HOME > コラム > ギターの悩み解決

「ギターの悩み」解決!…コードを押さえても綺麗に鳴らない

初心者の皆さんが一番最初に当たる壁として、FBのようなコードのとき、「押さえてるのに音が鳴らない」ということがよくあります。
 
こちらのお悩みを紐解いていきましょう。
 
原因1:押さえている指が隣の弦に触れている
まず考えられる原因は、押さえている指が他の弦に触れてしまっていることです。
当然その弦はミュート状態になるため音は鳴りません。そんな時はどの指が触れてしまっているのかをまず確認してください。
確認方法としては、コードを押さえている状態で、6弦(場合によっては5弦)から一本一本弾いてどの弦が鳴っていないかを確認し、次に他の指がどんな風に触れているのかを見てください。
 
原因2:指が寝ている
2~3本の弦を押さえているときも同様ですが、ほとんどの原因が「指がペタッと寝ているために音が鳴らない…」という状況です。
単音でもコードでも指を立てることを意識し、さらにフレットに指が触れていないかも注意しましょう。場合によっては爪を切ることをお勧めします。
 
原因3:フレット内の押さえる位置
フレット内で押さえる位置によって、大幅に音がずれることはないですが、場所によっては「ビビり」「カツっ」といった音が出てしまいます。
しっかりとフレットの中心近く、もしくは中心とフレットの間を押さえる意識を付けるのが良いでしょう。
 
その他弾けるための対策案:ストレッチ的問題
上記以外での原因として、ただ単に指が固く、開かない、立てられないといったこともあります。
準備運動でしっかりとストレッチなどをして練習に入るのが望ましいです。
それでも指が固いというならば、日ごろから移動時でもできる指の体操や握力強化をしていくのが良いでしょう。
 

コードなどの和音でバッキング程度では少し音が鳴らない弦があってもある程度誤魔化しは効くかと思いますが、クリーンサウンドの単音やアルペジオなどの奏法時は要注意です。
しっかりとしたサウンドでメロディーを出さなければならないため、よく練習する必要があります。
 
これもしつこくなりますが、日ごろの積み重ねで結果はついてきます。
ぜひ「楽しめる演奏」をするために練習や鍛錬を15分でもいいので、何を鍛えるか、テーマを決めて続けていきましょう!


ペンタトニック・スケールの練習方法

 
エレキギターでよく使われているスケールに、ペンタトニック・スケールがあります。ペンタトニック。スケールとは、1オクターブのうち、5つの音で構成された音階のことです。ロックのギターソロやアドリブを弾くために便利なスケールです。
 
ここでは、ギターをはじめたら覚えておきたい、ペンタトニック・スケールとコードの関係や練習方法について説明します。
 
ペンタトニック・スケールとは?

冒頭でも述べたように、5音で構成されている音階をペンタトニック・スケールと言います。ペンタトニック・スケールにはメジャースケールとマイナースケールがあり、「ドレミファソラシド」からファとシを抜いた「ドレミソラド」の5音がメジャーペンタトニック・スケールです。
 
一方、マイナースケールは「ラ」を基準にしており、「ラシドレミファソラ」という順番に変わります。そこからファとシを抜いた、「ラドレミソラ」の5音がマイナーペンタトニック・スケールになります。
 
ペンタトニック・スケールとコードの関係

メジャースケールからコードを作るには、メジャースケールの各音を軸に、3度積みの方法で音を積み上げます。こうして作られたコードをダイアトニックコードと呼びます。
 
ダイアトニックコードで作られたコード進行上では、メジャースケールでメロディが作られたり、ギターソロを弾いたりすることが可能です。
 
またメジャーペンタトニック・スケールについてもメジャースケールから5つの音を抜粋して作られていることから、ダイアトニックコードで作られたコード進行上で使用することが可能です。
 
ペンタトニック・スケールの練習方法

ペンタトニック・スケールを練習する際、初めからすべてを暗記する必要はありません。ギターのスケールはブロックごとにポジションを分けることができるので、まずは1つのポジションを覚えて演奏してみましょう。
 
Aマイナーペンタトニック・スケールを、1ポジションで弾いてみます。5フレットから8フレットの間のポジションは、最初に覚えやすいブロックです。ルート音から始めて、1オクターブ分を練習してみましょう。
 
徐々に慣れてきたら、バンドのメロディ以外の伴奏パートに合わせて演奏するとより上達しやすくなります。
 
おわりに
明るい・暗いといった音の雰囲気を表現してみたいのであれば、ペンタトニック・スケールを覚えてみましょう。
 
音楽理論を覚えられるだけではなく、自分らしい多彩な演奏をするための入口となります。何度も練習することで基礎や表現力が上がり、レパートリーも広がっていきます。
 
ぜひ、毎日のギター練習に加えてみてください。


初心者が行うべきギターの練習方法は?

