HOME > コラム

音楽が脳の回転をよくする

近年、脳科学的に証明された音楽のおもしろい発見につてご紹介したいと思います。音楽を聴くことが健康にいいことはみなさんもご存知でしょう。気分を変える効果とか、ストレスを発散できるとか、不安を解消できるとか、仕事に集中できるとか。
スタンフォード大学が2007年に実施した研究によると、音楽は学習能力だけでなく、集中力も高めることが判明しました。科学が証明した音楽の神秘的な力と真実についてご紹介したいと思います。
1. 知能を高める
音楽を聴くことは人間の知能を高めるとされています。カンザス大学のメディカルセンターの知見によると、日常から音楽に触れている人は脳の機能テストのスコアが高いという実験結果が出ています。音楽を聴くと脳の回転がよくなる、あまりピンときませんが、そういう事実があるみたいです。
 
2. 作業効率を高める
仕事や何かの作業中に音楽を聴くという方、いらっしゃると思います。音楽を聴きながら作業すると、作業能率がよくなるそうです。
 
3. リラックス効果がある
音楽を聴くことは、マッサージされるのと同じくらいのリラックス効果があることが証明されています。日頃から音楽を聴く生活をしている人は、ストレスレベルや不安レベルが低いみたいです。疲れたなーと思ったらまずなんでもいいので音楽を聴きましょう。
 
4. 鎮痛作用がある
ユタ大学の痛み研究センターによると、音楽を聴くことで痛みが感じにくくなるそうです。肉体的苦痛、精神的苦痛のときを感じたときはぜひ音楽を聴くことを忘れないでください。それによってなんとかなることもあるかもしれません。
 
5. 治療を促進させる
治療のスピードを上げる効果もあります。脳卒中の患者の治療にも音楽は役立てられているそうです。ミュージックセラピーという言葉もあります。
 
6. 健康的な心を保てる
元気でたのしい音楽を聴くことは心の健康にいいそうです。心の健康は社会的な問題としてよく取りあげられますが、まず身近にある音楽を聴くことで健康を保ちたいです。
 
7. 生の音楽が効果的
以上取りあげてきた音楽の効果は、ライブやフェスなど、生演奏の音楽を聴く方が、録音された音楽を聴くよりも効果的なのだそうです。たしかにライブやコンサートって臨場感の中で音楽を聴くので、気分がスカッとしますよね。iPhoneやパソコンで音楽を聴くのもいいですが、生演奏にはかなわないそうです。ライブやフェスまたは演奏が好きな人にとってはうれしいニュースでしょう。
 
おわりに
いかがでしたでしょうか。これぞ音楽の神秘。最後の、「生の音楽を聴いた方がいい」という知見はおもしろい発見でした。たしかに生歌を聴くとすごく心に響きますもんね。 生かどうかの議論は置いておいて、ライブや演奏コンサートに音楽を聴きにいくのも効果が高そうですが、自身で演奏も出来たら更に相乗効果は高いと思われます。よってこれを機にもっと音楽に対して興味を持ったり、ライブや演奏コンサートに行こうって思ってもらえたり、演奏を習うと良いかもと思っていただけたら幸いです。
 一度きりの短い人生、ミュージックライフをたのしみましょう♪


音楽が脳に与える影響とは

 

