという結果になっても構いません。
 
あまり長いフレーズなどではなく1小節、2小節くらいで、一番好きなアーティストのこの曲のこのフレーズを弾けるようにする、ということだけでまずは十分です。
 
あこがれるアーティストの一番好きな曲で練習すれば、時間の感覚なども忘れて没頭し、次のステップへ進むモチベーションも上がっていき、ギターを弾く楽しさを覚え始めます。
まずは好きな音楽でギターを指や体になじませることが何よりも重要です。
 
そしてその日に弾けたフレーズを翌日以降1日1回以上は弾き続けること
それを繰り返すうちに指がギターに馴染み、より良い音色をギターが奏でてくれるでしょう。
 
よく聞く話ですが、「コードのFが難しくて飽きてやめた」といった事を言われる方がいらっしゃいます。C、D、E、Fなどのコードを弾けるようになるのもとても大事なことです。
 
コードを弾いて歌うアーティスト、いわゆるシンガーソングライターを目指しているのであればコードをまず練習するのは必須でしょう。
 
しかし、ボーカリストを目指す方が、好きなアーティストの歌を歌えるようになりたいと思うのと同じように、まず好きなギターフレーズを弾けるようになりたいというのが一番の皆さんの願いではないでしょうか?
 
コードを弾くのは正直なところギターを弾くことがある程度指になじんでからでもいいと思います。
 
まずは1日の中で、期限、課題を決めそれを1週間繰り返してみてください。
無理のない習慣を体に覚えさせることが、上達への第一歩と考えましょう。
 
参考として
30代男性ギター経験者が語るきっかけになった日本のアーティスト
・Mr.Children
・GLAY
・BOOWY
・X Japan
・B’z

ギター上達法!その10(脱初心者~8)スケール知識向上

ここではギター演奏に欠かせない「スケール(音階)」についての解説をしていきたいと思います。
 
スケールをマスターしていくことで、音や演奏技術、ジャンルの幅も広がり、ギタリストとしての大きな成長につながります。
この機会にまだ使ったことのないスケールを使ってみてはいかがでしょうか。
 
スケールに関してよく聞くのが「音階やフレットのポジションを全部覚えなきゃいけないの?」といったお声ですが、音階やポジションを覚えるのではなく、曲ごとにフレーズを弾く際、もしくはフレーズを作る時に使えるガイドラインとして考えていただければと思います。
 
まずは代表的なスケールとそれをもとにした、記号や意味をご紹介します。
 
メジャーペンタトニックスケール
メジャーペンタトニックスケールは、メジャースケールの4, 7番目の音を除いた5音から構成されるスケールです。ギタリストにとって一番メジャーなスケールで、ブルース、ロックシーンでギターソロを弾くには欠かせない音階です。
 
ではスケールの覚え方をCメジャースケールをもとにお話していきます。
 
・見本画像(見本1のようなもの)下記画像を作成しましたが、いかがでしょうか?


 
ギターフレットで書くとこのような位置になります。ただ数が多すぎるためにブロックごとに分けて慣れていくのが良いでしょう。
このガイドを使い、自分のフレーズをブロックごとに作ってみましょう。
 
次にCメジャースケールを音階順に数え、4番目と7番目の音を除く計5音を抜き出します。この抜き出した5音が音階に並べられたものをCメジャーペンタトニックスケールと呼びます。
【Cメジャースケール構成音】
C  D  E  F  G  A  B
【Cメジャーペンタトニックスケール構成音】
C            D            E            G            A

 
さて、これを今度は専門的な記号でCメジャーペンタトニックスケール全体での構成音を表してみましょう。
 
Root       M2/9      M3          P5          M6/13
 
という記号であらわすことができます。
元の音Root(ルート)を1音目として、メジャーペンタトニックスケールがどの音階で構成されているかを表す記号です。
 
P1:Perfect 1st(完全1度)Root、Tonicなど。
M2:Major 2nd(長2度)
M9:Major 9th(長9度)
M3:Major 3rd(長3度)
P5:Perfect 5th(完全5度)
M6:Major 6th(長6度)
M13:Major 13th(長13度)
 