 
好きな曲を弾けるようになりたくて、ギターを始める方は多いでしょう。ただ、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。まずは、ドレミファソラシドを弾くことからはじめてみましょう。ドレミファソラシドとは別途、半音階で移動をするクロマチック移動もギターコードを押さえるときの指のストレッチとして最適ですので、こちらも合わせてはじめてみましょう。
 
ここでは、ドレミファソラシドやクロマチック移動の練習方法についてお話します。
 
 
ドレミファソラシドを弾いてみよう

ギターの音色をドレミファソラシドで楽しんでみましょう。ドレミごとに押さえるポジションと指が決まっています。フレットのポジションを左で押さえ、右で弦を弾いてみましょう。
※右利き用のギターを使用の場合
 
ダウンピッキングといって、6弦から1弦のいずれかの弦を下に向けてピッキングします。最初はゆっくりで構いません。少しずつ指を覚えて、ギターでスムーズにドレミファソラシドを弾けるようになりましょう。
 
慣れてきたら、もう一つの2オクターブまであるドレミファソラシドのポジションも覚えてみてください。指の動かし方や音感を鍛える練習になります。
 
 
クロマチックの縦移動を練習しよう

クロマチックとは、ドレミファソラシドの中での半音を含むすべての音階のことをいいます。方法は、6弦の1フレットから4フレットまでを人差し指、中指、薬指、小指で順番に押さえます。
 
6弦から1弦に順番に指を移動させ、4本指で音階を上っていきます。指は立てるようにフレットに触れて、しっかりと押さえるのがコツです。親指はギターネックの真ん中あたりに添えます。
 
指の幅は一定で、なるべく同じ位置で縦に移動させましょう。左で順番に縦移動して押さえながら、右はダウンピッキングします。1弦までいったら6弦まで戻ります。
※右利き用のギターを使用の場合
 
 
クロマチックの横移動を練習しよう

続いてクロマチックの横移動の練習方法です。
 
クロマチック縦移動の上り下りが終わったら、4本指で押さえる位置を1フレットから2フレットにスムーズに横移動します。縦移動しながら、2フレットから3フレットと順番に横移動を進めましょう。
 
手が小さい人は、押さえやすい5フレットスタートでも構いません。手の形状を安定させたまま、横に動かします。押さえた瞬間にピッキングするのがコツです。リズムよく練習するために、メトロノームに合わせるのがおすすめです。
 
 
おわりに
ギターで練習したい曲がないときは、ドレミファソラシドやクロマチック移動でウォーミングアップをしてみましょう。始めたばかりで音が安定していないときは、スムーズに音を出す練習として効果的といえます。
 
ギターフレットの位置を覚えて指を動かすこと、正確なピッキングといった基礎練習を大切にしてください。少しずつメトロノームのリズムにも慣れ、ギター上達を目指しましょう。


ギターを弾く正しい姿勢とは

 
ギターのレッスンを始めるときに、最初に意識したほうがよいのは弾く姿勢です。演奏はスポーツと似ていて、練習時に姿勢に気をつけることで、フォームのかっこよさだけではなく、安定した演奏といったパフォーマンスすべてに効果がでてきます。コードやテクニックを覚えるのと同じように、安定した正しい姿勢を習得することが上達につながります。
 
ここでは、ギター練習の姿勢で気をつけるべきポイントについてお話します。
 
姿勢が悪いと体にも負担がかかります!

初心者の場合、椅子に座って弾くことをおすすめします。下向きに加減にならないために、できれば譜面台を使って練習しましょう。床やベッドの上などであぐらをかいて座る、脚を組んで弾くなどは、姿勢が歪む原因になるため、控えたほうが良いです。
 
安定した太ももの位置にギターのくぼみを乗せて、体に引きよせます。安定したリラックスした姿勢を探して、猫背にならないように背筋を伸ばします。体へ負担がかかり腰痛にならないためにも、悪い姿勢で練習しないようにしましょう。
 
頭の位置や腕の位置を把握しよう

頭や腕の位置を把握して、背筋を伸ばします。頭の位置は、腰の骨盤の真上ぐらいに持ってくるのがよいでしょう。ポイントは、指先を覗きこんで前かがみにならないことです。
 
ストロークするときの腕の位置は、ストロークする方の腕をギター本体の上に乗せ、ギターと平行になるように動かします。いい音を出すには、ストロークの軌道を作り、コードを押さえる方の腕は肘をほとんど開けないことがポイントです。
 
また、ピックの入り方が安定させるためにも、この状態でも猫背になっていないか気をつけましょう。
 
指の力を抜こう

フレットを押さえるときは、無駄な力を抜きます。力を入れずにフレットを押さえることがポイントです。肘が開くと指を動かしにくくなるため、フレットを押さえるときは重力にまかせて力を抜くことがポイントです。
 
 
特に親指に力を入れすぎると手首周辺が固まりやすく、体が力んでしまいます。指先だけなく、腕全体を使ってコードを押さえましょう。慣れてきたら、腕だけではなく、肩まわりの鎖骨や肩甲骨、背骨というように上半身全体でギターを鳴らすことを意識してみてください。
 
おわりに
ギターの練習を継続するためには、最初に安定した正しいフォームを習得しておくことが大切です。長時間練習で腰痛や腱鞘炎になる人は少なくありません。自然に背筋を伸ばし、頭や腕の位置を把握してギターを持ちましょう。
 
力を抜いてフレットを押さえられるように、指の形にも意識してください。後からフォームを矯正するのは意外に難しいです。早めに安定した正しい姿勢を見つけて、ギター上達を目指しましょう。


意外と長い!これまでのギターの歴史を振り返る

 

ギターはあらゆる音楽の場面で使用され、一番目にすることも多いといっていいほど非常にメジャーな楽器です。現在は弾いていなくても、一度は触ったことがあるという方も非常に多いのではないでしょうか。

祖先のものから考えると、非常に長い歴史を持ち、その用途や音色によって様々な種類があり、それぞれに発展の歴史があります。今回はどのような歴史を踏んで、現在の姿があるのか、種類ごとの歴史も含めてお話していきます。
 
