音楽社会論文

Written by Takeshi Adachi

~音楽で食べていくとは! 1~

序章:「情報」と「現実」のギャップ

音楽を志す者にとって、常に問題になるのが「音楽で食べていけるか?」もう少し、具体的に言うならば「音楽が仕事として成立するか?」という部分です。昨今、たくさんの専門学校、音楽大学が存在し、その中で心無いところでは「就職率100%」などの安易な言葉が乱立する学校も少なくありません。しかし、音楽界の経済規模、仕事の特異性、またそれに従事する関係者の数などを考慮するならば、そのキャッチがいかに絵空事であり、非現実的なものであるかは誰もが理解できると思います。ここでは「音楽=仕事」という部分にフォーカスを当て、真摯にその現状を検証してみたいと思います。
 
 

考察1:「音楽と金銭価値について」

そもそも音楽を金銭価値に変換すること自体、とても難しく、むしろ変換できないと言ったほうが正解かもしれません。しかし、それでも「なぜ音楽を仕事として生活していくのが困難なのか?」ということに対してのみ論点を当てるとしたら、以下のようなことを理解できなければその志を達成することは難しいかもしれません。
 
まずアルバイトでも社員でもなんでもかまいません。その職についた時、初日から給料が発生しませんか?初日ということは、その職に対して誰もがビギナーのはずです。にもかかわらず、金銭が雇い側から支払われる。つまり、世間と社会の一般常識は、ビギナーの時点から金銭価値をつけてくれるということなのです。
 
それでは、その一般常識を音楽に置き換えてみましょう。「ビギナーですがギター弾いています!」という人のライブを見に行くでしょうか?「ビギナーですがCDを作りました!」という人のCDを買うでしょうか?つまり、音楽に関してビギナーには金銭価値は付かず、むしろ払う側であるのが常識なわけです。音楽の世界では、まともにできて初めて0円という価値が付き、この0円を発生させることが芸術においては非常に困難であり生活源にできない原因なのです。社会における初任給20万円に相当する音楽の初任給は0円と考えてもいいかもしれません。であるならば、この0円から生活レベルの金銭にまで押し上げるのは、並みの努力では達成できないはずです。そこには、音楽的なレベルはもちろんのこと人間性、努力、忍耐など全て常人以上のものを兼ね備える必要があります。
 
 

2010年10月25日 アダチ音研代表 安達たけし

~音楽で食べていくとは! 2~

考察2:広い視野と継続による音楽界との関わり

音楽を職業としていくことは、非常に困難な選択であることは周知の事実です。しかしながら、逆の見方をすれば、「チャレンジしない人、継続ができない人、困難に立ち向かえない人」が、世の中には多いとも言えます。かつて私が若い頃、ある著名ミュージシャンに「安達くん、40歳まで諦めずに続けてごらん。必ず食べられるようになるから」という言葉を言ってもらったことがあります。私は、その言葉の真意がなんであったのか?当時いつも自問自答していました。これから書くことは、私なりに導き出したその答えの一つです。
 

「継続は力なり」とは?

よく「継続は力なり」と言いますが、「どうしてそうなのか?」が語られることはあまりありません。継続とは信頼の積み重ねです。どんなに才能豊かなミュージシャンであってもそれを手助けしてくれる人の力なくしては、それが生かされることはありません。継続することにより多種多様な人脈が出来上がり、そこに才能と努力があれば、その人脈によってあなたは、生かされていくのです。地道な信頼の積み重ねにより、多くの人と出会うことで人脈が出来上がり、自分が認められていく、それが「継続は力なり」の音楽における本当の意味なのです。
 

音楽の仕事は一つではない

誰もが「バンドを作りデビューしたい!」「ミュージシャンとして売れたい!」など語ります。それ自体は大変、素晴らしい夢であり目標ですが、同時にそれは音楽界における表面の一部でしかないという認識も今のうちから知っておきたいところです。音楽界は、実にたくさんの仕事内容によって支えられています。ライブハウス経営、音楽雑誌編集、レコード会社、芸能事務所、エンジニア、音響、スタジオ経営、広告代理店、音楽講師、音楽学校経営、コンサート運営、その他、数えればキリがありません。そして、その全ての仕事が「バンドデビュー」や「ミュージシャンとして売れる」ことと、同等以上の価値がある仕事だと認識することは重要なことです。
 

自分の夢を超えた使命とは?