今回は、科学的実験によって明らかとなりつつある、音楽が私たちにもたらしてくれる3つの効果についてご紹介します。
■音楽が脳に良いワケその1:記憶力
人が頭の中に保存している情報を外に出すのに、音楽が手助けになります。
1990年代には、「モーツァルトを聴きながら勉強すると、テストでいい点数が取れる」という研究結果が広く知られていました。今まで、数字を使ったり、何かの順番を覚えたりする勉強をしているときに音楽を聴くと、頭に入りにくいという人もいますが、とはいえ、それでも音楽は一度覚えたものを思い出す助けにはなるようです。アルツハイマーの患者が記憶を取り戻すのに使われたりもしています。私たちは、知っている音楽を聴くと長期記憶を司る脳の海馬が刺激されます。そして、かつてその曲を聴いたときに体験したことなど、関係のある記憶が引き出されるのです。ということは、モーツアルト効果が覆されても、音楽を聴きながら新しい記憶ができると、その後同じ音楽を聴くことで、その記憶が引き出されることがある、ということが言えます。もし、何か暗記しなければいけないことがあるのになかなか覚えられない場合は、最初に覚えようとしたときに聴いていた音楽があれば、それを聴き続けるとうまくいくかもしれません。 音楽を聴きながら新しい記憶ができると、その後同じ音楽を聴くことで、その記憶が引き出されることがある、ということが言えます。もし、何か暗記しなければいけないことがあるのになかなか覚えられない場合は、最初に覚えようとしたときに聴いていた音楽があれば、それを聴き続けるとうまくいくかもしれません。
インプット・アウトプット両方に音楽がキーワードとして活躍します。
■音楽が脳に良いワケその2:脳内エネルギーの90%は音から生み出される
近年、耳に聞こえない音が、人間にとってきわめて重要なことがわかってきました。
レコードなどの録音でも、実はその聞こえない部分こそが、音楽の臨場感、楽器の音色や空気感、演奏の場の雰囲気を表現しているとがわかったのです。
この耳に聞こえないところまで再生することによって、人間は「感動」と「安らぎ」を覚えるのです。
■音楽が脳に良いワケその3:テンポの速い音楽は脳の動きを助けるようです。
音楽が疲れに打ち克ち、生産性を上げると結論づけるに足りる研究結果は、まだそろっていませんが、歌詞のない曲は、脳の言語を扱う分野を邪魔しないことはわかっています。理論としてはテンポの速い音楽は脳の動きを助けるようです。もし、あなたの仕事が単調ならば、音楽を聴くことで気分を高揚させつつ、退屈な仕事をこなす、といったことができます。音楽の種類を変えることで、疲れを感じにくくなります。また、どのような種類の音楽を聴いてもドーパミンは分泌されるので、ムードを高揚させることが可能、という研究もあります。疲れたとき、飽きてきたとき、気分が沈みがちなときは、まず、お気に入りのポップミュージックを聴いてみてください。
 
■おわりに
いかがでしたでしょうか?皆さんはどのように音楽の助けを借りていますか?ちょっとした気分転換、テンションを上げてエクササイズに備えたり、怪我を癒す力がある音楽など、音楽を最大限活用してみましょう。

音楽が脳の回転をよくする

 

近年、脳科学的に証明された音楽のおもしろい発見につてご紹介したいと思います。音楽を聴くことが健康にいいことはみなさんもご存知でしょう。気分を変える効果とか、ストレスを発散できるとか、不安を解消できるとか、仕事に集中できるとか。
スタンフォード大学が2007年に実施した研究によると、音楽は学習能力だけでなく、集中力も高めることが判明しました。科学が証明した音楽の神秘的な力と真実についてご紹介したいと思います。
1. 知能を高める
音楽を聴くことは人間の知能を高めるとされています。カンザス大学のメディカルセンターの知見によると、日常から音楽に触れている人は脳の機能テストのスコアが高いという実験結果が出ています。音楽を聴くと脳の回転がよくなる、あまりピンときませんが、そういう事実があるみたいです。
 
2. 作業効率を高める
仕事や何かの作業中に音楽を聴くという方、いらっしゃると思います。音楽を聴きながら作業すると、作業能率がよくなるそうです。
 
3. リラックス効果がある
音楽を聴くことは、マッサージされるのと同じくらいのリラックス効果があることが証明されています。日頃から音楽を聴く生活をしている人は、ストレスレベルや不安レベルが低いみたいです。疲れたなーと思ったらまずなんでもいいので音楽を聴きましょう。
 
4. 鎮痛作用がある
ユタ大学の痛み研究センターによると、音楽を聴くことで痛みが感じにくくなるそうです。肉体的苦痛、精神的苦痛のときを感じたときはぜひ音楽を聴くことを忘れないでください。それによってなんとかなることもあるかもしれません。
 
5. 治療を促進させる
治療のスピードを上げる効果もあります。脳卒中の患者の治療にも音楽は役立てられているそうです。ミュージックセラピーという言葉もあります。
 
6. 健康的な心を保てる
元気でたのしい音楽を聴くことは心の健康にいいそうです。心の健康は社会的な問題としてよく取りあげられますが、まず身近にある音楽を聴くことで健康を保ちたいです。
 