この記号はスケールを解説していくうえで何度も出てきますので記号の意味を次回から説明していきます。


ギター上達法!その9(脱初心者~7)コード知識向上

 

ギターだけにとどまらず、音楽をやっていくうえで避けて通れない必要な知識「コード」についてお話していきましょう。
 
まず、第一にコードとは何なのかというところからです。
コードとは、日本語で言う「和音」のことで、コードという観点から、3つ以上の音を同時にならすことを指します。
 
ではさらに詳しく説明していきましょう。
ルート音(元になる音)を「ド」とし、音を鳴らします。これだけでは、コードとして成立しないので、「3度」「5度」の、「ミ」と「ソ」の音も追加で鳴らします。すると、3つの音が調和しCコードとなります。
 
「3度」「5度」とは、「ド」のルート音を「1度」とし「レ・2度」「ミ・3度」「ファ・4度」「ソ・5度」・・・・というように表します。
 
では基本に戻りコードの名前について解説していきましょう。
ルートに対しての音の重ね方や重ねる音の数によって、下記のようにコード表記が変わります。
 
【3和音・コード】
Cm シー・マイナー
Caugシー・オーギュメント
Cdimシー・ディミニッシュ
Csus4 シー・サスフォー
 
【4和音・コード】
CMaj7シー・メジャーセブンス
C7 シー・セブンス
Cm7 シー・マイナー・セブンス
CmMaj7シー・マイナーメジャーセブンス
 
コードの成り立ちや、何度の音を組み合わせるのかなど、詳しくはまた次回以降にお話しします。
 
まずはコードを見て弾けるものから、指に慣れさせていきましょう。


ギター上達法!その8(脱初心者~6)運指技術の向上と意識

演奏技術の向上に避けては通れない話の一つ「運指技術」、いわゆるフィンガリングのお話をいたしましょう。
 
フィンガリング時にあたふたしてしまうと、余計な音や動きがでてしまい、演奏自体が台無しになってしまうこともあります。
特にテンポの速いフレーズや、ネック移動距離が長いフレーズを弾く際にも、大きな影響が出てしまい、自信喪失やギター離れにもつながってしまうこともあります。
 
では、その状況から脱却するには何をしたらいいのか。
 
答えは簡単です。
運指の無駄を無くす!これにつきます。
 
では、どのように運指の無駄を無くすのか、運指技術の向上をどのようにしていけばいいのかをお伝えいたします。
 

●環境
まずは運指運動の前の準備として、スマホのアプリでも構いませんので、メトロノームを用意してください。
ただ運指運動するのではなく、「リズム」を意識しておくことによって効果は何倍にもなります。
 
次に、指のストレッチですね。ある程度指を先に柔らかくし、温めておくことでスムーズな指の運びが可能になります。
できれば実際に弾くときのスタイルで練習するのがベターです。アンプやヘッドフォンを使い出音を意識し、立った状態で弾くことが良いでしょう。
チューニングはこまめに行ってください。ずれた音を覚えてしまうと違和感が起こり、演奏に支障をきたします。
 
最後に、そのときに何の為に運指運動をするのかという「目的」をしっかりしておくことです。
無駄な動きをなくしミスタッチをなくす、速いテンポにもついていけるようにする、どんな音符でも一定のテンポを保つ、ピッキングの手とネック側の手の動作を整える、といったテーマを設けることです。
 

●意識
前述のようにテーマに沿って意識を持つことが一番大切です。
 
無駄な動きをなくしミスタッチをなくす→
弦から指を離すときに開放弦がなってないか、指の移動時に他の音を鳴らしてないか、逆に指が話すタイミングで音がきれてないか、ネック側の手の指に力が入りすぎてしまい弦が押し上げられて音がずれていないか、といった細かいところに意識を置いてください。
 
