HOME > コラム

キーボードのアレンジテクニックを学んで主役になろう!

 
バンドサウンドにおいてキーボードで主役になるためには、役割を意識することが大切です。音色が豊富にあり、音域の幅が広いため、活かし方を知ることで表現力豊かなバンドサウンドを作ることができます。
 
ここでは、バンドでのキーボードのアレンジテクニックや必要な知識についてお話します。
 
 
音のぶつかりは気にしない!

バンド演奏で気をつけることは、音のハーモニーです。複数の楽器を同時に鳴らしても、お互いの音が溶けあって調和する状態を目指しましょう。音のぶつかりを避けていては、演奏がスカスカになってしまいます。
 
キーボードは、ギターと同じで曲に雰囲気をつけることができるため、ギター担当の人とよく話し合い、お互いがカバーし合うアレンジを作ることが大切です。音量バランスの基準値については、ボーカルにあわせてバンド内で調整をおこないましょう。
 
楽器のソロパートでは、各楽器のサポートをおこない、曲にメリハリがつけられるようにしてください。
 
アレンジする前に行いたいこと

キーボードでロックやポップ系の音楽を演奏するためには、コード理論を知っておくことが必要不可欠です。
 
コードとは、和音のことで音の重なり方を表わし、「ドレミファソラシ」をアルファベットの「CDEFGAB」に置き替えています。ドはC、レはDとなり、コードを支える「ルート音」になることができます。
 
たとえばルート音であるCのうえに一つ鍵盤をとばしてE、さらに一つとばしてGと音を重ねるとCメジャーコードが完成します。コード進行をふまえて、フレーズや間奏、ソロのアレンジなど、バンド内での役割分担を決めましょう。
 
 
 
曲のアレンジテクニック集

楽譜を見てアレンジを考えるときは、縦のリズムを重視するか、横に流れるようなフレーズを繰り返すかなどの演奏方法があります。
 
キーボードは、多彩な楽器の音色を出すことができるため、アレンジをするうえで音色選びは重要です。似ている既存の曲を聞いて参考にするなど、フレーズにあった音色選びをしましょう。
 
音色選びには、違う音を混ぜ合わせる「レイヤー」といった方法があるため、ピアノとオルガンなど好きな楽器を組み合わせてみると良いでしょう。他にもスプリットという、右手と左手の音域を指定して音色を変える方法もあります。
 
自身に合ったアレンジを考えてみてください。
 
おわりに
キーボードはハーモニーを担当するため、コードについて理解しておかなければなりません。同時に鳴らしても不協和音にならないように、キーボードとギターはよく相談してアレンジする必要があります。
 
楽譜やコードで曲の雰囲気をよく理解した上で、いろいろなアレンジテクニックを使って、バンドサウンドを豪華にしてみましょう。


指先でスラスラと奏でられる、キーボードおすすめ練習術

 
キーボードはバンドサウンドの表現力や個性を引き出すために大切な楽器です。バリエーション豊富な音を出すことができます。また、持ち運びも便利なものも多く、いつでもどこでも思いのまま練習できるところも魅力といえます。
 
ここでは、ピアノとキーボードの違いや、おすすめの練習方法についてお話します。
 
 
ピアノとキーボートでは練習方法が違う!?

ピアノとキーボートの練習方法で違うのは、鍵盤における指の使い方です。ピアノは、指の重さで鍵盤が沈み、タッチによって音量に差がつけることができます。
 
キーボードは、鍵盤を押したときのタッチが軽く、押している間は音が伸び続けるので、音を伸ばしたい時は鍵盤を押し続ける必要があります。
 
さらに、鍵盤数が異なります。ピアノは88鍵盤あり、キーボードは一般的には61鍵盤のものが多いです。
 
 
キーボードがスラスラ弾けるようになる練習方法とは

スラスラ弾けるようになるためには、指の感覚を意識した練習をする必要があります。まずは、右手でドレミファソラシドを弾けるように練習しましょう。
 
指送りはドの親指から始めて、ファで親指を入れ替えます。間違えそうになったときは、指を見ないで想像で探るように押さえてください。
 
慣れてきたら、離れた位置の鍵盤を弾いてみることに挑戦しましょう。ド・ミ・ソ・ド・ソ・ミ・ドと上って降りてみます。ド・ファ・ラ・ド・ラ・ファ・ドや、シ・レ・ソ・シ・ソ・レ・シなどもやってみましょう。
 
