HOME > コラム > 演奏テクニック紹介動画

ミュートテクニック1

「ミュート」と言っても、今回ここでお話することとして、「音が全くなってない無音の状態にする」ということではなく、いわゆる「ブリッジミュート」についてお話させていただきたいと思います。
 
簡単にまず説明をすると、ドライブやディストーションを使い歪ませたサウンドで、2~3本の弦でのパワーコードを演奏する際に、このミュートを絡めたピッキングをする。たったこれだけでロック感が強く出るようになり、さらにクールなサウンドや体に響くような低音を出すことができます。現代ロックでこのテクニックを使っていないミュージシャンはおそらくいないでしょう、というくらいに一般的に使われています。
 
用途として、ギターソロやメロディーの後ろでコードを刻むバッキングパートが、音を伸ばすピッキングではなく、歯切れのよく音を刻むときに使うことが多いですね。
 
ロックスタイルの中でも重低音を重視するアーティストになると、弦を太くする、チューニングを低く設定する、といった方法を使いミュート時に、より重い音を出すギタリストもいます。
 
 
次にどんな方法でこのテクニックを使うのか、やり方を説明しましょう。
 
まず、ギターの弦が出ている根本付近(ブリッジ)に小指の下の手のひらの部分、つまり、小指と手首の間をギターの弦に軽く当てて押さえながら、ピッキングをします。
 
これがブリッジミュートと呼ばれる理由です。
 

 
強く当てすぎても音がうまく出なくなるので、最初はブリッジと弦のちょうど重なっているところからにしましょう。
 
慣れてきたら、少しづつブリッジに当てている手をギターのネック方面にずらしていき、どこに手を当てたら、どんな音になるのか試してください。
 
この奏法のコツは、ピックを持つ手で押さえながらピッキングをするために、少々弾きづらいと感じるかもしれません。そんな時は手首をスナップするようにピッキングをすると音も歯切れよくなり弾きやすくなります。

 
ブリッジミュートは、今やギターを演奏するうえでは絶対不可欠な奏法です。
 
基礎的な動作ではありますが、しっかり基礎ができていないと、うまく演奏できるようになりたくてもできないことがたくさんあります。
 
ピッキングの仕方、ブリッジの押さえる場所、アンプの設定状態、ギターの種類、トーンやボリューム、いろいろな要素によってブリッジミュートの音がかなり変わってきます。
 
 
 
どんな音を出したいかは、自分のリスペクトするギタリストがどんな機材を使って、どんな風に弾いているか、真似をしてみるのが一番の近道かもしれません。


ピッキング

今回の記事ではあまり触れてなかった、右手、ピックを持つ方の手のことについて触れていきましょう。
ギターをピックで弾くことをピッキングといいますが、その弾き方はいくつかあります。
 
・ダウンピッキング
弦の6弦から1弦の方向に向かって上から下に向かって弾く。
 
・アップピッキング
ダウンとは逆の1弦側から6弦方向に向かって下から上に弾く。
 
・オルタネイト・ピッキング
ダウンピッキングと、アップピッキングを交互に繰り返す奏法。 
 
上記の3つの奏法はピッキングの基礎的部分になり、単音をピッキングする場合、またコードのように複数音をピッキングする場合でも同じです。
 
ピッキングは全てにおいての基礎技術となりますので、ここを固めることが今後のための重要な要素になります。そのために、まずはよくあるミスピッキングとその原因について知ることから始めましょう。
 
初心者、上級者問わず、起こりうるミスピッキングとは、
①    弦を空振りしてしまう
②    一つの弦を弾くべきところを二つの弦を弾いてしまう
③    違う弦を弾いてしまう
これらはピッキングコントロール力の不十分さが原因で起こるミスであり、弦の移動時によく起こるミスピッキングです。
 
