完全個人レッスンへのこだわり

60分のレッスン時間の中、一人のインストラクターが完璧にあなたの進歩状況を把握できる完全個人レッスンで、理論に基づいた的確なアドバイスをすることで初めて上達への道筋が示されます。
GUITARの東大理念に掲げてある通り、『ギターは難しい!ちょっとシャレで触ったくらいでは絶対に弾けるようにならない!』のです。
だからこそ本当の上達を望むのであればインストラクター一人、受講生一人の完全個人レッスンでなければなりません。

60分のレッスン時間の中、一人のインストラクターが完璧にあなたの進歩状況を把握できる完全個人レッスンで、理論に基づいた的確なアドバイスをすることで初めて上達への道筋が示されます。
GUITARの東大理念に掲げてある通り、『ギターは難しい!ちょっとシャレで触ったくらいでは絶対に弾けるようにならない!』のです。
だからこそ本当の上達を望むのであればインストラクター一人、受講生一人の完全個人レッスンでなければなりません。

<レッスンシステム上の問題点>
 

■グループレッスンはレッスンシステムの都合上、様々なレベルの受講者に対し均質なレッスンを目指すため、同じテキストを使うことが通常です。しかし、習熟度がそれぞれ異なる受講者に対して同じテキストでレッスンを進行するということは以下の問題点が考えられます。

① インストラクターが受講者一人ひとりに説明やアドバイスを具体的にするほど、他の受講者は時間を持て余すことになる。
② 質問したいことがあるが、他の受講者に迷惑をかけるのを恐れるあまり、質問ができず先に進まれてしまう。
③ 受講者全員に同様の内容で進行させるため、各人それぞれに適したスピードでのレッスンが困難になる。

<レッスンの持続が困難>
 

■グループレッスンは完全個人レッスンに比べて他の受講者がいるという安心感から気軽に受講しやすく思われますが、以下の理由によりレッスン持続が困難になる恐れが考えられます。

① 受講を重ねていくうちに次第に緊張感がなくなりただ受けているだけのレッスンになってしまう。
② ただ受けているだけのレッスンの結果、技術も知識も身に付かないままレッスンだけが進行し、最終的にレッスンの内容についていけなくなる。



以上の観点から
グループレッスンではレッスンの質が大幅に劣り、ギターの上達を望むのは不可能と考えます。グループレッスンとは音楽教室を経営する側の都合だけのために考えられたシステムであり、受講者上達のためのシステムではありません。「グループレッスンでもその場を楽しむことは出来るからいい」と思われる方も多いと思いますが、音楽の本当の楽しさとは音楽の真髄を学んだその上にあるものです。だからこそギターレッスンとは一対一の完全個人レッスンでなければならないのです。





以上の観点から

グループレッスンではレッスンの質が大幅に劣り、ギターの上達を望むのは不可能と考えます。グループレッスンとは音楽教室を経営する側の都合だけのために考えられたシステムであり、受講者上達のためのシステムではありません。「グループレッスンでもその場を楽しむことは出来るからいい」と思われる方も多いと思いますが、音楽の本当の楽しさとは音楽の真髄を学んだその上にあるものです。だからこそギターレッスンとは一対一の完全個人レッスンでなければならないのです。



ヴォーカル技塾のレッスンを組合せて受講。
作編曲技塾のレッスンを組合せて受講。
レコーディング技塾のレッスンを組合せて受講。
ヴォーカル技塾のレッスンを組合せて受講。
作編曲技塾のレッスンを組合せて受講。
レコーディング技塾のレッスンを組合せて受講。
 

■お問合せ・お申込み

※24時間対応・12時間以内返信。メールフォームが上手く作動しない場合はinfo@guitar-todai.netまでメールでお問合せください。

お問合せ・お申込み
 
年中無休・24時間受付・12時間以内返信
 
年中無休・朝9時から夜19時まで受付
フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画