HOME > コラム

ベースの演奏テクニック3選

 
ベースの役割は、曲のフレーズのなかにリズムや抑揚を作る事で、ドラムと一体となって曲の方向を決め、安定したバンドサウンドを演奏することです。リズムが乱れないように、いろいろな演奏テクニックを使い分けることで、音のタイミングや音色を操ることができます。
 
ここでは、フレットの押さえ方やピッキングの方法を変化させてできる、ベースの演奏テクニックについてお話します。
 
 
レイキング奏法

レイキングは、1本の指で複数の弦を弾く奏法です。弦楽器ならではの音の重なりが、演奏のアクセントとなります。指弾きの基本は人差し指と中指を使い、交互に繰り返すオルタネイトピッキングと呼ばれるものです。ベースラインによっては、レイキングを使った方が演奏しやすくなります。
 
レイキング奏法は、1回のピッキングで弾ける音数が多いのが特徴で、4弦ベースなら1回のピッキングで最大4音を弾くことも可能です。細かいベースラインを弾く際には必須のテクニックと言えます。
 
ミュート奏法

右手や左手を使って弦振動を抑え、実音が鳴らないように弾く奏法で、ゴーストノートとも呼ばれます。ベースで打楽器のようなリズムを作ったり、ビートを表現したりすることができます。
 
左手でミュートする際は指板上の弦から指を離さないようにしたまま、弦をフレットから浮かせます。弦を指からすぐに離さないで、しっかり音を止め右手でピッキングする事で「ポコッ」という音を作ります。実音のベースラインと混ぜて使用するする事でフレーズに抑揚をつくります。
 
 
スライド奏法

スライドは、フレット上の指を滑らせて音を出す奏法です。うねりや勢いがある「ブーン」という音が出て、演奏の印象が大きく変わります。移動させるフレット間が決まっていない場合はグリス奏法といい、演奏者が自由に決めることができます。
 
やり方は音が途切れない程度にフレットを押さえる力を抜き、ベースの弦をピッキングした後、フレットを押さえたまま指を滑らせて音程を変えていきます。多くの人は人差し指か中指で、フィンガリングします。
 
スライド奏法は、フレーズ自体のニュアンスを変えることで、フレーズを歌う様に演奏する事ができるテクニックです。
 
おわりに
フレットの押さえ方やピッキングの方法を変化させると、フレーズの弾き方に個性を出す事ができます。ご紹介した3つの奏法は、ベースでタイミングよく音を鳴らすために必要なテクニックでもありますので、難しく考えずまずはやってみましょう。
 
どの奏法もリズムが乱れやすいため、リズムキープの練習をしながら試してみてください。


今から始めよう!ベースの弾き方とそれぞれの弾く方法

 
楽器の中でも、ベースは初心者でも始めやすくおすすめです。ギターのように複数の弦を押えたり、早弾きをするということも少なく、リズムを奏でメロディーと絡む楽しみがあるためです。バンドで演奏するときはリズムやハーモニーの土台を担当するため、どんなジャンルの演奏の場合でも必要とされるポジションです。
 
指やピックといった弾き方のバリエーションも豊富で、表現力も幅広いといえます。ここでは、ベースの種類や弾き方のポイントをお話します。
 
 
ベース初心者必見!種類と弾き方について覚えよう

ベースは、意外と種類があり一般的なエレキの他に、ウッド、アップライト、アコースティック、5弦以上の多弦ベースなどがあります。また、エレキの中にもフレテッド、フレットレス、ジャズ、プレシジョン、通常よりも小ぶりなショートスケールなどがあります。初心者に使いやすいおすすめは、ネックが細くて弾きやすいジャズベースタイプで、比較的音作りの幅も広くなっています。
 