ギターの誕生と発展
ギターの祖先はと言われていて、紀元前3700年頃から類似した楽器が存在し、弓のような弦を共鳴させる為に、世界各国で様々な方法がとられていました。原型となったのは共鳴箱をつけて音を出すタイプのリュートといわれています。ギリシャ時代になると、共鳴部分が板で組み立てられ、ブリッジを持つようになりました。

その後、ヨーロッパにリュートが伝わり、スペインでビウエラという楽器に変化します。そこから、スペイン舞踊に使用されるようになりギターへと進化しました。その後、ネックと指板が付けられて、音色が更によくなり、ギア式の弦巻きが付いたことで音量も増して行きます。
 
このような進化を遂げ、メジャーな楽器へと成長したのです。
 
クラシックギターの歴史

ナイロン製の弦を使用し、横板と裏板に黒や褐色など色の濃い材料を使用したものを一般的にはクラシックギターと呼んでいます。クラシックと名前は付いていますが、特にクラシック音楽のために使用されるわけではありません。

電子回路は組み込んでおらず、形状としてはフラメンコに使用されるものとほぼ同じです。音色の特徴としては、重厚で音の伸びがよいことが挙げられます。

19
世紀後半に、アントニオ・デ・トーレスによってこれまでのものよりも音量を増加させる為に工夫をし、様々なアイデアを駆使して完成しました。その後フランシスコ・タルレガが、トーレスの製作したもの愛用したことで人気が高まり、世界中に広まりました。
 
 
エレキギターの歴史

エレキギターは、ロック、ポップス等、ジャンルを問わず様々な音楽で活躍しています。他の楽器に比べると歴史は浅く、1932年にリッケンバッカーが発売した「フライングパン」と、他社で制作したボディにピックアップを付けたものが世界初のエレキと考えられています。

エレキは音量がしっかりしており、アンプを使用して音を増幅させるので他の楽器とのバランスも取りやすい楽器となっています。ギターは当初、音が弱く、マニアックな層にしか評価されていないものでしたが、ピックアップが付いたことで人気が高まり、バンド演奏などで重宝されるようになりました。
 
おわりに
ギターは現在、非常にメジャーで人気のある楽器となっていますが、当初は他の楽器に比べて人気のあるものではありませんでした。しかし、様々な試行錯誤と工夫を重ねてデメリットを改善していったことで徐々に人気が出てきて、音楽に欠かせない楽器となりました。

その用途によって、種類を使い分けることができるのが大きな魅力と言えるでしょう。歴史を知っておけば、練習にもより面白味を見出せるのではないでしょうか。


これで長持ち!ギターの取り扱い方とメンテナンス方法

あなたのギター、きちんとメンテナンスされていますか?きれいに奏でるためには、自分自身の演奏技術の向上に励むことが大切です。しかし、楽器自身が持っている美しい音をどれだけ引き出せるかという部分も大事にしなければなりません。

メンテナンスされていないギターでは、どんなに上手な方が弾いたとしても、良い演奏はできません。きちんとしたメンテナンスをすることでより良い演奏をすることが可能になります。では、本来の美しい音を引き出すためのメンテナンスとはどのようなものなのでしょうか。正しい取り扱い方法とあわせてお話いたします。
 
ギターの最大の敵とは?

ギターにとってもっとも避けておくべきものは熱と湿度です。熱や湿度の多いところに保管すると、ボディが割れてしまったり、ヒビが入ったりすることがあります。ひどい場合は接着剤が溶け出して分解してしまったり、ネックの部分が曲がってしまったりもします。弦も熱と湿気に弱いので、切れてしまうことがあるかもしれません。

特に暑い夏の日に、車のトランクに入れっぱなしにしたり、直射日光にあてたりするのは危険です。まずは、熱のこもらない場所で保管するようにしましょう。湿度を避ける方法としては、弾き終わったら必ずケースに入れることで、可能であれば除湿剤を入れておくとより効果的です。
 
ギター演奏後のメンテナンス方法は?

演奏が終わったら、必ずギターをお手入れする必要があります。日常的には、柔らかい布やスポンジなどを使用し、傷がつかないようにして手垢や、手の油を拭きとりましょう。本体はもちろん、ヘッドの部分や弦も拭くようにします。

レモンオイルを用いると汚れがきれいに落ち、乾燥を防いでくれるのでおすすめです。もし、ギターの細かい部分もきれいにしたい場合は、エアダスターを使って吹き飛ばしてあげると良いでしょう。

メンテナンスを怠ってしまうと、皮脂やホコリによってすぐに傷んでしまいます。汚れをきちんとふき取り、熱と湿度を避けて保管するようにしましょう。
 
ギターのお手入れに必要なアイテムとは?
ギターのお手入れに使用するアイテムは、様々な種類があります。必ずもっておきたいものとしてはクロスがあります。似たような素材のものがあればそれで代用しても構いませんが、拭き取り用の柔らかい布は必ず持っておきたいものです。

ボディのひどい汚れを取りたいときはポリッシュを使用します。ただ、ボディの素材によって種類が変わってくるので注意してください。弦には潤滑剤やクリーナーを使用すると、よりきれいな状態を保つことができますし、指板にはオイルをつけて保湿をすると乾燥を防ぐことができます。

その他にも、配線に使用するハンダごてや、チューニングで使用するためのチューナー、弦の交換に必要なニッパーなども場合によっては必要になってきます。
 
おわりに

愛用しているギターをできるだけ長く良い状態で維持するためには、こまめなメンテナンスが非常に重要です。毎日ポリッシュで磨いたり、オイルを塗ったりすることは手間がかかりますが、クロスで拭きとることは時間もかかりませんし、そこまで負担がかかる作業ではないと思われます。