 
 
キーボードを弾くのが楽しくなる、おすすめの楽曲

指がよく動くようになったら、曲を弾いてみましょう。最初は「チューリップ」「かえるのうた」といった童謡のように、1曲が短くて音程差の少ない簡単な曲で練習することをお勧めします。
 
音を探しながら、まずは利き手で弾いてみます。慣れてきたら、「スタンドバイミー」も練習曲としておすすめです。慣れないうちは音を外すことが多いでしょう。
 
1オクターブの鍵盤の感覚を理解できたら、楽譜を見て弾く意識を持つことが大切です。鍵盤を見ないで、指感覚で弾く音を見つけるようにしてください。
 
 
おわりに
ピアノとキーボードにおける大きな違いは、タッチの指使いや、鍵盤数による演奏の幅です。自分の演奏したい楽譜がある場合は、鍵盤数に注意して購入しましょう。
 
キーボードをスラスラ弾けるようになるためには、鍵盤を見ないで指の感覚で弾くことが一番大切です。毎日少しでも練習を積み重ねて、楽譜を見て弾けるようになりましょう。


ピアノとは違う!?キーボードの練習方法とは

 

ピアノとキーボードに違いがあることをご存知でしょうか?実際、あまり理解していないという方も多いのではないでしょうか。鍵盤を指で押さえることで音を奏でるこの2つの楽器には、もちろん大きな違いがありますし、練習方法や弾くのに向いている曲も異なります。


今回は、一見似ているけれども、それぞれに魅力のある2つの楽器について詳しく見ていきます。
 
ピアノとキーボードの違いは?
違いとして、まず一番分かりやすいのがです。キーボードは脚がありませんが、ピアノにはあります。そして、鍵盤の数も違います。ピアノでは88個が主な数とされていますが、キーボードは少ないもので30個位しかありません。鍵盤の違いによって演奏できる音域が変わるため、購入する際は注意してください。

次に仕組みの違いについて見ていきます。ピアノは弦がありますが、キーボードにはありません。弦があれば生で音を奏でることができますが、ない場合はスピーカーから流れます。そのため、誰がひいても音色にさほどの違いが生まれません。

また鍵盤のタッチにも大きな違いが生まれます。ピアノは鍵盤を押すことでハンマーが弦を叩いて音を奏でるので、しっかりと重みのあるタッチになるのです。
 
キーボードの練習方法

キーボードを初めて弾く方は、まず指がスムーズに動くことが上達への第一歩となります。基本的には、ピアノの練習法と大差ありません。独学で学ぶのであれば、まずは基礎の本を購入して5本の指が滑らかに動かせるまで繰り返し練習します。

いきなり両手を動かすのは難しいと思われますので、最初は片手で単音のみで弾くことができるものから始めましょう。指の動かし方がマスターできるようになったら和音や、両手を使ったメロディーに挑戦します。

スムーズな指運びを身につけるためには、繰り返し練習することが一番の上達法になりますので、始めは退屈に感じるかもしれませんが根気よく続けることが必要になります。
 
 
 
キーボードの練習におすすめの楽曲とは?
弾き始めのうちにおすすめの楽曲としては、できる限り単純で、誰もが知っているような馴染みのある曲が良いでしょう。全く聞いたことがない曲を弾こうとしても、面白みもありませんし頭の中にメロディーが出てこないので、なかなか上達することができません。また、CMで流れているような短くて耳に残るようなテーマ曲などもおすすめです。

また、音の移動が隣の指への移動に留まっているものを選ぶと、あまり考えることなくスムーズに弾くことが出来ます。キーボードは、コードを覚えることも必要になってくるのであまりコードが複雑でないものを選ぶようにしましょう。
 
おわりに

ピアノとキーボードには、その形状や音を奏でる仕組み、鳴らすことができる音色に大きな違いがあります。


しかし、根本的な部分は似ているので始めのうちの練習法にはさほどの違いはありません。まずは単純な指の動かし方の練習を根気よく重ねて、スムーズに動くようになったら聞き馴染みのある曲を練習し、徐々にレベルアップしていきましょう。かっこよく弾きこなすためには、地道な努力を重ねる必要があるのです。

キーボードのアレンジテクニックを学んで主役になろう!