ここに焦点を当てたエクササイズでピッキングコントロール力を強化し、ミスピッキングを減らしていきましょう。
 
下記の練習例はピッキングコントロール力の強化するための単音ピッキングエクササイズです。

ミュートテクニック1

「ミュート」と言っても、今回ここでお話することとして、「音が全くなってない無音の状態にする」ということではなく、いわゆる「ブリッジミュート」についてお話させていただきたいと思います。
 
簡単にまず説明をすると、ドライブやディストーションを使い歪ませたサウンドで、2~3本の弦でのパワーコードを演奏する際に、このミュートを絡めたピッキングをする。たったこれだけでロック感が強く出るようになり、さらにクールなサウンドや体に響くような低音を出すことができます。現代ロックでこのテクニックを使っていないミュージシャンはおそらくいないでしょう、というくらいに一般的に使われています。
 
用途として、ギターソロやメロディーの後ろでコードを刻むバッキングパートが、音を伸ばすピッキングではなく、歯切れのよく音を刻むときに使うことが多いですね。
 
ロックスタイルの中でも重低音を重視するアーティストになると、弦を太くする、チューニングを低く設定する、といった方法を使いミュート時に、より重い音を出すギタリストもいます。
 
 
次にどんな方法でこのテクニックを使うのか、やり方を説明しましょう。
 
まず、ギターの弦が出ている根本付近(ブリッジ)に小指の下の手のひらの部分、つまり、小指と手首の間をギターの弦に軽く当てて押さえながら、ピッキングをします。
 
これがブリッジミュートと呼ばれる理由です。
 

 
強く当てすぎても音がうまく出なくなるので、最初はブリッジと弦のちょうど重なっているところからにしましょう。
 
慣れてきたら、少しづつブリッジに当てている手をギターのネック方面にずらしていき、どこに手を当てたら、どんな音になるのか試してください。
 
この奏法のコツは、ピックを持つ手で押さえながらピッキングをするために、少々弾きづらいと感じるかもしれません。そんな時は手首をスナップするようにピッキングをすると音も歯切れよくなり弾きやすくなります。

 
ブリッジミュートは、今やギターを演奏するうえでは絶対不可欠な奏法です。
 
基礎的な動作ではありますが、しっかり基礎ができていないと、うまく演奏できるようになりたくてもできないことがたくさんあります。
 
ピッキングの仕方、ブリッジの押さえる場所、アンプの設定状態、ギターの種類、トーンやボリューム、いろいろな要素によってブリッジミュートの音がかなり変わってきます。
 
 
 
どんな音を出したいかは、自分のリスペクトするギタリストがどんな機材を使って、どんな風に弾いているか、真似をしてみるのが一番の近道かもしれません。


ピッキング

今回の記事ではあまり触れてなかった、右手、ピックを持つ方の手のことについて触れていきましょう。
ギターをピックで弾くことをピッキングといいますが、その弾き方はいくつかあります。
 
・ダウンピッキング
弦の6弦から1弦の方向に向かって上から下に向かって弾く。
 
・アップピッキング
ダウンとは逆の1弦側から6弦方向に向かって下から上に弾く。
 
・オルタネイト・ピッキング
ダウンピッキングと、アップピッキングを交互に繰り返す奏法。 
 
上記の3つの奏法はピッキングの基礎的部分になり、単音をピッキングする場合、またコードのように複数音をピッキングする場合でも同じです。
 
ピッキングは全てにおいての基礎技術となりますので、ここを固めることが今後のための重要な要素になります。そのために、まずはよくあるミスピッキングとその原因について知ることから始めましょう。
 
初心者、上級者問わず、起こりうるミスピッキングとは、
①    弦を空振りしてしまう
②    一つの弦を弾くべきところを二つの弦を弾いてしまう
③    違う弦を弾いてしまう
これらはピッキングコントロール力の不十分さが原因で起こるミスであり、弦の移動時によく起こるミスピッキングです。
 
ここに焦点を当てたエクササイズでピッキングコントロール力を強化し、ミスピッキングを減らしていきましょう。
 
下記の練習例はピッキングコントロール力の強化するための単音ピッキングエクササイズです。

フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画