日常的にきちんとお手入れをしておけば汚れがたまることもありませんし、傷みも少なくなります。演奏後には、愛情を持ってお手入れをするようにしましょう。


ギター初心者必見!まずはチューニングと押さえ方をマスターしよう

ギターを始めようとした時、まず一番の難関となるのはチューニングの仕方とコードの押さえ方を覚えることではないでしょうか。チューニングがきちんとできていなければ弾くことはできませんし、音を奏でるには押さえ方を全て覚えることが必要になります。


ここでは、基本的なこといっても、難しく感じる人が多いチューニングの仕方と、コードの押さえ方をお話しします。しっかりと身につけていきましょう。
 
まずはギターの各名称を覚えよう

ギターを始める前に、まず各部分の名称を覚えましょう。まず弦が張られた部分をネックと言います。そしてネックの表面側を指板、またはフィンガーボードと言い、この部分の材質や塗装の仕方によって感覚や音にも違いがあります。ネックの一番先の部分はヘッドと言い、弦を巻き付けてチューニングを行うためのペグが付いています。

その他にも、胴体部分であるボディやネックとボディを繋ぐネックジョイントなど全ての部分に名前が付いているのです。弾くときだけでなく、メンテナンス時にも必要になるので始めにしっかりと覚えるようにしましょう。
 
ギターのチューニング方法は?

ギターを弾く前に必ず行う「チューニング」とは、弦を1本ずつ正しい音程に合わせることを言います。ペグを締めると弦が強く張り、音が高くなるのに対し、緩めると張りが弱くなり、音は低くなります。チューニングで音を合わせるためには、チューナーや音叉を使います。チューナーはマイクで拾った音を測定し、正しい音程との違いを測るものです。

音叉は、U字の部分を振動させてラの音を鳴らす道具です。その音と、自分のギターの弦で鳴らした音とをペグで回しながらチューニングをしていきます。始めは難しく感じるかもしれませんが、こまめにしなければいけないことですのでしっかりと行いましょう。
 
ギターコードの正しい押さえ方とは?

ギターを弾く時は、正確にコードを押さえるために必ずコードを押さえる手の指の爪を切っておきます。ポイントとしては、フレットに近い部分を押さえること、可能な限り指を立てて押さえること、手の平はくっつけずに浮かせることです。

指が寝た状態だと、高音側の弦に触れてしまい、音が詰まってしまいます。押さえ方に関しては、音が正しく鳴っていればそれでいいという考え方もありますが、基本的にはやはりコードが押さえやすく、演奏しやすいです。慣れるまでは、コードフォームに従って弾くように心がけましょう。
 
おわりに
ギターを上手に弾きこなすためには、チューニングとコードの押さえ方をマスターしておくことが先決です。基本的な部分ではありますが、複雑で決して簡単なものではありません。ここでつまずいてギターに苦手意識を持ってしまったり、辞めてしまう人が居たりするのも事実です。

しかし、ここさえクリアできれば、あとは弾くことを重ねて慣れるだけです。諦めずに挑戦してみてください。


ギター購入時に迷っているあなたへ、お勧めギターメーカー3選! 

どんなプレイにどんなギターが必要か・・・
決して安い買い物ではないですからね。迷って当然です。
では今どんなメーカーのギターが人気かを見ていきましょう。
 
 
1、Paul Reed Smith(ポールリードスミス)

 

現在活躍中の日本の人気ロックバンド「UVERworld」「ONE OK ROCK」のギタリストがこのメーカーのギターを愛用していらっしゃいます。
それにあこがれて若い世代でもPRSを持っていることが一つのトレンドにもなっているようです。
エレキギターの二大巨頭であるGibsonFenderのそれぞれのいいところを合わせ、見た目もこだわり抜き、かつ洗練された高級感が特徴です。
一本持っていれば間違いなくオールラウンダーなプレイを魅せることができるでしょう。
 
2、Gibson(ギブソン)

特にギブソンのレスポールは言わずとしれたギターの王様といっても過言ではないでしょう。
親から譲り受けたギターがギブソンのレスポールでしたという、うらやましい話もあるくらい、手入れと、物によっては一生ものにできるギターです。
 
1952年以降、半世紀以上もの間世界中のミュージシャンから愛され、世界3大ギタリストのジミーペイジ、日本では「B’z」の松本孝弘さんが愛用者で有名ですね。
 
3、Fender(フェンダー)

二大巨頭のもう一つを担っているフェンダー。すべてにおいて超万能ギターといわれているストラトキャスターが有名ですね。
ファーストギターとしてこのギターを買った方がかなり多いのではないでしょうか?
 
エレキギターの神様と呼ばれるジミ・ヘンドリックスがこよなく愛したのもこのギターです。
 
いかがでしたか?
まずは3つのみんながあこがれるギターメーカーを紹介いたしました。
もちろんこれらのギターのほかにも素晴らしいギターは数多くあります。
今回はあくまで初めてギターを買う方たちへ一つのきっかけを与えられたらと考えております。
 
ギタリストだけでなく、楽器に迷っているのであれば、自分が好きなアーティストが、どこのメーカーの、どのタイプの楽器を使っているか、どんな音を出すためにどんなことをしているのか、徹底的に調べてみましょう。
 
最初に買うギターは、例え誰から何を言われても、自分が気に入った見た目と音がある楽器を買い、それを使いこなせれば、自分の自信につながり、誰もが認めるアーティストに近づくことができるでしょう。
 