先に書いた2項目を考慮に入れた上で、例えば、あなたがバンドデビューするために一生懸命、何年も頑張ったが、それでもその夢を叶えることができなかったとします。しかしそれは無駄なことだったでしょうか?もし、あなたが本当にそのために努力していたとすれば、その姿は必ず誰かが見ています。そしてバンドデビューは出来なかったけど、
 
●「あなたの姿を見たレコード会社の人が、あなたの真面目さを生かして、是非、うちで働いてくれないか?と言ってきたとしたら・・・」
 
●「あなたの姿を見たライブハウス経営者が、今度、新しい店を出すんだけど、あなたのバンド運営能力を生かして、その店を任せられないか?と言ってきたとしたら・・・」
 
●「あなたの姿を見た音楽学校のスタッフが、あなたのギターテクニックは素晴らしい。是非、うちの講師になってくれないか?と言ってきたとしたら・・・」
 
これらの事由は、音楽を追い求める形は変われど、あなたは音楽界で認められた存在になったと言えるのではないでしょうか?私は人には「与えられた使命」というものがあると思っています。自分の夢は大事です。そしてそれが叶うことも素晴らしいことです。しかし、それと同じくらい、人が天があなたに何を求めているか?も重要なことなのです。そして、その使命に出会うことができるのは、継続して努力した人だけの特権なのです。
 
 
今、自分が音楽のために「やっていること」、または、「やりたいこと」を一心不乱に頑張り、継続することにマイナスの要素は一切ありません。私のアドバイスを参考に決して諦めず。広い視野と継続で、しっかり音楽の道を歩んで頂きたく思います。
 
 
 

~音楽で食べていくとは! 3~

音楽界に飛び込み、そして仕事をしていくためには具体的な行動を起こさなければいけません。今回は特に、アーティストとしてその世界に飛び込んでいくために必要な行動について書いてみたいと思います。
 

プロモキットを作る:

プロモキットとは、自身(バンド)のプロフィール、音源、連絡先等を明記したアピール素材です。まずは、自分をアピールするためにプロモキットを常備し、それを必要とされる場面ですぐに手渡せる状況にしておかなければいけません。もし、そのチャンスと巡り合った時に作り始めるようであれば、その時点ですでに手遅れと思った方が良いでしょう。その他、レコード会社へ送付、オーディションへ送付、著名アーティストへ送付、ライブ出演のための素材など、用途は多岐に及びますので数もある程度用意しておいたほうが良いでしょう。
 

具体的な内容物:

以下に最低限、これだけは用意しておきたい物を書き出します。
1. プロフィール
自分の氏名、年齢、性別、住所、電話番号、経歴、ライブスケジュール等を書きます。内容は丁寧に、文面に気を遣い、そして必ずタイプしてください。
2.宣材写真
「宣材」とは宣伝材料の略です。「宣材」というくらいですから、写真は必ず自分をアピールできる一番良い写真を添付してください。バンドの場合は、全体写真があると尚良いです。たとえ裏方の仕事を希望しているとしても写真は必要です。なぜならば、あなたをどう扱っていくか?を決めるのは先方です。たとえ裏方希望でもその写真を見て表舞台に立たせるプロデュースをする可能性もあります。少しのチャンスでも絶対に逃さないように心掛けてください。
2. 音源
音源に関してはメディアが需要になってきます。今一番主流なのは、CD-Rです。ただし必ず白無地CD-Rを使ってください。そしてその盤に必ず、自分の氏名と連絡先を明記してください。先方がプロフィールを紛失してもその盤を見て連絡することができるからです。
 

アイディアを駆使する:

プロモキットを作ることはプロ、アマを問わずアーティストとしての常識です。ということは、ただ作っただけでは、他との差別化が図れず、膨大な数のプロモキットの中に自分のものが埋もれてしまう可能性があります。ここでは、私が出会ってきたアーティストが「いかにしてプロモキットを見てもらうか!?」のために実践しているアイディアをいくつか書き出します。
1. プロフィールの用紙は厚手で!
ある著名作詞家のプロモキットを見せてもらった時のことです。その方はプロフィールを厚手の紙で印刷していました。その理由を聞くと「薄手の紙だとそのまま丸めてポイッて捨てられてしまうけど、厚手の紙は丸められないから、結果、捨てられないんだよねえ~!」と言っていました。なるほど!ちょっとしたアイディアが人の目に止まるのだと学んだ瞬間でした。
2. 直接渡すときは透明の袋に入れる!
私が教え子に「プロモキットを作ってごらん!ただし、自分のアイディアを一つ必ず入れること!」と言いました。早速、次の日に持ってきたプロモキットは透明なビニールの袋に収められていました。「どうして透明な袋に入れたの?」と聞くと・・・「中身が見えた方が中に何が入っているか分かるし、何より見る気になるかなあと思ってやりました」と言っていました。これもなるほど!たしかに中身が見えるので私も自然と中を見てしまいました。これもチャンスを逃さない方法の一つです。
 

誰に見てもらうか?:

プロモキットを作ったら、今度はそれを誰に見てもらうか!?が焦点になります。一般的に皆さんが考えるのがレコード会社、芸能事務所、音楽事務所へ送ることだと思います。それはそれでとても重要ですのでチャレンジしてください。しかし、それだけではやはり、他との差別化は図れません。そこで考えたいのは、音楽を必要としている人や企業は、どこに存在するだろう?ということです。例えば、映画会社、広告会社、極端な話でいけば音楽イベントなどを企画する地方自治体など、発想すれば、いくらでも出てきます。「音楽=音楽」ではなく「音楽=無限の視聴者」と考えてプロモーションするのは、一つの考え方だと思います。また、レコード会社ばかりでなく、アーティストの個人事務所などへの送付も考えたいところです。大手にはその規模に準じただけの多くのプロモキットが集まるので、なかなか目に止まることがありません。しかしながら、個人事務所の場合は、規模が小さいので送られてくるプロモキットの数も意外な盲点で少ないことがあります。規模は小さくても著名アーティストであれば、音楽界への影響や力は十分にありますので可能性が広がります。
 
 
以上のように人と違う観点で物事を見れるようになれば、効果的なプロモーションは個人レベルでも十分にできると思います。第一歩を踏み出すためにも積極的に行動することが大切です。自分の音楽に自信を持って是非、行動を起こしてみてください。
 

2011年2月23日 アダチ音研代表 安達たけし

~音楽で食べていくとは! 4~

結論:音楽家を志すための本質的な努力と思慮

4回に渡って書いてきた「音楽で食べていくとは」について、ついに最終回となりました。正直、このテーマに対する明確な答えを導き出すことは難しいでしょう。しかしながら、私が思うところの結論を書くことで、多少なりとも志ある方々へプラスの影響があれば幸いです。具体的な姿勢や行動については前回までのエッセイを読んで頂き、ここでは根本的な本質について書いてみます。
 
ミュージシャンを志すという意味の本質は・・・
「それを実現するために必要な知識と技を習得、自分の求める音楽そのものを確固たる自信のもと生み出せる」ということです。
 
逆に「お金を稼ぎたい」「食べれるようになりたい」などは、ビジネス上の志であり、ミュージシャンを志すという意味での本質には成り得ません。
 
ミュージシャン像とビジネス像を切り離して考え、そして最初の衝動は常に「ミュージシャン像の探究」であることが重要です。
 
いくら「食べれるようになりたい!」と言っても、それに伴うミュージシャンとしての力が備わってなければ、それは実現不可能です。たとえ、ミュージシャンとしての力が十分に備わっていたとしても、「食べれるようになるか?」と問われれば、そこには多分に運やタイミングなどの要素が盛り込まれるため、保証はできません。ただし、ここで一つ明確に断言できることは、「ミュージシャン像の探究ができない人にビジネス像の探究は不可能である」ということです。
 
プラスのサイクルとは「ミュージシャン像→ビジネス像」の繰り返しの上に成り立ちます。決してビジネス像の探究に溺れることなく、「ミュージシャン像の探究」という土台の上にビジネスが成立しているという姿勢を忘れずに努め、励んでください。
 
 

2011年4月28日 アダチ音研代表 安達たけし

■お問合せ・お申込み

※24時間対応・12時間以内返信。メールフォームが上手く作動しない場合はinfo@guitar-todai.netまでメールでお問合せください。

フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画