速いテンポにもついていけるようにする、どんな音符でも一定のテンポを保つ→
メトロノームやクリック音に合わせてフレーズを弾き、できれば譜面を確認し、どの音符なのかを意識をしてください。
まずは「表」の拍にジャストなタイミングで音を鳴らしてみてください。
それに慣れたら「裏」拍、「3連」「6連」と段階を上げ、さらにテンポをゆっくりからだんだん速くしていきましょう。
 
ピッキングの手とネック側の手の動作を整える→
ピッキング時に、指が離れてしまい音が鳴らなかったり、カツっというような音が鳴ってしまったりしないように、しっかり両方の指の連携を整えましょう。
特に難しいフレーズなどを弾くときに発生しますが、そこはテンポをゆっくりから始めて一音一音確認しながら進んでください。
 
基本的な練習方法のおさらいとはなりますが、まずはこのお話をもとにして自分ならではの課題をいくつか出していきましょう。
課題と練習をひたすら繰り返すことでどんどん上達していくはずです。


ギター上達法!その7(脱初心者~5)

前回までは普段できる練習方法をお伝えいたしました。
今回は実際にギターを弾き指の動きや音のつながりを滑らかにしていく方法をお伝えします。
 
エレキギターでもアコースティックギターでも重要になってくるのが、無駄な動きのない運指技術を身に付けておくことです。
これを身に付けることにより、音が切れずに滑らかな音で弾けるようになっていきます。
 
これは寝る前でも、空いた時間でも、5分~10分で構いませんので時間を毎日作って弾いてください。
 
極々単純な奏法ですが飽きずに頑張りましょう。
1弦1フレット・人差し指(1/1) / 1弦2フレット・中指 (1/2)/ 1弦3フレット(1/3)・薬指 / 1弦4フレット・小指(1/4)とひとつずつ音を出して行きます。
次の弦に移動して、2弦1フレット…と、また同じ動作をして移動していきます。
1~6弦まで弾いたら、今度は1フレット上げてまた同じ動きをします。
12フレットくらいまで弾きましたら、今度は逆に弾いていきます。
 
│(1/1)(1/2)(1/3)(1/4)│(2/1)(2/2)(2/3)(2/4)│(3/1)(3/2)(3/3)(3/4)・・・・・6弦までいきましたら…
│(5/2)(5/3)(5/4)(5/5)│(4/2)(4/3)(4/4)(4/5)│(3/2)(3/3)(3/4)(3/5)・・・・・
1弦までいきましたら…
│(2/3)(2/4)(2/5)(2/5)│(3/3)(3/4)(3/5)(3/6)│(4/3)(4/4)(4/5)(4/6)・・・・・
 
20フレット位まで進みましたら今度はこの逆にしてみましょう
6弦・20フレット小指 (6/20)/ 6弦19フレット・薬指(6/19) / 6弦18フレット・中指(6/18)/ 6弦17フレット・人差し指(6/17)…5弦20フレット小指(5/20)…と最後に人差し指が1フレットに戻るまで弾いてみましょう。
 
│(6/20)(6/19)(6/18)(6/17)│(5/20)(5/19)(5/18)(5/17)│(4/20)(4/19)(4/18)(4/17)・・・・・
1弦までいきましたら…
│(2/19)(2/18)(2/17)(2/16)│(3/19)(3/18)(3/17)(3/16)│(3/19)(3/18)(3/17)(3/16)・・・・・
 
無理にテンポを上げると指への意識コントロールが追い付かなくなり、無駄な動きが出てしまいます。無駄な動きが癖づいてしまうと、本来弾けるはずのフレーズが無駄な動きによってミスピッキングを生じさせる恐れがあります。このエクササイズは、最終的に無駄な動きのない運指にすることを目的としますので、テンポを上げることを目的とせず、最小限の指の動きで行うよう心掛けてください。
 