自分の力で買ったファーストギターは一生忘れることはありません。
できれば一生付き合っていけるような相棒を見つけましょう。

「ギターの悩み」解決!…コードを押さえても綺麗に鳴らない

初心者の皆さんが一番最初に当たる壁として、FやBのようなコードのとき、「押さえてるのに音が鳴らない」ということがよくあります。
 
こちらのお悩みを紐解いていきましょう。
 
原因1:押さえている指が隣の弦に触れている
まず考えられる原因は、押さえている指が他の弦に触れてしまっていることです。
当然その弦はミュート状態になるため音は鳴りません。そんな時はどの指が触れてしまっているのかをまず確認してください。
確認方法としては、コードを押さえている状態で、6弦(場合によっては5弦)から一本一本弾いてどの弦が鳴っていないかを確認し、次に他の指がどんな風に触れているのかを見てください。
 
原因2:指が寝ている
2~3本の弦を押さえているときも同様ですが、ほとんどの原因が「指がペタッと寝ているために音が鳴らない…」という状況です。
単音でもコードでも指を立てることを意識し、さらにフレットに指が触れていないかも注意しましょう。場合によっては爪を切ることをお勧めします。
 
原因3:フレット内の押さえる位置
フレット内で押さえる位置によって、大幅に音がずれることはないですが、場所によっては「ビビり」「カツっ」といった音が出てしまいます。
しっかりとフレットの中心近く、もしくは中心とフレットの間を押さえる意識を付けるのが良いでしょう。
 
その他弾けるための対策案:ストレッチ的問題
上記以外での原因として、ただ単に指が固く、開かない、立てられないといったこともあります。
準備運動でしっかりとストレッチなどをして練習に入るのが望ましいです。
それでも指が固いというならば、日ごろから移動時でもできる指の体操や握力強化をしていくのが良いでしょう。
 

コードなどの和音でバッキング程度では少し音が鳴らない弦があってもある程度誤魔化しは効くかと思いますが、クリーンサウンドの単音やアルペジオなどの奏法時は要注意です。
しっかりとしたサウンドでメロディーを出さなければならないため、よく練習する必要があります。
 
これもしつこくなりますが、日ごろの積み重ねで結果はついてきます。
ぜひ「楽しめる演奏」をするために練習や鍛錬を1日5分でもいいので、何を鍛えるか、テーマを決めて続けていきましょう!


ペンタトニック・スケールの練習方法 

エレキギターでよく使われているスケールに、ペンタトニック・スケールがあります。ペンタトニック。スケールとは、1オクターブのうち、5つの音で構成された音階のことです。ロックのギターソロやアドリブを弾くために便利なスケールです。
 
ここでは、ギターをはじめたら覚えておきたい、ペンタトニック・スケールとコードの関係や練習方法について説明します。
 
ペンタトニック・スケールとは?

冒頭でも述べたように、5音で構成されている音階をペンタトニック・スケールと言います。ペンタトニック・スケールにはメジャースケールとマイナースケールがあり、「ドレミファソラシド」からファとシを抜いた「ドレミソラド」の5音がメジャーペンタトニック・スケールです。
 
一方、マイナースケールは「ラ」を基準にしており、「ラシドレミファソラ」という順番に変わります。そこからファとシを抜いた、「ラドレミソラ」の5音がマイナーペンタトニック・スケールになります。
 
ペンタトニック・スケールとコードの関係

メジャースケールからコードを作るには、メジャースケールの各音を軸に、3度積みの方法で音を積み上げます。こうして作られたコードをダイアトニックコードと呼びます。
 
ダイアトニックコードで作られたコード進行上では、メジャースケールでメロディが作られたり、ギターソロを弾いたりすることが可能です。
 
またメジャーペンタトニック・スケールについてもメジャースケールから5つの音を抜粋して作られていることから、ダイアトニックコードで作られたコード進行上で使用することが可能です。
 
ペンタトニック・スケールの練習方法

ペンタトニック・スケールを練習する際、初めからすべてを暗記する必要はありません。ギターのスケールはブロックごとにポジションを分けることができるので、まずは1つのポジションを覚えて演奏してみましょう。
 
Aマイナーペンタトニック・スケールを、1ポジションで弾いてみます。5フレットから8フレットの間のポジションは、最初に覚えやすいブロックです。ルート音から始めて、1オクターブ分を練習してみましょう。
 
徐々に慣れてきたら、バンドのメロディ以外の伴奏パートに合わせて演奏するとより上達しやすくなります。
 
おわりに
明るい・暗いといった音の雰囲気を表現してみたいのであれば、ペンタトニック・スケールを覚えてみましょう。
 
音楽理論を覚えられるだけではなく、自分らしい多彩な演奏をするための入口となります。何度も練習することで基礎や表現力が上がり、レパートリーも広がっていきます。
 
ぜひ、毎日のギター練習に加えてみてください。


初心者が行うべきギターの練習方法は?