弾き方は、ツーフィンガーと呼ばれる、人差し指と中指を使って指の腹で弦を弾きます。種類によっていろいろな特徴を持つベースがあるため、好みで選ぶのも大切です。
 
 
指を使ったベースの弾き方で押さえておくべきポイント

指を使って弾くと、柔らかくて丸みのある音色が出ます。弾き方は、人差し指と中指の腹で交互に弦を弾く、ツーフィンガー奏法が一般的です。曲げ伸ばしによる指の形によっても、演奏に違いが出ます。
 
ツーフィンガーのポイントは、太い音でリズムにキレを出すために指の腹を斜めにすることです。さらに、体を使ってリズムをとることも大切です。慣れるまではメトロノームを聞きながら練習するのも良い方法と言えます。
 
ツーフィンガー奏法は、細かい表現に向いていて、ポップス、ジャズなどの分野で使われています。
 
 
ピックを使ったベースの弾き方とは?どういうコツが必要?

ピックを使って弾くと、鋭い、固めの音が出ます。音色は、ピックの形、厚さ、材質によっても変わります。弾き方には、ピックを下に振り下ろすダウンピッキング、上に振り上げるアップピッキング、ダウンアップを交互にするオルタネイトピッキングがあります。
 
上手くリズムをとるコツは、力を抜いてピックを握り、角度をつけて先端を弦にあてることです。ピックを親指と人差し指で持つことで、安定したベースラインを演奏することが可能です。ロックやヘヴィメタなど、スピードや重たいビートのあるフレーズに向いています。
 
 
おわりに
ベースはエレキだけでも種類が豊富です。初心者の場合は、体に合った扱いやすいタイプを選ぶようにしましょう。指弾きかピック弾きで迷っているなら、まずは好きな弾き方から練習していきましょう。憧れのベーシストを参考にしてもよいですね。バンドのリズムやハーモニーを担当する奏者になれるよう、練習して上達を目指しましょう。
X

ベースの演奏テクニック3選

 
ベースの役割は、曲のフレーズのなかにリズムや抑揚を作る事で、ドラムと一体となって曲の方向を決め、安定したバンドサウンドを演奏することです。リズムが乱れないように、いろいろな演奏テクニックを使い分けることで、音のタイミングや音色を操ることができます。
 
ここでは、フレットの押さえ方やピッキングの方法を変化させてできる、ベースの演奏テクニックについてお話します。
 
 
レイキング奏法


レイキングは、 1本の指で複数の弦を弾く奏法です。弦楽器ならではの音の重なりが、演奏のアクセントとなります。 指弾きの基本は人差し指と中指を使い、交互に繰り返すオルタネイトピッキングと呼ばれるものです。ベースラインによっては、レイキングを使った方が演奏しやすくなります。
 
レイキング奏法は、 1回のピッキングで弾ける音数が多いのが特徴で、 4弦ベースなら 1回のピッキングで最大 4音を弾くことも可能です。細かいベースラインを弾く際には必須のテクニックと言えます。
 
ミュート奏法

右手や左手を使って弦振動を抑え、実音が鳴らないように弾く奏法で、ゴーストノートとも呼ばれます。ベースで打楽器のようなリズムを作ったり、ビートを表現したりすることができます。
 
左手でミュートする際は 指板上の弦から指を離さないようにしたまま、弦をフレットから浮かせます。弦を 指からすぐに離さないで、しっかり音を止め右手でピッキングする事で「ポコッ」という音を作ります。実音のベースラインと混ぜて使用するする事でフレーズに抑揚をつくります。
 
 
スライド奏法

スライドは、フレット上の指を滑らせて音を出す奏法です。うねりや勢いがある「ブーン」という音が出て、演奏の印象が大きく変わります。移動させるフレット間が決まっていない場合はグリス奏法といい、演奏者が自由に決めることができます。
 
やり方は音が途切れない程度にフレットを押さえる力を抜き、ベースの弦をピッキングした後、フレットを押さえたまま指を滑らせて音程を変えていきます。多くの人は 人差し指か中指で、フィンガリングします。
 