 
バンドサウンドにおいてキーボードで主役になるためには、役割を意識することが大切です。音色が豊富にあり、音域の幅が広いため、活かし方を知ることで表現力豊かなバンドサウンドを作ることができます。
 
ここでは、バンドでのキーボードのアレンジテクニックや必要な知識についてお話します。
 
 
音のぶつかりは気にしない!


バンド演奏で気をつけることは、音のハーモニーです。複数の楽器を同時に鳴らしても、お互いの音が溶けあって調和する状態を目指しましょう。音のぶつかりを避けていては、演奏がスカスカになってしまいます。
 
キーボードは、ギターと同じで曲に雰囲気をつけることができるため、 ギター担当の人とよく話し合い、お互いがカバーし合うアレンジを作ることが大切です。音量バランスの基準値については、ボーカルにあわせてバンド内で調整をおこないましょう。
 
楽器のソロパートでは、各楽器のサポートをおこない、曲にメリハリがつけられるようにしてください。
 
アレンジする前に行いたいこと

キーボードでロックやポップ系の音楽を演奏するためには、コード理論を知っておくことが必要不可欠です。
 
コードとは、和音のことで音の重なり方を表わし、「ドレミファソラシ」をアルファベットの「 CDEFGAB」に置き替えています。ドは C、レは Dとなり、コードを支える「ルート音」になることができます。
 
たとえば ルート音であるCのうえに一つ鍵盤をとばしてE、さらに一つとばしてGと音を重ねるとCメジャーコードが完成します。コード進行をふまえて、フレーズや間奏、ソロのアレンジなど、バンド内での役割分担を決めましょう。
 
 
 
曲のアレンジテクニック集

楽譜を見てアレンジを考えるときは、縦のリズムを重視するか、横に流れるようなフレーズを繰り返すかなどの演奏方法があります。
 
キーボードは、多彩な楽器の音色を出すことができるため、 アレンジをするうえで音色選びは重要です。似ている既存の曲を聞いて参考にするなど、フレーズにあった音色選びをしましょう。
 
音色選びには、 違う音 を混ぜ合わせる「レイヤー」といった方法があるため、ピアノとオルガンなど好きな楽器を組み合わせてみると良いでしょう。他にもスプリットという、右手と左手の音域を指定して音色を変える方法もあります。
 
自身に合ったアレンジを考えてみてください。
 
おわりに
キーボードはハーモニーを担当するため、コードについて理解しておかなければなりません。同時に鳴らしても不協和音にならないように、キーボードとギターはよく相談してアレンジする必要があります。
 
楽譜やコードで曲の雰囲気をよく理解した上で、いろいろなアレンジテクニックを使って、バンドサウンドを豪華にしてみましょう。


指先でスラスラと奏でられる、キーボードおすすめ練習術

 
キーボードはバンドサウンドの表現力や個性を引き出すために大切な楽器です。バリエーション豊富な音を出すことができます。また、持ち運びも便利なものも多く、いつでもどこでも思いのまま練習できるところも魅力といえます。
 
ここでは、ピアノとキーボードの違いや、おすすめの練習方法についてお話します。
 
 
ピアノとキーボートでは練習方法が違う!?


ピアノとキーボートの練習方法で違うのは、鍵盤における指の使い方です。ピアノは、指の重さで鍵盤が沈み、タッチによって音量に差がつけることができます。
 
キーボードは、鍵盤を押したときの タッチが軽く、 押している間は音が伸び続けるので、音を伸ばしたい時は鍵盤を 押し続ける必要があります。
 
さらに、鍵盤数が異なります。ピアノは88鍵盤あり、キーボードは一般的には61鍵盤のものが多いです。
 
 
キーボードがスラスラ弾けるようになる練習方法とは

スラスラ弾けるようになるためには、指の感覚を意識した練習をする必要があります。まずは、右手でドレミファソラシドを弾けるように練習しましょう。
 
指送りはドの親指から始めて、ファで親指を入れ替えます。間違えそうになったときは、指を見ないで想像で探るように押さえてください。
 
慣れてきたら、離れた位置の鍵盤を弾いてみることに挑戦しましょう。ド・ミ・ソ・ド・ソ・ミ・ドと上って降りてみます。ド・ファ・ラ・ド・ラ・ファ・ドや、シ・レ・ソ・シ・ソ・レ・シなどもやってみましょう。
 