 
好きな曲を弾けるようになりたくて、ギターを始める方は多いでしょう。ただ、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。まずは、ドレミファソラシドを弾くことからはじめてみましょう。ドレミファソラシドとは別途、半音階で移動をするクロマチック移動もギターコードを押さえるときの指のストレッチとして最適ですので、こちらも合わせてはじめてみましょう。
 
ここでは、ドレミファソラシドやクロマチック移動の練習方法についてお話します。
 
 
ドレミファソラシドを弾いてみよう

ギターの音色をドレミファソラシドで楽しんでみましょう。ドレミごとに押さえるポジションと指が決まっています。フレットのポジションを左で押さえ、右で弦を弾いてみましょう。
※右利き用のギターを使用の場合
 
ダウンピッキングといって、6弦から1弦のいずれかの弦を下に向けてピッキングします。最初はゆっくりで構いません。少しずつ指を覚えて、ギターでスムーズにドレミファソラシドを弾けるようになりましょう。
 
慣れてきたら、もう一つの2オクターブまであるドレミファソラシドのポジションも覚えてみてください。指の動かし方や音感を鍛える練習になります。
 
 
クロマチックの縦移動を練習しよう

クロマチックとは、ドレミファソラシドの中での半音を含むすべての音階のことをいいます。方法は、6弦の1フレットから4フレットまでを人差し指、中指、薬指、小指で順番に押さえます。
 
6弦から1弦に順番に指を移動させ、4本指で音階を上っていきます。指は立てるようにフレットに触れて、しっかりと押さえるのがコツです。親指はギターネックの真ん中あたりに添えます。
 
指の幅は一定で、なるべく同じ位置で縦に移動させましょう。左で順番に縦移動して押さえながら、右はダウンピッキングします。1弦までいったら6弦まで戻ります。
※右利き用のギターを使用の場合
 
 
クロマチックの横移動を練習しよう

続いてクロマチックの横移動の練習方法です。
 
クロマチック縦移動の上り下りが終わったら、4本指で押さえる位置を1フレットから2フレットにスムーズに横移動します。縦移動しながら、2フレットから3フレットと順番に横移動を進めましょう。
 
手が小さい人は、押さえやすい5フレットスタートでも構いません。手の形状を安定させたまま、横に動かします。押さえた瞬間にピッキングするのがコツです。リズムよく練習するために、メトロノームに合わせるのがおすすめです。
 
 
おわりに
ギターで練習したい曲がないときは、ドレミファソラシドやクロマチック移動でウォーミングアップをしてみましょう。始めたばかりで音が安定していないときは、スムーズに音を出す練習として効果的といえます。
 
ギターフレットの位置を覚えて指を動かすこと、正確なピッキングといった基礎練習を大切にしてください。少しずつメトロノームのリズムにも慣れ、ギター上達を目指しましょう。


ギターを弾く正しい姿勢とは

 
ギターのレッスンを始めるときに、最初に意識したほうがよいのは弾く姿勢です。演奏はスポーツと似ていて、練習時に姿勢に気をつけることで、フォームのかっこよさだけではなく、安定した演奏といったパフォーマンスすべてに効果がでてきます。コードやテクニックを覚えるのと同じように、安定した正しい姿勢を習得することが上達につながります。
 
ここでは、ギター練習の姿勢で気をつけるべきポイントについてお話します。
 
姿勢が悪いと体にも負担がかかります!

初心者の場合、椅子に座って弾くことをおすすめします。下向きに加減にならないために、できれば譜面台を使って練習しましょう。床やベッドの上などであぐらをかいて座る、脚を組んで弾くなどは、姿勢が歪む原因になるため、控えたほうが良いです。
 
安定した太ももの位置にギターのくぼみを乗せて、体に引きよせます。安定したリラックスした姿勢を探して、猫背にならないように背筋を伸ばします。体へ負担がかかり腰痛にならないためにも、悪い姿勢で練習しないようにしましょう。
 
頭の位置や腕の位置を把握しよう

頭や腕の位置を把握して、背筋を伸ばします。頭の位置は、腰の骨盤の真上ぐらいに持ってくるのがよいでしょう。ポイントは、指先を覗きこんで前かがみにならないことです。
 
ストロークするときの腕の位置は、ストロークする方の腕をギター本体の上に乗せ、ギターと平行になるように動かします。いい音を出すには、ストロークの軌道を作り、コードを押さえる方の腕は肘をほとんど開けないことがポイントです。
 
また、ピックの入り方が安定させるためにも、この状態でも猫背になっていないか気をつけましょう。
 
指の力を抜こう

フレットを押さえるときは、無駄な力を抜きます。力を入れずにフレットを押さえることがポイントです。肘が開くと指を動かしにくくなるため、フレットを押さえるときは重力にまかせて力を抜くことがポイントです。
 
 
特に親指に力を入れすぎると手首周辺が固まりやすく、体が力んでしまいます。指先だけなく、腕全体を使ってコードを押さえましょう。慣れてきたら、腕だけではなく、肩まわりの鎖骨や肩甲骨、背骨というように上半身全体でギターを鳴らすことを意識してみてください。
 
おわりに
ギターの練習を継続するためには、最初に安定した正しいフォームを習得しておくことが大切です。長時間練習で腰痛や腱鞘炎になる人は少なくありません。自然に背筋を伸ばし、頭や腕の位置を把握してギターを持ちましょう。
 
力を抜いてフレットを押さえられるように、指の形にも意識してください。後からフォームを矯正するのは意外に難しいです。早めに安定した正しい姿勢を見つけて、ギター上達を目指しましょう。


意外と長い!これまでのギターの歴史を振り返る

ギターはあらゆる音楽の場面で使用され、一番目にすることも多いといっていいほど非常にメジャーな楽器です。現在は弾いていなくても、一度は触ったことがあるという方も非常に多いのではないでしょうか。

祖先のものから考えると、非常に長い歴史を持ち、その用途や音色によって様々な種類があり、それぞれに発展の歴史があります。今回はどのような歴史を踏んで、現在の姿があるのか、種類ごとの歴史も含めてお話していきます。
 
ギターの誕生と発展
ギターの祖先はと言われていて、紀元前3700年頃から類似した楽器が存在し、弓のような弦を共鳴させる為に、世界各国で様々な方法がとられていました。原型となったのは共鳴箱をつけて音を出すタイプのリュートといわれています。ギリシャ時代になると、共鳴部分が板で組み立てられ、ブリッジを持つようになりました。