スライド奏法は、フレーズ自体のニュアンスを変えることで、フレーズを歌う様に演奏する事ができるテクニックです。
 
おわりに
フレットの押さえ方やピッキングの方法を変化させると、フレーズの弾き方に個性を出す事ができます。ご紹介した 3つの奏法は、ベースでタイミングよく音を鳴らすために必要なテクニックでもありますので、難しく考えずまずはやってみましょう。
 
どの奏法もリズムが乱れやすいため、リズムキープの練習をしながら試してみてください。


今から始めよう!ベースの弾き方とそれぞれの弾く方法

 
楽器の中でも、ベースは初心者でも始めやすくおすすめです。ギターのように複数の弦を押えたり、早弾きをするということも少なく、リズムを奏でメロディーと絡む楽しみがあるためです。バンドで演奏するときはリズムやハーモニーの土台を担当するため、どんなジャンルの演奏の場合でも必要とされるポジションです。
 
指やピックといった弾き方のバリエーションも豊富で、表現力も幅広いといえます。ここでは、ベースの種類や弾き方のポイントをお話します。
 
 
ベース初心者必見!種類と弾き方について覚えよう


ベースは、意外と種類があり一般的なエレキの他に、ウッド、アップライト、アコースティック、5弦以上の多弦ベースなどがあります。また、エレキの中にもフレテッド、フレットレス、ジャズ、プレシジョン、通常よりも小ぶりなショートスケールなどがあります。 初心者に使いやすいおすすめは、ネックが細くて弾きやすいジャズ ベースタイプで、比較的音作りの幅も広くなっています。
 
弾き方は、ツーフィンガーと呼ばれる、人差し指と中指を使って指の腹で弦を弾きます。種類によっていろいろな特徴を持つベースがあるため、好みで選ぶのも大切です。
 
 
指を使ったベースの弾き方で押さえておくべきポイント

指を使って弾くと、柔らかくて丸みのある音色が出ます。弾き方は、人差し指と中指の腹で交互に弦を弾く、 ツーフィンガー奏法が一般的です。曲げ伸ばしによる指の形によっても、演奏に違いが出ます。
 
ツーフィンガーのポイントは、太い音で リズムにキレを出すために指の腹を斜めにすることです。さらに、体を使ってリズムをとることも大切です。慣れるまではメトロノームを聞きながら練習するのも良い方法と言えます。
 
ツーフィンガー奏法は、細かい表現に向いていて、ポップス、ジャズなどの分野で使われています。
 
 
ピックを使ったベースの弾き方とは?どういうコツが必要?

ピックを使って弾くと、鋭い、固めの音が出ます。音色は、ピックの形、厚さ、材質によっても変わります。弾き方には、ピックを下に振り下ろすダウンピッキング、上に振り上げるアップピッキング、ダウンアップを交互にするオルタネイトピッキングがあります。
 
上手くリズムをとるコツは、 力を抜いてピックを握り、角度をつけて先端を弦にあてることです。ピックを親指と人差し指で持つことで、安定したベースラインを演奏することが可能です。ロックやヘヴィメタなど、スピードや重たいビートのあるフレーズに向いています。
 
 
おわりに
ベースはエレキだけでも種類が豊富です。初心者の場合は、体に合った扱いやすいタイプを選ぶようにしましょう。指弾きかピック弾きで迷っているなら、まずは好きな弾き方から練習していきましょう。憧れのベーシストを参考にしてもよいですね。バンドのリズムやハーモニーを担当する奏者になれるよう、練習して上達を目指しましょう。

フリーコール
0120-977-474
(電話受付時間 9時~19時)
【月~土日祝・年中無休】
メールフォームが上手く作動しない場合は
までメールでお問合せください。

まずは無料カウンセリングから


 
 
 
 
 
 

イベント
音楽関連論
ギターメンテナンス
演奏動画