変則で行っていくのもよい練習です。
│(1/1)(1/3)(1/2)(1/4)│(2/1)(2/3)(2/2)(2/4)│(3/1)(3/3)(3/2)(3/4)・・・・・
│(1/1)(1/4)(1/3)(1/2)│(2/1)(2/4)(2/3)(2/2)│(3/1)(3/4)(3/3)(3/2)・・・・・
 
まずはどの練習方法でもいいので毎日必ず行うようにしてください。
統計学的に人間は20日間続ければ週間化するといいます。
 
何年続ける!ではなくまずはこの20日間続けるという目標をもって行うのもよいかもしれませんね。
ご家族がいる皆さまはアンプにつなぐときにヘッドホンをしましょう。
ミュージシャンはマナーを守るのも大事なことの一つと考えてください。


ギター上達法!その6(脱初心者~4)

ミュージシャンとお話するときに、「演奏中に気を付けることを2つ挙げるとしたら?」と聞いてみました。
 
そうするとどの楽器のプレイヤーでも共通して上がってくるのがズバリ「リズム」でした。
 
どんなに速く弾けても、かっこいいフレーズを弾いていても、「リズムが悪いとかっこ悪い」という結果になってしまいます。
 
ではそうならないように普段でもできるリズム感の練習をやってみましょう。
 
順序として、
・弾きたいフレーズを口ずさめるくらいに聞きこみ、ギターでフレーズを弾けるようにする。
ここまでがギターを持っての練習です。
 
ここからはギターを持たない練習。
・次にメトロノームやクリックを聞きながらフレーズを思い浮かべてイメージする。
・できれば鼻歌程度でもいいので口ずさむ。
・ポケットの中でもいいので指を動かす→どこの弦を弾くかイメージがつけば必要なし。
 
クリックやメトロノームの音に関しては、今の時代アプリケーションであるのでそれで十分です。
 
つまり言いたいこととしては、「自分勝手なリズムで、自分勝手なフレーズを刻まない」
リズムに忠実になることが大事ということです。
 
 
リズムの中でもよくあるのが3連符や6連符のフレーズがありますが、それもクリック練習でトレーニングができるようになります。
 
クリックに合わせ
4分音符(この4分音符は歩きながら足で刻んだままにする)→3連符→8分音符→3連符→4分音符→2拍3連→・・・
 
と歩きながらでもできますので、
4分音符だけは歩きながら足で刻んだままにして、手や指で刻むのもいいですし、太ももをたたいて練習するでもよいでしょう。
 
ただフレーズが弾けるっていうものではなく、リズムも合わせてようやく「弾けている」といえるでしょう。
 
音符に関しての解説はまた今度にでも。。。
 


ギター上達法!その5(脱初心者~3)

脱初心者を目指すならやっておきたい練習方法がいくつかまたあります。
この記事に関してはプロミュージシャンたちが今でもやっていることなので、覚えておいたほうがよいでしょう。
 
ちりも積もれば・・・、何とかは一日にして成らず、とよく聞きますが
普段の生活の中でもギターのテクニック向上や上達につながることがあります。
 
一つ目は、指の筋肉の強化と柔軟性を得ること。
特にギターやピアノのように指を使う楽器に関しては握力や柔軟性が重要になってきます。指の筋肉を鍛えるために効果的な器具がバリグリップというものです。
 
楽器屋さんなどではよく見かけるものです。
これを常にポケットなどに忍ばせ、電車に乗っているとき、散歩しているときなどで弦を押さえる方の手を鍛えましょう。
スマートフォンや、ゲーム機でゲームをしているよりも将来のためにつながりますし、無駄な時間を過ごすこともないでしょう。
逆に家でとことんやろうとしても続かないので、通勤や通学など短い時間で鍛える方が長続きします。
 