その後、ヨーロッパにリュートが伝わり、スペインでビウエラという楽器に変化します。そこから、スペイン舞踊に使用されるようになりギターへと進化しました。その後、ネックと指板が付けられて、音色が更によくなり、ギア式の弦巻きが付いたことで音量も増して行きます。
 
このような進化を遂げ、メジャーな楽器へと成長したのです。
 
クラシックギターの歴史

ナイロン製の弦を使用し、横板と裏板に黒や褐色など色の濃い材料を使用したものを一般的にはクラシックギターと呼んでいます。クラシックと名前は付いていますが、特にクラシック音楽のために使用されるわけではありません。

電子回路は組み込んでおらず、形状としてはフラメンコに使用されるものとほぼ同じです。音色の特徴としては、重厚で音の伸びがよいことが挙げられます。

19世紀後半に、アントニオ・デ・トーレスによってこれまでのものよりも音量を増加させる為に工夫をし、様々なアイデアを駆使して完成しました。その後フランシスコ・タルレガが、トーレスの製作したもの愛用したことで人気が高まり、世界中に広まりました。
 
 
エレキギターの歴史

エレキギターは、ロック、ポップス等、ジャンルを問わず様々な音楽で活躍しています。他の楽器に比べると歴史は浅く、1932年にリッケンバッカーが発売した「フライングパン」と、他社で制作したボディにピックアップを付けたものが世界初のエレキと考えられています。

エレキは音量がしっかりしており、アンプを使用して音を増幅させるので他の楽器とのバランスも取りやすい楽器となっています。ギターは当初、音が弱く、マニアックな層にしか評価されていないものでしたが、ピックアップが付いたことで人気が高まり、バンド演奏などで重宝されるようになりました。
 
おわりに
ギターは現在、非常にメジャーで人気のある楽器となっていますが、当初は他の楽器に比べて人気のあるものではありませんでした。しかし、様々な試行錯誤と工夫を重ねてデメリットを改善していったことで徐々に人気が出てきて、音楽に欠かせない楽器となりました。

その用途によって、種類を使い分けることができるのが大きな魅力と言えるでしょう。歴史を知っておけば、練習にもより面白味を見出せるのではないでしょうか。


これで長持ち!ギターの取り扱い方とメンテナンス方法

あなたのギター、きちんとメンテナンスされていますか?きれいに奏でるためには、自分自身の演奏技術の向上に励むことが大切です。しかし、楽器自身が持っている美しい音をどれだけ引き出せるかという部分も大事にしなければなりません。

メンテナンスされていないギターでは、どんなに上手な方が弾いたとしても、良い演奏はできません。きちんとしたメンテナンスをすることでより良い演奏をすることが可能になります。では、本来の美しい音を引き出すためのメンテナンスとはどのようなものなのでしょうか。正しい取り扱い方法とあわせてお話いたします。
 
ギターの最大の敵とは?

ギターにとってもっとも避けておくべきものは熱と湿度です。熱や湿度の多いところに保管すると、ボディが割れてしまったり、ヒビが入ったりすることがあります。ひどい場合は接着剤が溶け出して分解してしまったり、ネックの部分が曲がってしまったりもします。弦も熱と湿気に弱いので、切れてしまうことがあるかもしれません。

特に暑い夏の日に、車のトランクに入れっぱなしにしたり、直射日光にあてたりするのは危険です。まずは、熱のこもらない場所で保管するようにしましょう。湿度を避ける方法としては、弾き終わったら必ずケースに入れることで、可能であれば除湿剤を入れておくとより効果的です。
 
ギター演奏後のメンテナンス方法は?

演奏が終わったら、必ずギターをお手入れする必要があります。日常的には、柔らかい布やスポンジなどを使用し、傷がつかないようにして手垢や、手の油を拭きとりましょう。本体はもちろん、ヘッドの部分や弦も拭くようにします。

レモンオイルを用いると汚れがきれいに落ち、乾燥を防いでくれるのでおすすめです。もし、ギターの細かい部分もきれいにしたい場合は、エアダスターを使って吹き飛ばしてあげると良いでしょう。

メンテナンスを怠ってしまうと、皮脂やホコリによってすぐに傷んでしまいます。汚れをきちんとふき取り、熱と湿度を避けて保管するようにしましょう。
 
ギターのお手入れに必要なアイテムとは?
ギターのお手入れに使用するアイテムは、様々な種類があります。必ずもっておきたいものとしてはクロスがあります。似たような素材のものがあればそれで代用しても構いませんが、拭き取り用の柔らかい布は必ず持っておきたいものです。

ボディのひどい汚れを取りたいときはポリッシュを使用します。ただ、ボディの素材によって種類が変わってくるので注意してください。弦には潤滑剤やクリーナーを使用すると、よりきれいな状態を保つことができますし、指板にはオイルをつけて保湿をすると乾燥を防ぐことができます。

その他にも、配線に使用するハンダごてや、チューニングで使用するためのチューナー、弦の交換に必要なニッパーなども場合によっては必要になってきます。
 
おわりに

愛用しているギターをできるだけ長く良い状態で維持するためには、こまめなメンテナンスが非常に重要です。毎日ポリッシュで磨いたり、オイルを塗ったりすることは手間がかかりますが、クロスで拭きとることは時間もかかりませんし、そこまで負担がかかる作業ではないと思われます。

