アコースティックギター

HOME > 会社概要 > 方針 > 楽器・機材 > アコースティックギター

■Taylor 814-ce

数々のアーティスト、スタジオミュージシャンが使用するテイラーのフラッグシップモデル。気持ちの良い生音とライン出力でも十分使える音がする上に、様々な環境下でも安定した音を出せるのが特徴のブランドギターです。 

 
Taylor 814-ce

 
数々のアーティスト、スタジオミュージシャンが使用するテイラーのフラッグシップモデル。気持ちの良い生音とライン出力でも十分使える音がする上に、様々な環境下でも安定した音を出せるのが特徴のブランドギターです。 

■K.Yairi WY-1

本来生音の音量が小さくなってしまうのがエレアコですが、WY-1はエレアコでありながら生音がとてもしっかりしております。低音から高音までバランスが良いギターで、国内アーティストだけでなく、海外の著名アーティストもステージで頻繁に使われているほど信頼のおけるギターです。

 
 
K.Yairi WY-1

 
本来生音の音量が小さくなってしまうのがエレアコですが、WY-1はエレアコでありながら生音がとてもしっかりしております。低音から高音までバランスが良いギターで、国内アーティストだけでなく、海外の著名アーティストもステージで頻繁に使われているほど信頼のおけるギターです。

■Taylor NS32ce

従来のクラシックギターとは違い、NS32ceはネックが細く、指板は丸みのある角度(アール)をつけていることで、普段エレクトリックギターに弾きなれている方でも弾き心地に違和感のない作りになっています。トップはスプルース、サイドとバックはマホガニーです。音質も粒立ちの良いギターです。

 
Taylor NS32ce

 
従来のクラシックギターとは違い、NS32ceはネックが細く、指板は丸みのある角度(アール)をつけていることで、普段エレクトリックギターに弾きなれている方でも弾き心地に違和感のない作りになっています。トップはスプルース、サイドとバックはマホガニーです。音質も粒立ちの良いギターです。

■Antonio Lopez Professional

スペインのマドリッドの工房にて製作されているアントニオ・ロペスの2007年製のクラシックギター。トップはスプルース、サイドとバックはローズウッドで作られていることで音色は艶やかで力強く、6弦から1弦までバランス良く鳴り響くギターです。

 
Antonio Lopez Professional

 
スペインのマドリッドの工房にて製作されているアントニオ・ロペスの2007年製のクラシックギター。トップはスプルース、サイドとバックはローズウッドで作られていることで音色は艶やかで力強く、6弦から1弦までバランス良く鳴り響くギターです。

■K.Yairi YD-50

トップはスプルース単板、サイドとバックはマホガニーの1989年製のK.Yairi。GibsonのJ-50を意識したモデルです。響きのまとまりを保ちながら、1弦から6弦までバランス良く鳴なりますのでジャンルを問わずオールマイティに使えます。
※低めの弦高に設定しておりますので、押さえやすい調整にしております。

 
K.Yairi YD-50

 
トップはスプルース単板、サイドとバックはマホガニーの1989年製のK.Yairi。GibsonのJ-50を意識したモデルです。響きのまとまりを保ちながら、1弦から6弦までバランス良く鳴なりますのでジャンルを問わずオールマイティに使えます。
※低めの弦高に設定しておりますので、押さえやすい調整にしております。

■Morris W-60

根強いファンが多く、フォークソング全盛期の日本のアコースティックギター代表格であるMorris。その中でも高級機種であったW-60です。トップはスプルース、サイドとバックは合板ながら現在では希少性の高さから高額な取引がされているハカランダ材(3ピース)を使用。MartinのD-45を彷彿とさせるインレイや縦ロゴが施されたモデルです。
※低めの弦高に設定しておりますので、押さえやすい調整にしております。

 
Morris W-60

 
根強いファンが多く、フォークソング全盛期の日本のアコースティックギター代表格であるMorris。その中でも高級機種であったW-60です。トップはスプルース、サイドとバックは合板ながら現在では希少性の高さから高額な取引がされているハカランダ材(3ピース)を使用。MartinのD-45を彷彿とさせるインレイや縦ロゴが施されたモデルです。
※低めの弦高に設定しておりますので、押さえやすい調整にしております。

■YAMAHA FG251B

日本製のギターの中でも定評のある年代に生産されていたモデルで、現在ではJapan Vintageのギターです。古き良き国産ドレッドノートタイプ(Martin Dシリーズのボディーサイズ)の深みのある70年代アコースティックサウンドが特徴です。

 
YAMAHA FG251B

 
日本製のギターの中でも定評のある年代に生産されていたモデルで、現在ではJapan Vintageのギターです。古き良き国産ドレッドノートタイプ(Martin Dシリーズのボディーサイズ)の深みのある70年代アコースティックサウンドが特徴です。

■YAMAHA CPX500Ⅲ

YAMAHAのエントリーモデルの定番ギターです。ボディサイズはミディアムジャンボボディ。高音、中音、低音にクセがなく、バランスの良い音がします。

 
YAMAHA CPX500Ⅲ

 
YAMAHAのエントリーモデルの定番ギターです。ボディサイズはミディアムジャンボボディ。高音、中音、低音にクセがなく、バランスの良い音がします。

■お問合せ・お申込み

※24時間対応・12時間以内返信。メールフォームが上手く作動しない場合はinfo@guitar-todai.netまでメールでお問合せください。

お問合せ・お申込み
 
年中無休・24時間受付・12時間以内返信
 
 
年中無休・朝9時から夜19時まで受付
フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画