やり方としては、ただ全部の指を一気に動かすだけではなく、人差し指→中指→薬指→小指
と速く動かす、または一本の指を30秒~40秒押し続けて離す、押す順番を変化させていくといった動作をひたすら繰り返す。
 
「指がもう動かない」というくらいまでやらなくてもよいですので、スマートフォンのゲームをやる時間を、鍛える時間にするくらいのノリでまずは試してみましょう。
 
商品の詳細はこちら(http://www.kcmusic.jp/planetwaves/parts_accessories.html) 
Planet Waves(プラネットウェイヴス) 日本公式サイト varigrip
 
 
筋肉と同時にやっておきたいことしては、ストレッチ、つまり指の柔軟性を得ることですね。
筋肉ついてもしなやかさがなければ意味がありませんので。
特にこのストレッチの中で、薬指、小指を起用に動かせるように意識をしましょう。
やり方として簡単なものを上げておきます。
・ストレッチしたい指をもう一方の片手でしっかり握り指を棒のように固定して、手の中の指を反らせて30秒。
・逆に握りこぶしをするように曲げる方向に力を入れ30秒
をすべての指で行う。
・次にストレッチしたい指以外を握り、しっかり固定し余った一本の指をまげて握るようにし30秒。
 
これは両手で行うものになるので電車などでは周りに迷惑かからないようにしましょう。
 
まずはこれを一か月続けていきましょう。
人間すぐにはできないことも積み重ねていけばできるようになります。ゆっくりとしっかりやっていきましょう!


ギター上達法!その4(脱初心者~2)

バッキング、アルペジオを押さえたら、次はいよいよカッティング奏法移りましょう。
 
カッティング奏法とは、弦を軽く押さえ音が出ないようにして弦を弾くブラッシング音や、休符を組み合わせ、歯切れよく、さらにリズミカルに音を出すギター特有の奏法です。
ドラム、ベースのリズム隊と同じような位置に属するバッキングを違い、リードギターに近い華やかさを持っている奏法です。
 
弾き方の注意点として
押さえっぱなしの他の奏法と違い、弦のミュート(弦を触ってはいるが押さえてはいない状態)と押さている状態の歯切れよさが一番の問題点となります。
 
さらに、出したい音以外の音がならないように完全にミュートしなければいけない点もあるために、少々難易度は高いです。
 
音がバラけてしまい、音のツブ(一音一音の音の歯切れと大きさ)が揃っていなかったり
ブラッシング時に左手のミュートができていないために余計な音が出てしまう、といった状況にならないように注意しましょう。
 
ここにアクセントつけるためにスライドやほかの奏法を組み合わせていくのもよいでしょう。
 
休符がどこに入れるかをきちんと確認するためにまずは1小節目からゆっくり行い全体を把握したら、メトロノームなどのリズムを鳴らす機械で何度も繰り返し弾けるようにします。
 
ここでも、短いフレーズで構いませんのでできるようになるまで、繰り返してください。
 
リズム感、弦の押さえ方、こまかな指の移動が養われていきます。
 
練習代表曲として
・布袋寅泰(BOOWY) BAD FEELINGイントロ
ご存じギタリスト布袋寅泰さんの代表的なカッティングフレーズですね。
歯切れ、休符、押さえ方などすべてをしっかりと指にしみこませてないと、うまく弾くことができません。
まずはゆっくりとスピードは意識せずに、ちゃんと弾けるようになることを意識して練習しましょう。
 
ここまでの記事を、毎日一つづつでもいいので、おさらいをしながら脱初心者を目指しましょう!