日常的にきちんとお手入れをしておけば汚れがたまることもありませんし、傷みも少なくなります。演奏後には、愛情を持ってお手入れをするようにしましょう。


ギター初心者必見!まずはチューニングと押さえ方をマスターしよう

ギターを始めようとした時、まず一番の難関となるのはチューニングの仕方とコードの押さえ方を覚えることではないでしょうか。チューニングがきちんとできていなければ弾くことはできませんし、音を奏でるには押さえ方を全て覚えることが必要になります。

ここでは、基本的なこといっても、難しく感じる人が多いチューニングの仕方と、コードの押さえ方をお話しします。しっかりと身につけていきましょう。
 
まずはギターの各名称を覚えよう

ギターを始める前に、まず各部分の名称を覚えましょう。まず弦が張られた部分をネックと言います。そしてネックの表面側を指板、またはフィンガーボードと言い、この部分の材質や塗装の仕方によって感覚や音にも違いがあります。ネックの一番先の部分はヘッドと言い、弦を巻き付けてチューニングを行うためのペグが付いています。

その他にも、胴体部分であるボディやネックとボディを繋ぐネックジョイントなど全ての部分に名前が付いているのです。弾くときだけでなく、メンテナンス時にも必要になるので始めにしっかりと覚えるようにしましょう。
 
ギターのチューニング方法は?

ギターを弾く前に必ず行う「チューニング」とは、弦を1本ずつ正しい音程に合わせることを言います。ペグを締めると弦が強く張り、音が高くなるのに対し、緩めると張りが弱くなり、音は低くなります。チューニングで音を合わせるためには、チューナーや音叉を使います。チューナーはマイクで拾った音を測定し、正しい音程との違いを測るものです。

音叉は、U字の部分を振動させてラの音を鳴らす道具です。その音と、自分のギターの弦で鳴らした音とをペグで回しながらチューニングをしていきます。始めは難しく感じるかもしれませんが、こまめにしなければいけないことですのでしっかりと行いましょう。
 
ギターコードの正しい押さえ方とは?

ギターを弾く時は、正確にコードを押さえるために必ずコードを押さえる手の指の爪を切っておきます。ポイントとしては、フレットに近い部分を押さえること、可能な限り指を立てて押さえること、手の平はくっつけずに浮かせることです。

指が寝た状態だと、高音側の弦に触れてしまい、音が詰まってしまいます。押さえ方に関しては、音が正しく鳴っていればそれでいいという考え方もありますが、基本的にはやはりコードが押さえやすく、演奏しやすいです。慣れるまでは、コードフォームに従って弾くように心がけましょう。
 
おわりに
ギターを上手に弾きこなすためには、チューニングとコードの押さえ方をマスターしておくことが先決です。基本的な部分ではありますが、複雑で決して簡単なものではありません。ここでつまずいてギターに苦手意識を持ってしまったり、辞めてしまう人が居たりするのも事実です。

しかし、ここさえクリアできれば、あとは弾くことを重ねて慣れるだけです。諦めずに挑戦してみてください。


ギター購入時に迷っているあなたへ、お勧めギターメーカー3選! 

どんなプレイにどんなギターが必要か・・・
決して安い買い物ではないですからね。迷って当然です。
では今どんなメーカーのギターが人気かを見ていきましょう。
 
 
1、Paul Reed Smith(ポールリードスミス)

 

現在活躍中の日本の人気ロックバンド「UVERworld」「ONE OK ROCK」のギタリストがこのメーカーのギターを愛用していらっしゃいます。
それにあこがれて若い世代でもPRSを持っていることが一つのトレンドにもなっているようです。
エレキギターの二大巨頭であるGibsonとFenderのそれぞれのいいところを合わせ、見た目もこだわり抜き、かつ洗練された高級感が特徴です。
一本持っていれば間違いなくオールラウンダーなプレイを魅せることができるでしょう。
 
2、Gibson(ギブソン)

特にギブソンのレスポールは言わずとしれたギターの王様といっても過言ではないでしょう。
親から譲り受けたギターがギブソンのレスポールでしたという、うらやましい話もあるくらい、手入れと、物によっては一生ものにできるギターです。
 
1952年以降、半世紀以上もの間世界中のミュージシャンから愛され、世界3大ギタリストのジミーペイジ、日本では「B’z」の松本孝弘さんが愛用者で有名ですね。
 
3、Fender(フェンダー)

二大巨頭のもう一つを担っているフェンダー。すべてにおいて超万能ギターといわれているストラトキャスターが有名ですね。
ファーストギターとしてこのギターを買った方がかなり多いのではないでしょうか?
 
エレキギターの神様と呼ばれるジミ・ヘンドリックスがこよなく愛したのもこのギターです。
 
いかがでしたか?
まずは3つのみんながあこがれるギターメーカーを紹介いたしました。
もちろんこれらのギターのほかにも素晴らしいギターは数多くあります。
今回はあくまで初めてギターを買う方たちへ一つのきっかけを与えられたらと考えております。
 
ギタリストだけでなく、楽器に迷っているのであれば、自分が好きなアーティストが、どこのメーカーの、どのタイプの楽器を使っているか、どんな音を出すためにどんなことをしているのか、徹底的に調べてみましょう。
 
最初に買うギターは、例え誰から何を言われても、自分が気に入った見た目と音がある楽器を買い、それを使いこなせれば、自分の自信につながり、誰もが認めるアーティストに近づくことができるでしょう。
 
自分の力で買ったファーストギターは一生忘れることはありません。
できれば一生付き合っていけるような相棒を見つけましょう。

フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画