 
 
キーボードを弾くのが楽しくなる、おすすめの楽曲

指がよく動くようになったら、曲を弾いてみましょう。最初は「チューリップ」「かえるのうた」といった童謡のように、 1曲が短くて音程差の少ない簡単な曲で練習することをお勧めします。
 
音を探しながら、まずは利き手で弾いてみます。慣れてきたら、「スタンドバイミー」も練習曲としておすすめです。慣れないうちは音を外すことが多いでしょう。
 
1オクターブの鍵盤の感覚を理解できたら、楽譜を見て弾く意識を持つことが大切です。 鍵盤を見ないで、指感覚で弾く音を見つけるようにしてください。
 
 
おわりに
ピアノとキーボードにおける大きな違いは、タッチの指使いや、鍵盤数による演奏の幅です。自分の演奏したい楽譜がある場合は、鍵盤数に注意して購入しましょう。
 
キーボードをスラスラ弾けるようになるためには、鍵盤を見ないで指の感覚で弾くことが一番大切です。毎日少しでも練習を積み重ねて、楽譜を見て弾けるようになりましょう。


ピアノとは違う!?キーボードの練習方法とは


ピアノとキーボードに違いがあることをご存知でしょうか?実際、あまり理解していないという方も多いのではないでしょうか。鍵盤を指で押さえることで音を奏でるこの2つの楽器には、もちろん大きな違いがありますし、練習方法や弾くのに向いている曲も異なります。

今回は、一見似ているけれども、それぞれに魅力のある2つの楽器について詳しく見ていきます。
 
ピアノとキーボードの違いは?
違いとして、まず一番分かりやすいのが です。キーボードは脚がありませんが、ピアノにはあります。そして、 鍵盤の数も違います。ピアノでは88個が主な数とされていますが、キーボードは少ないもので30個位しかありません。鍵盤の違いによって演奏できる音域が変わるため、購入する際は注意してください。

次に仕組みの違いについて見ていきます。ピアノは弦がありますが、キーボードにはありません。弦があれば生で音を奏でることができますが、ない場合はスピーカーから流れます。そのため、 誰がひいても音色にさほどの違いが生まれません。

また鍵盤のタッチにも大きな違いが生まれます。ピアノは鍵盤を押すことでハンマーが弦を叩いて音を奏でるので、 しっかりと重みのあるタッチになるのです。
 
キーボードの練習方法

キーボードを初めて弾く方は、まず 指がスムーズに動くことが上達への第一歩となります。基本的には、ピアノの練習法と大差ありません。独学で学ぶのであれば、まずは基礎の本を購入して5本の指が滑らかに動かせるまで繰り返し練習します。

いきなり両手を動かすのは難しいと思われますので、最初は 片手で単音のみで弾くことができるものから始めましょう。指の動かし方がマスターできるようになったら和音や、両手を使ったメロディーに挑戦します。

スムーズな指運びを身につけるためには、繰り返し練習することが一番の上達法になりますので、始めは退屈に感じるかもしれませんが根気よく続けることが必要になります。
 
 
 
キーボードの練習におすすめの楽曲とは?
弾き始めのうちにおすすめの楽曲としては、 できる限り単純で、誰もが知っているような馴染みのある曲が良いでしょう。全く聞いたことがない曲を弾こうとしても、面白みもありませんし頭の中にメロディーが出てこないので、なかなか上達することができません。また、CMで流れているような 短くて耳に残るようなテーマ曲などもおすすめです。

また、音の移動が隣の指への移動に留まっているものを選ぶと、あまり考えることなくスムーズに弾くことが出来ます。キーボードは、コードを覚えることも必要になってくるのであまり コードが複雑でないものを選ぶようにしましょう。
 
おわりに

ピアノとキーボードには、その形状や音を奏でる仕組み、鳴らすことができる音色に大きな違いがあります。

しかし、根本的な部分は似ているので始めのうちの練習法にはさほどの違いはありません。まずは単純な指の動かし方の練習を根気よく重ねて、スムーズに動くようになったら聞き馴染みのある曲を練習し、徐々にレベルアップしていきましょう。かっこよく弾きこなすためには、地道な努力を重ねる必要があるのです。
フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画