ギター上達法!その3(脱初心者~1)

バッキングにある程度慣れてきたころから、やはり花形テクニックにあこがれている皆さまは物足りなくなってきている頃でしょうか?
では指がギターになじんできた次のステップとして、「アルペジオ奏法」をやってみましょう。
 
アルペジオとはコードを構成する音を一音ずつ弾くテクニックです。今回はロックやポップで良く演奏される、押さえているコードをそのまま固定して1弦ずつ弾く、オーケストラハープ的な奏法スタイルのアルペジオを紹介したいと思います。
複数弦をまとめて弾くバッキングの方法とは違い、ピックもしくは指の弾き方、弦の押さえ方で良し悪しがはっきりと出ますので、しっかりと音を出すという意味での練習には適していると思われます。
 
弾けるようになるのは今までと同じようなワンフレーズくらいで構いません。
ひたすら同じところを弾いて次のフレーズに移るようにしましょう。
 
焦ってはいけません。まずは注意すべき点を抑えましょう。
 
・指やピックでの弦のはじき方
ピックが斜めに入っていないか、指がしっかりと均等の力加減で弦を弾いているか。
 
・弦の押さえ方
一音一音のサスティーン(音の伸び)はしっかりとでているか。失敗していると音が切れたり、びびっ、というような異音が出ます。
 
・コードからコードへ移る時、もしくは離れたポジションのアルペジオの音の残し方(アルペジオを弾くときの一番の注意点)
コードからコードへの移動時はどうしても手が離れます。しかし、うまく最後の音の指を最後に残しサスティーンを確保しつつ、次のコードの最初の音に指を合わせ途切れることによって、途切れ感がなく、滑らかな音とパフォーマンスを出すことができます。
 
強く弾く、速く弾くということが音を奏でるというわけではありません。
アルペジオは特に誤魔化しが効かない上に失敗すれば、如実に聞き手にわかってしまします。
だからこそ緊張感と丁寧さを持ちながら演奏して欲しいところです。
 
お勧めアルペジオフレーズとしていくつか挙げていきましょう。
・GLAY BELOVED イントロ
上下のピッキング(オルタネイトピッキング)で一部スライド奏法も入っている20秒ほどのイントロです。
 
・L’Arc~en~Ciel 虹 アコースティックパート
オルタネイトピッキングで慣れたころにコピーするのが良いでしょう。
曲全体にアルペジオパートがふんだんに盛り込まれているので、一曲弾けるようになると
とても気持ちがいい曲です。
 
・禁じられた遊び 
クラシックギターの定番曲です。
指弾きの曲で、難易度も中級者クラスでしょう。
アコースティックギターや、エレキギターでも練習はできるので、コードをしっかりと抑え押さえ込み、弦の弾き方もしっかりとできるようになります。
 
バッキングとアルペジオ、これをしっかりできるようになればいわゆる「サイドギター(バッキング)パート」の曲はある程度弾くことができるようになると思います。
 
前回もお話しましたが、ギターは弾いて音を出すものですが、真の花形ギタリストはギターを歌わせて聞き手を魅了します。
しかし通ってきた道は同じ道です。しっかりと基礎を固めていきましょう!


ギター上達法!その2(初心者~脱初心者へ)

1週間くらい同じフレーズをひたすら弾いて、ある程度指にギターの弦の感覚が付きましたら次の段階です。
 
次の目標は、脱初心者です。
では、ギター初心者を卒業するためには、どのような練習をすればいいのか、自分自身が描いている理想像に少しでも近づくためには何をすればいいのかをお伝えいたしましょう。
 
 ギターを始めるきっかけとして、「あこがれるギタリストや、アーティストのようになりたい」と思うあまり、「速弾き」や、「目立つプレイ」をすることが上達への近道だと考えがちになってしまいます。
 
そのために、長い小節のソロプレイやとにかく速く弾けるようにする練習をしようとしてしまいます。
 
しかしそのようなプレイはしっかりと「理論や基礎」細かく言えば「握力強化や、体づくり」などができている人たちができることです。
 
初心者がそちらに足を踏み入れても、挫折し、弾けないからつまらないといった事になり
ギターを弾く楽しさがなくなり、最終的に飽きて辞めてしまうことが多いです。
 
ではギター初心者を脱するために何をするのかというと、「バッキング」という奏法を覚えていくことをお勧めします。
 
「バッキング」というのは一言で言うと伴奏の事です。
楽器の中でも伴奏ができる楽器はギターやピアノのように、二つ以上の音を同時に鳴らして合成された音が出せるものです。
 