7. 生の音楽が効果的
以上取りあげてきた音楽の効果は、ライブやフェスなど、生演奏の音楽を聴く方が、録音された音楽を聴くよりも効果的なのだそうです。たしかにライブやコンサートって臨場感の中で音楽を聴くので、気分がスカッとしますよね。iPhoneやパソコンで音楽を聴くのもいいですが、生演奏にはかなわないそうです。ライブやフェスまたは演奏が好きな人にとってはうれしいニュースでしょう。
 
おわりに
いかがでしたでしょうか。これぞ音楽の神秘。最後の、「生の音楽を聴いた方がいい」という知見はおもしろい発見でした。たしかに生歌を聴くとすごく心に響きますもんね。 生かどうかの議論は置いておいて、ライブや演奏コンサートに音楽を聴きにいくのも効果が高そうですが、自身で演奏も出来たら更に相乗効果は高いと思われます。よってこれを機にもっと音楽に対して興味を持ったり、ライブや演奏コンサートに行こうって思ってもらえたり、演奏を習うと良いかもと思っていただけたら幸いです。
 一度きりの短い人生、ミュージックライフをたのしみましょう♪


音楽が脳に与える影響とは

 

今回は、科学的実験によって明らかとなりつつある、音楽が私たちにもたらしてくれる3つの効果についてご紹介します。
■音楽が脳に良いワケその1:記憶力
人が頭の中に保存している情報を外に出すのに、音楽が手助けになります。
1990年代には、「モーツァルトを聴きながら勉強すると、テストでいい点数が取れる」という研究結果が広く知られていました。今まで、数字を使ったり、何かの順番を覚えたりする勉強をしているときに音楽を聴くと、頭に入りにくいという人もいますが、とはいえ、それでも音楽は一度覚えたものを思い出す助けにはなるようです。アルツハイマーの患者が記憶を取り戻すのに使われたりもしています。私たちは、知っている音楽を聴くと長期記憶を司る脳の海馬が刺激されます。そして、かつてその曲を聴いたときに体験したことなど、関係のある記憶が引き出されるのです。ということは、モーツアルト効果が覆されても、音楽を聴きながら新しい記憶ができると、その後同じ音楽を聴くことで、その記憶が引き出されることがある、ということが言えます。もし、何か暗記しなければいけないことがあるのになかなか覚えられない場合は、最初に覚えようとしたときに聴いていた音楽があれば、それを聴き続けるとうまくいくかもしれません。 音楽を聴きながら新しい記憶ができると、その後同じ音楽を聴くことで、その記憶が引き出されることがある、ということが言えます。もし、何か暗記しなければいけないことがあるのになかなか覚えられない場合は、最初に覚えようとしたときに聴いていた音楽があれば、それを聴き続けるとうまくいくかもしれません。
インプット・アウトプット両方に音楽がキーワードとして活躍します。
■音楽が脳に良いワケその2:脳内エネルギーの90%は音から生み出される
近年、耳に聞こえない音が、人間にとってきわめて重要なことがわかってきました。 
レコードなどの録音でも、実はその聞こえない部分こそが、音楽の臨場感、楽器の音色や空気感、演奏の場の雰囲気を表現しているとがわかったのです。 
この耳に聞こえないところまで再生することによって、人間は「感動」と「安らぎ」を覚えるのです。
■音楽が脳に良いワケその3:テンポの速い音楽は脳の動きを助けるようです。
音楽が疲れに打ち克ち、生産性を上げると結論づけるに足りる研究結果は、まだそろっていませんが、歌詞のない曲は、脳の言語を扱う分野を邪魔しないことはわかっています。理論としてはテンポの速い音楽は脳の動きを助けるようです。もし、あなたの仕事が単調ならば、音楽を聴くことで気分を高揚させつつ、退屈な仕事をこなす、といったことができます。音楽の種類を変えることで、疲れを感じにくくなります。また、どのような種類の音楽を聴いてもドーパミンは分泌されるので、ムードを高揚させることが可能、という研究もあります。疲れたとき、飽きてきたとき、気分が沈みがちなときは、まず、お気に入りのポップミュージックを聴いてみてください。
 
■おわりに
いかがでしたでしょうか?皆さんはどのように音楽の助けを借りていますか?ちょっとした気分転換、テンションを上げてエクササイズに備えたり、怪我を癒す力がある音楽など、音楽を最大限活用してみましょう。

フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画