カリキュラム進行と習得期間
~アコースティックギター~


※GUITARの東大のレッスンは、GUITARの東大独自カリキュラムのもと、如何なるジャンルにも対応できる技術・知識を身に付け、受講生の今の目標や将来の目標に向けたレッスンです。効率良く、効果的に習得するために内容、順序、進行期間は異なる場合がございますのであくまでも参考例としてお考えください。







※GUITARの東大のレッスンは、GUITARの東大独自カリキュラムのもと、如何なるジャンルにも対応できる技術・知識を身に付け、受講生の今の目標や将来の目標に向けたレッスンです。効率良く、効果的に習得するために内容、順序、進行期間は異なる場合がございますのであくまでも参考例としてお考えください。

これからギターを始める方。
ギターを始めてまもない方
初歩ギター・カリキュラム終了
アコースティックギター・カリキュラムへ
 

アコースティックギターの奏法に特化した
アコースティック専門のレッスンをご希望の方
アコースティックギター・カリキュラム終了
上級ギター・カリキュラムへ
 

プロフェッショナルレベルでの技術・知識を必要と感じている方。
独自の演奏スタイルの確立を目指す方
上級ギター・カリキュラム終了
 

GUITARの東大レッスンが
60分である理由・月2回を基本回数としている理由
60分という時間は、物事を習得する上で最小かつ効率的な時間なのです。30分では内容が薄くなり、90分では集中効率が悪くなります。レッスンの準備、前レッスンでの課題の評価、講義と実践、考える時間、次回レッスンへの課題と実践方法、全てを理解・吸収し、次回までに課題を消化して次のレッスンを迎える・・・この反復が、ギター演奏力を確実に向上させるのです。

さらに、月2回の間隔でレッスンを受講する事で、前回の課題を確実に消化し、次のレッスンで更なるステップへと進みます。間隔が短いと課題を消化できないままレッスンを迎える事になり、長ければせっかく覚えた感覚が薄れてしまうのです。
 
60分レッスンを月2回のサイクルで行うことは、時間、回数、料金、全てのバランスが保たれ、ギターを効率よく習得するための最適なサイクルなのです。
 
※月2回以上のレッスンが必要だと感じられた時には、回数を増やしたり、基本の2回に戻したりすることが可能です。

■お問合せ・お申込み

※24時間対応・12時間以内返信。メールフォームが上手く作動しない場合はinfo@guitar-todai.netまでメールでお問合せください。


お問合せ・お申込み
 
年中無休・24時間受付・12時間以内返信
 
年中無休・朝9時から夜19時まで受付
フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画