アコースティックギターを弾きながら歌っているアーティストを例にすると、コードを弾いている音が伴奏、バッキングとなります。
 
ギターのバッキングというと地味な立ち位置という方もいらっしゃいますが、とんでもない!
和音が入らないことで、バンド全体の雰囲気、音の厚みなどがガラッとかわってしまうくらいの重要なものです。
 
上手いギターを弾く人は、バッキングがどれだけ重要かをよく熟知しています。
そもそも1曲の中でギターが担当するプレイは7割~8割バッキングです。
バッキングを鍛えるということは、ギタープレイにおける、リズム感・コード理論・指の動き・安定した握力の強化、といった、ギターを弾く上での基礎をしっかりと鍛えるということと同義になります。
 
基礎がしっかりとできるようになることが、ソロプレイや目立つテクニックを弾けるようにする一番の近道です。
どんなアーティストでも一度は通ってきた道です。ギター初心者から抜け出すため、あきらめずに練習しましょう。
 
もちろん前回のお話同様に一日の中で期限と課題部分を決めて楽しく練習をしてください。


ギター上達法!その1(初心者~)

ギターが弾けるようになりたいと思うギターを弾き始めの皆さんが「何から練習したらいいかわからない」「まず何をしたらいいかわからない」「何をすればあんな風に弾けるのかわからない」
といった壁に当たってしまいます。
 
どんなアーティストにあこがれているのか、どんなプレイをしているギタリストになりたいかにもよってくる部分はあるでしょうけれども、誰もがまずはこの関門に行き当たります。
 
そんな時に参考になるようなお話をさせていただきます。
 
まず第一に「明確な目標と、時間を決める」ことです。
ただやみくもに、だらだらと練習しても上達はしませんし、たとえ弾けても、身に付くことなく、翌日には忘れてしまいます。
 
そのためにまずは、一番弾きたい1フレーズを2時間ならその時間内に弾けるようにするという目標と期限を決めてひたすら繰り返し練習することです。
最終的に、難易度が高くて弾けなかったという結果になっても構いません。
 
あまり長いフレーズなどではなく1小節、2小節くらいで、一番好きなアーティストのこの曲のこのフレーズを弾けるようにする、ということだけでまずは十分です。
 
あこがれるアーティストの一番好きな曲で練習すれば、時間の感覚なども忘れて没頭し、次のステップへ進むモチベーションも上がっていき、ギターを弾く楽しさを覚え始めます。
まずは好きな音楽でギターを指や体になじませることが何よりも重要です。
 
そしてその日に弾けたフレーズを翌日以降1日1回以上は弾き続けること
それを繰り返すうちに指がギターに馴染み、より良い音色をギターが奏でてくれるでしょう。
 
よく聞く話ですが、「コードのFが難しくて飽きてやめた」といった事を言われる方がいらっしゃいます。C、D、E、Fなどのコードを弾けるようになるのもとても大事なことです。
 
コードを弾いて歌うアーティスト、いわゆるシンガーソングライターを目指しているのであればコードをまず練習するのは必須でしょう。
 
しかし、ボーカリストを目指す方が、好きなアーティストの歌を歌えるようになりたいと思うのと同じように、まず好きなギターフレーズを弾けるようになりたいというのが一番の皆さんの願いではないでしょうか?
 
コードを弾くのは正直なところギターを弾くことがある程度指になじんでからでもいいと思います。
 
まずは1日の中で、期限、課題を決めそれを1週間繰り返してみてください。
無理のない習慣を体に覚えさせることが、上達への第一歩と考えましょう。
 
参考として
30代男性ギター経験者が語るきっかけになった日本のアーティスト
・Mr.Children
・GLAY
・BOOWY
・X Japan
・B’z

フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画