HOME > 会社概要 > 方針 > ギターメンテナンス > Gibsonタイプのギター弦の交換

1.Gibsonタイプの弦交換

Gibson ES-335の弦を交換します。

2.弦交換で使用する道具

新しい弦とストリングワインダーとクロスを用意します。

3.弦を緩めて外す

まずは4~6弦を緩めましょう。
そしてストリングワインダーノカッターでナット付近で弦をカットします。


4~6弦までカットしました。
ブリッジから弦を抜き取ります。

4.掃除をする

新しい弦を張る前に、ヘッド、指板、ピックアップ、ブリッジをクロスで拭きましょう。

5.新しい弦を用意する

 

新しい弦を袋から取り出します。


弦をほどくときに、ハネて弦が刺さって怪我をしないように気を付けてください。
両手でほぐすようにしてほどきます。

6.弦を張っていく

新しい弦をブリッジから通します。


6弦を張る場合:まずペグに弦を通します。そのままのばして5弦のペグにひっかけるように折ります。


7.弦を巻いていきます

折った位置から巻き始めます。


まずは穴の上を通るように巻きます。


そして、次に穴の下を通して巻いていきます。
これで上下でロックするのでチューニングが狂いにくくなります。


5弦4弦も同様に行います。

8.最終行程

1~3弦も同様に変えます。

弦を全て張ったら、一度12フレットの位置で弦を引っ張ってあげましょう。
これにより、ペグポストに弦がしっかり巻きつくのでチューニングが狂いにくくなります。
この行程を3回ほど繰り返します。


新品の弦にも少し汚れが付いています。1~6弦をクロスで拭いて下さい。

余りの弦をカットして下さい。


最後にチューニングをしましょう。
以上で弦交換は終了です。

1.Gibsonタイプの弦交換
Gibson ES-335の弦を交換します。

2.弦交換で使用する道具
新しい弦とストリングワインダーとクロスを用意します。

3.弦を緩めて外す
まずは4~6弦を緩めましょう。
そしてストリングワインダーノカッターでナット付近で弦をカットします。

 

4~6弦までカットしました。
ブリッジから弦を抜き取ります。

4.掃除をする
 
 
 
新しい弦を張る前に、ヘッド、指板、ピックアップ、ブリッジをクロスで拭きましょう。

5.新しい弦を用意する
新しい弦を袋から取り出します。

 

弦をほどくときに、ハネて弦が刺さって怪我をしないように気を付けてください。
両手でほぐすようにしてほどきます。

6.弦を張っていく
新しい弦をブリッジから通します。

 

6弦を張る場合:まずペグに弦を通します。そのままのばして5弦のペグにひっかけるように折ります。

 


7.弦を巻いていきます
 
折った位置から巻き始めます。

 

 
まずは穴の上を通るように巻きます。

 

 
そして、次に穴の下を通して巻いていきます。
これで上下でロックするのでチューニングが狂いにくくなります。

 

 
5弦4弦も同様に行います。

8.最終行程
1~3弦も同様に変えます。
弦を全て張ったら、一度12フレットの位置で弦を引っ張ってあげましょう。
これにより、ペグポストに弦がしっかり巻きつくのでチューニングが狂いにくくなります。
この行程を3回ほど繰り返します。

 

新品の弦にも少し汚れが付いています。1~6弦をクロスで拭いて下さい。
余りの弦をカットして下さい。

 

最後にチューニングをしましょう。
以上で弦交換は終了です。

■お問合せ・お申込み

※24時間対応・12時間以内返信。メールフォームが上手く作動しない場合はinfo@guitar-todai.netまでメールでお問合せください。

お問合せ・お申込み
 
年中無休・24時間受付・12時間以内返信
 
 
年中無休・朝9時から夜19時まで受付
フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画